« 京都で絶品タルトタタンをいただいた~岡崎・ラ・ヴァチュールさん | トップページ | NHK 「2017新春生放送!年の初めはさだまさし」1/1放映 »

2016/12/08

鶏肉とかぶの塩炒め

Raddish_chicken冬はかぶなどの根菜が美味しい季節。「きのう何食べた?」の最新巻(12巻)に載っていた「鶏肉とかぶの塩炒め」。かぶの炒めものというのが新鮮だったので、試しに作ってみました。

おおまかなレシピは下記の通り。2回やってみて、作中から少しアレンジしています。

---------------
1.小さめの鶏もも肉1枚を一口大に切る。塩・コショウ・酒・おろししょうがたっぷりめ・おろしにんにく少々をなじませておく。(おろしにんにくの量はお好みで)

2.かぶ大2個は葉の方はざく切りにして、本体の方は皮つきのまま洗って8等分に切る。

3.フライパンに油をしき、まず鶏肉を炒める。(肉からも脂が出るので、しく油は少なめでよい)

4.火が通ったら次にかぶの茎を入れる。鶏ガラスープ顆粒と塩少々砂糖少々で味付け。

5.次にかぶの本体を入れて強火でさっと炒める。最後に葉を入れて葉がしんなりしたらできあがり。
---------------

「かぶが半透明になる前まだ生だな~~~と思うくらいで皿にあけるのがミソ」とのこと。たしかに、大根の炒め煮の要領でしんなりするまで炒めると食感がいまひとつです。ポリッとした感じがある方が美味しいと思います。
あと、お肉の方に下味をしっかりつけると、あっさりしたかぶとのコントラストが出て美味しさ倍増です。

かぶの葉のカロテンは油で炒めることで吸収がよくなるし、まるごと一株使い切れるので経済的でもありますね。さすがシロさん。

かぶの炒めものは他にもレシピがあるようなので、アレンジがききそうです。他のレシピも試してみようかな。

参考リンク:
豚バラとかぶの塩炒め(レタスクラブニュース)

きのう何食べた?(12) (モーニング KC)
よしなが ふみ
講談社 (2016-10-21)
売り上げランキング: 266


紺田照の合法レシピ(1) (月刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2016-03-17)
売り上げランキング: 3,411

|

« 京都で絶品タルトタタンをいただいた~岡崎・ラ・ヴァチュールさん | トップページ | NHK 「2017新春生放送!年の初めはさだまさし」1/1放映 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都で絶品タルトタタンをいただいた~岡崎・ラ・ヴァチュールさん | トップページ | NHK 「2017新春生放送!年の初めはさだまさし」1/1放映 »