« A Happy New Year 2016 | トップページ | 「花よりも花の如く」最新15巻は画集付き特装版 »

2016/01/07

「井筒」仕舞型付メモ

井筒 (観世流特製一番本(大成版))今週末(1/10)の発表会でやる仕舞「井筒」の型付を自分用メモを兼ねて書いておきます。

(シテ謡)「筒井筒」

「つゝゐづゝ。」立つ

「井筒にかけし」左から6足進みながら右手扇を下ろし寄せてひとつつまむ 右で止まる

(シテ謡)「まろがたけ」右足から二足ツメながらツマミ扇を仕向かいに出し

「生ひしにけらしな」扇をさりげなく下ろして持ち直し正面さす。

(シテ謡) 「老いにけるぞや」ヒラキ 両手開いて左右と下がりながら指す

「さながら見みえし。昔男の。」角へ進み角取り

「冠直衣ハ。」正面向きながら垂直に扇を下ろし 垂直に頭にかざしてひじを引く

「女とも見えず。」左へ廻り扇かざしながら大小前へ 背中を向けたところで扇を下ろして右足カケて正面向いてカマエ

「男なりけり。」正先に出て右足で止まる

「業平の面影」扇を指先に持って井戸のススキをよけるように左から右へ 右左と出て井戸を覗き込む

(シテ謡)「見ればなつかしや」

「我ながら懷かしや。」向き直ってたらたらと4足ほど下がり右で止まる 少し顔を伏せる

「亡婦魄靈の姿ハ」左右下がりながらゆったりと指し 右から脇正の真ん中くらいに廻る

「凋める花の。色なうて匂ひ。」正面向いて両手を広げ右左右と3足下がり扇を立てて両手を寄せながらしゃがむ 花の蕾のように身体を小さくする 右の爪先落とす お尻は落とさない

「殘りて在原の」花が開くように両手を段々と広げながら爪先立てて立ち上がる

「寺乃鐘も」 右にねじって右左と進む

「ほのぼのと。」「ほ」左拍子 の「 」右拍子 ぼ「の」左拍子「と」右拍子 段々と強く

「明くれば」右足カケて身体半身で脇座の右のほうを見る

「古寺の」右足ねじって両手開き下がらず前に出ながら左から進む

「松風や」 真ん中過ぎたら少し右へ 指しながら身体を少し左に向けて後向いてカマエ 右手小さく返して

「芭蕉葉の」大小前の左のほうへ乗込拍子 左から出て右で止まる

「夢も。」ゆ「め」右拍子 もおおお

「破れて」「や」左拍子 大きく ぶれて

「覚めにけり」左足ねじって右足ななめから左足カケて正面向きながら扇出す

「夢ハ破れ明けにけり」 ヒラキ 打ち込み下居

---------------
しっとりとした「夢幻」の世界を描くので、動きはゆっくりとしていて、だからこそとても難しいです。今回は前哨戦ということで、目指す本番は4月の華友会大会。そこまでに少しはましになることができるでしょうか…。

#ゴッホ先生の「井筒」にけんちゃんも葉月さんもとても胸を打たれていましたね。

花よりも花の如く 13 (花とゆめCOMICS)
成田美名子
白泉社 (2014-09-05)
売り上げランキング: 9,966



#不世出の名人と謳われた観世寿夫先生の「井筒」
能楽名演集 能「井筒」 観世流 観世寿夫、宝生閑 [DVD]
NHKエンタープライズ (2006-08-25)
売り上げランキング: 38,007



|

« A Happy New Year 2016 | トップページ | 「花よりも花の如く」最新15巻は画集付き特装版 »

「能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« A Happy New Year 2016 | トップページ | 「花よりも花の如く」最新15巻は画集付き特装版 »