« NHK「今夜も生でさだまさし~曲もいいけど滋賀サイコー!~」2/7放送 | トップページ | LIXIL CUP 2016 7位決定戦・近鉄対NTTコミュニケーションズはトップリーグ史上初のサドンデス決着 »

2016/01/22

六花亭さん「おやつ屋さん」2016年2月版

Rokkatei_oyatsu_201602_top暖冬かと思っていたのも束の間。そんな折、月末のお楽しみ・六花亭さんから翌月の商品案内が届きました。2月の通信販売「おやつ屋さん」のご案内です。

※尚、ご注文はリンク先の六花亭のオンラインショップからお願いします。本ブログはご紹介しているだけで、販売はしていません。


表紙は、バレンタイン ラウンドハート

絵柄の中心を見ながら顔を前後に動かすと、ハートがスイングし始めます。ちょっと変わったデザイン缶に、5種類のハートチョコを詰め合わせました。

ということで、ホワイト、キャラメル、ストロベリー、モカホワイト、抹茶各3枚のハート形のミニチョコが入っています。

定番のおやつ屋さん詰め合わせ、今回は「バレンタインおやつ屋さん」(2/14お届けまで)。内容は下記の通りです。

バレンタイン特集!

この時期ならではの商品に加えて、人気の定番おやつもバランス良く詰め合わせました。
※ご覧の荷姿でお届けします。

【詰め合わせ内容】マルセイバターサンド4個、バレンタインラウンドハート1個、おふたりで(抹茶、モカ)各1個、バレンタインストロベリーチョコ(ホワイト)袋入1個、マルセイキャラメル2袋、チョコマロン2個、コーヒービーンズ1個、バレンタイン雪やこんこ2枚、畑の大地ひろびろ1枚、花の大地ひろびろ1枚、バレンタインめんこい大平原1袋

注文受付期間 2月10日 19:00まで
お届け期間 2月14日まで

ストロベリーチョコや雪やこんこ、めんこい大平原がバレンタインパージョンになっていますね。

そして、これもこの時期だけのスペシャル商品。六花亭 貯古齢糖(チョコレイトウ)

Rokkatei_oyatsu_201602_web_special

自宅にいながら六花亭本店の味が楽しめる特別商品。

チョコレートの濃厚さを存分に味わえるケーキが一年ぶりに登場です。
※包装せずにご覧のパッケージのままお届けします。

受付期間:2月20日 午後7:00まで
お届け期間:北海道内は2月2日~2月23日まで、北海道外は2月3日~2月24日まで

※製造数に限りがあるため、受付を終了させていただく場合がございます。

クール便


生クリームを添えていただきたくなりますね。

また、もうひとつの通信販売特別詰め合わせ商品の六花亭醍醐味。カタログには

ご要望にお応えしてベイクドチーズケーキとチョコレートを増量。さらにシーフォームケーキ(キャラメル)を加えリニューアル!

とあります。ベイクドチーズケーキが増えてるのはうれしいですね。ずっしりどっしりした濃厚なチーズケーキ、ファンの方も多いのではと思います。
詰め合わせ内容は下記の通りです。
酪農王国・北海道にふさわしい洋生菓子の詰め合わせ。通販だけの販売です。
※包装せずにご覧の荷姿でお届けします。

【詰め合わせ内容】マルセイバターサンド3個、マルセイキャラメル2袋、六花亭醍醐1個、ベイクドチーズケーキ2個、マルセイビスケット3枚、チョコレート各1枚(ホワイト、ミルク、モカホワイト、抹茶ホワイト、ビタスィート)、シーフォームケーキ(カスタード、キャラメル)各2個

注文受付期間 2月20日 19:00まで
お届け期間 2月3日~2月29日

クール便

これからが一年で一番寒い時期。北の国から届いたおいしいお菓子でほっとするひとときをどうぞ。


チョコレイト・ディスコ
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2015-04-29)
売り上げランキング: 17,112



お菓子のくに 帯広・十勝
北海道新聞帯広支社報道部
北海道新聞社
売り上げランキング: 1,181,710



六花亭 マルセイバターサンド 10個
六花亭
売り上げランキング: 1,754

|

« NHK「今夜も生でさだまさし~曲もいいけど滋賀サイコー!~」2/7放送 | トップページ | LIXIL CUP 2016 7位決定戦・近鉄対NTTコミュニケーションズはトップリーグ史上初のサドンデス決着 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ショッピング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK「今夜も生でさだまさし~曲もいいけど滋賀サイコー!~」2/7放送 | トップページ | LIXIL CUP 2016 7位決定戦・近鉄対NTTコミュニケーションズはトップリーグ史上初のサドンデス決着 »