« 「神田日勝回顧展 大地への筆触」at 東京ステーションギャラリー | トップページ

2021/01/03

A Happy New Year 2021

明けましておめでとうございます。

1年前にブログをリハビリ的に再開しよう、と、年始の投稿から再開してみましたが、その後まさかこんな1年になるとは思ってもみませんでした。誰も思っていなかったことでしょうが。

何もなければ昨年はこんな風に過ごしていたでしょう。

・ラグビー観戦(1月から5月までトップリーグ、そのあと日本代表のテストマッチが何試合も国内で予定されていました)

・演劇鑑賞(PARCO劇場のリニューアルオープン企画で三谷幸喜さんの作品のチケットが取れていました)

・音楽ライブ(Perfumeの東京ドームは2日間取っていました)

・オリンピック観戦(7人制ラグビーの予選のチケットを取っていました)

・多くの集合研修の運営

・国内旅行(思い立ったらすぐ行く的なものから、準備した長めの休暇まで)

これらが、新型コロナウイルスの世界的な爆発的拡大により、ほぼなくなりました。

2月後半から仕事は在宅勤務もしくはサテライトオフィスでの仕事が推奨されて都内への移動は極力回避するように言われ始め、2月26日の政府のイベント自粛勧告により当日予定されていたPerfumeの東京ドーム公演2日目(千秋楽)は15時過ぎに中止を発表。

「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」東京ドーム(東京)公演 ご来場予定の皆様へ開催中止に関するお知らせ

本日午後に新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、直前で大変申し訳ございませんが、本日2/26(水)東京ドームにて開催を予定しておりました「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」東京ドーム(東京)公演を中止とさせていただくことを決定いたしました。

3月からは集合研修は実施できなくなり、中止できないもの(入社者受け入れ等)は急遽オンライン実施に切り替えて実施することに。

そして4月の緊急事態宣言です。これにより出社は極力控え、在宅での勤務中心となりました。それまでテレワークはまったくしていなかったのですが、2月に入ってから近いうちにテレワークせざるを得なくなるのではないかと考え始め、それまで正直避けていたテレワーク環境を急いで整え始め、どうにか間に合った、といったところでした。

緊急事態宣言が解除されたあとも会社は在宅ワークを基本とした体制になり、通勤定期が廃止されました。

スポーツもエンターテインメントイベントも映画も何もかも一時はすべて中止となり、その代わりオンラインイベントや配信イベントが少しずつ立ち上がり始めます。その先駆けは6月のサザンオールスターズでした。そのあと山下達郎さんが編集したライブ画像で配信を試験的に行ったり、少しずつ動き始めていきます。

山下達郎さんと言えば、彼のレギュラーラジオ番組「山下達郎のサンデーソングブック」も、緊急事態宣言中は自宅録音のものが放送されました。そのため、これまで御法度となっていたメールによる投稿が受け付けられるようになったのが、何ともエポックメイキングでした。「こんな時だから」とライブ音源を多めに放送してくれたり、おうちアカペラ、おうちカラオケでの録音を放送してくれたり。

その後緊急事態宣言が解除され、徐々にイベントも開催されるようになっていき、感染対策をされたライブにいったりお芝居を見たり、ということもできるようになっていきました。秋までは。

そして冬になり、また感染拡大となり、予断を許さない状況になりながら新年を迎えたわけです。

昨年行けた数少ない演劇は、三谷幸喜さんの「大地」、そして「23階の笑い」でした。

音楽ライブはPerfumeのドームツアー(名古屋と東京)、

そして藤井風さんの武道館。

 

これらに行けたのは本当に本当に幸運でした。ともすれば気がふさぐ毎日の中で、このライブの思い出がどれだけくじけそうな心を支えてくれたことか。

映画はPerfumeの「Reframe THEATER EXPERIENCE with you」。副音声2種とも聴きたくて、そして本編もちゃんと味わいたくて、結局3回行きました。他には「風の谷のナウシカ」「TENET」「罪の声」「朝が来る」「鬼滅の刃」など。

落ち着かなさ、不安をどこかに抱えながら過ごした1年でしたが、出逢えた作品たちはどれも素晴らしいものでした。

2021年もこの状態が急激に変わるとは思えず、その中で過ごしていくテーマとしては「自分なりにより良く生きる」かなあ、と思っています。

2020年の年始にはこんなことを書いていました。

2020年も、ほどほどに健康に留意しつつ、前から行きたいと思っていたところ、例えば伊勢などに(これもう何年も言ってるなあ…)足を運び、ライブにも行き、様々な新たな出会いを求めつつ、ますます好奇心旺盛に生きていきたいと考える所存です。今年は特に歴史や哲学など本質に触れる学びの機会を増やしたいと思っています。

旅行やライブは残念ながらまだ好きなように行くことは難しいと思いますが、読書やオンライン勉強会など、こういう時だからこそできることをじっくりやっていけたらと思います。

|

« 「神田日勝回顧展 大地への筆触」at 東京ステーションギャラリー | トップページ