« 「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 ~シング・ライク・ストリングス~」@人見記念講堂 | トップページ | ルクエを使った紅玉りんごのコンポート »

2015/10/24

4000人集まった東芝、サントリー所属選手による「日本代表選手報告会」に行ってみた

Rugby_japan_report_beforeラグビー日本代表選手を合計11人擁する東芝とサントリーのある府中市。その府中市主催で、代表選手のパレードと報告会が開催されるということで、足を運んでみました。


ラグビーワールドカップ2015イングランド 日本代表選手報告会(府中市)

ラグビーワールドカップ2015イングランドにおいて、日本代表は、強豪南アフリカ戦での勝利を含む3勝1敗という輝かしい戦績を残しました。
 この日本代表には、市内を活動拠点とするサントリーサンゴリアスと東芝ブレイブルーパスから11人が選出されており、それぞれの選手が活躍し、勝利に大きく貢献されました。
 市では、帰国した選手たちを市民とともにお迎えし、活躍を讃えるため、報告会を開催します。

地元にはこんなポスターがあったようです。JSPORTSのツイートより。

どのくらい人が集まるのか想像もつかず、ひとまず開始時間15分前くらいに到着すると、もうステージは遠く、多くの人がレッドカーペットを取り囲んだ状態。あとで記事を読んだら4000人とのこと。すごいです。

Rugby_japan_report_before_2

Rugby_japan_report_far_stage

JSPORTSのツイートにもこのような投稿が。

ほどなくして順々に日本代表選手の皆さんが入場。背の高いリーチ選手や大野選手、畠山選手などは見ることができましたが、前に人が多くとても写真が撮れる状態ではありません。デイリースポーツの記事によると、参加選手は「東芝から主将でフランカーのリーチマイケル、ロック大野均、SO広瀬俊朗、プロップ三上正貴、フッカー湯原祐希の5選手、サントリーからはプロップの畠山健介、ロック真壁伸弥、SH日和佐篤、SO小野晃征の4選手が参加(サントリーのツイヘンドリック、松島幸太朗の2選手は所用のため欠席)」でした。皆さんレッドカーペットをゆっくり歩きながら沿道のファンにサインや握手をしている模様(見えない)。

その時の様子をサントリーのマスコット・サンゴリアス君のツイートで動画投稿されていました。

やがてステージイベント開始。

府中市の高野市長のご挨拶。(後程ご自身もラグビーをやっていらしたということが判明しました)

Rugby_japan_mayor

府中市から「スポーツ優秀賞」を授与されることに。代表でリーチ選手が受取。

Rugby_japan_prize

もう遠くて見るのは無理、と近くの大画面ビジョンに視点を移動。

真壁選手の挨拶。彼のブログ「まかさんぽ」の存在が司会者からここで紹介されました。

Rugby_japan_makabe

続いてトークショーに。

Rugby_japan_talk

質問に答えるリーチ選手いい表情。後の廣瀬選手も。

Rugby_japan_talk_leech

前主将だった廣瀬選手。残念ながらイングランド大会では出場なりませんでしたが、彼のチームへの献身ぶりは多く伝えられました。

Rugby_japan_talk_hirose

司会の方がラグビー初心者向けにポジションの役割などを軽く解説しながら、それぞれのポジションに合った質問をされていて、これまでの記者会見などではあまり聞かなかったような話も聞けて興味深かったです。また必ず「宮崎合宿」の話になって、選手の皆さんもトラウマに近いくらいハードなトレーニングだったことが改めて感じられました。

ラグビーのイベントでこれだけ人が集まるなんて、ただただ驚きです。周りの人の会話を聞いてると、コアなファンというよりは、今回初めてラグビーに興味を持った方が大半のようで、学校で「五郎丸ポーズ」が流行しているとのこと。それだけインパクトの大きいできごとだったんですね。

デイリースポーツの記事にあったリーチ選手のこの言葉が、まさにラグビーファンの気持ちでもあります。

「こんなにたくさんの人が来てくれるとは思わなかった。ラグビー日本代表がいつも憧れの存在でいられるように、皆さんで盛り上げていきましょう」

トップリーグでいい試合がたくさん見れることを期待しています。

参考リンク:
府中市で報告会。(まかさんぽ)

車から降りた瞬間、想像以上の来場の方々に

驚きと感動で汗腺が崩壊

スーツの中がカオスになりながら、けやき並木のレットカーペット

本当に来てくださった方々に感謝
ありがとうございます!!

ラグビー日本代表凱旋パレードに4000人(デイリースポーツ)

このイベントには、東芝から主将でフランカーのリーチマイケル、ロック大野均、SO広瀬俊朗、プロップ三上正貴、フッカー湯原祐希の5選手、サントリーからはプロップの畠山健介、ロック真壁伸弥、SH日和佐篤、SO小野晃征の4選手が参加(サントリーのツイヘンドリック、松島幸太朗の2選手は所用のため欠席)。京王線府中駅近くのけやき並木通りにレッドカーペットが敷かれ、大声援の中をサインや記念撮影に応じながら特設ステージへ向かった。

 高野律雄市長からはW杯での激闘を称えてスポーツ優秀賞が贈呈され、選手側からはサイン入りの代表ジャージーがプレゼントされた。トークショーではW杯での南アフリカ戦の歴史的勝利のシーンを改めて振り返り、「代表に入って12年になるが、ずっとW杯で1勝することを目指してきた。ジャイアント・キリング(大物食い)を達成できて感無量だった」と最年長の大野が語ると、大きな拍手が起こった。

リーチ主将「感動」府中市でW杯報告会に4000人(ニッカンスポーツ)

強豪の南アフリカを含めたW杯の3勝は、午前6時から午前午後の3部練習を敢行した地獄の宮崎合宿のたまもの。最年長と最多のキャップ数を誇る大野均(37=東芝)は「夢なんじゃないか。目が覚めたら宮崎のベッドの上と思うときもある」と、「ラグビーブーム」に喜びつつも、いまだに半信半疑の様子だった。

 11月13日からはトップリーグが開幕する。畠山健介(30=サントリー)は「サントリーと東芝が決勝で戦えるように頑張る」と府中市に本拠を置く両チームの健闘を誓っていた。



World in Union: Rugby World Cu

Imports (2015-10-09)
売り上げランキング: 1,478

|

« 「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 ~シング・ライク・ストリングス~」@人見記念講堂 | トップページ | ルクエを使った紅玉りんごのコンポート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 ~シング・ライク・ストリングス~」@人見記念講堂 | トップページ | ルクエを使った紅玉りんごのコンポート »