« ルクエを使った紅玉りんごのコンポート | トップページ | 越後妻有大地の芸術祭の里「食と芸術と紅葉狩り」バスツアーに行ってきました »

2015/10/28

六花亭さん「おやつ屋さん」2015年11月版・今年もアップルパイ「君が家」入り

Rokkatei_oyatsu_201511秋もすっかり深まり、朝晩は冷えるようになってきた今日この頃、おなじみの六花亭さんからのお知らせも届きました。11月の「おやつ屋さん」のご案内です。
毎年11月はアップルパイ「君が家」が年に1回、この一カ月間だけ届けられる、楽しみな月。もちろん今年も販売です。

※尚、ご注文はリンク先の六花亭さんのオンラインショップからお願いします。本ブログはご紹介しているだけで、販売はしていません。

裏表紙の社長コラム。今月はどらやきについて書かれています。いつもは冷凍品で提供しているどらやき、今月は日持ちは短いけど生菓子として提供とのこと。

新小豆どらやき

三日ばかりの日持ちとなりますが、
ご注文の品に二つ三ついかがでしょうか。
食べごろの“新小豆”どらやきをお届けします。

そのどらやき、オンラインショップではこんな風に紹介されています。

食べごろの“新小豆”どらやきはいかが?

ふんわり口溶けの良い生地で、みずみずしいつぶ餡をサンドしました。


こんな風に言われたら、試してみたくなっちゃうじゃないですか。

さて、カタログ表紙は六花亭醍醐味(11月DM掲載商品)。寒くなってくると、乳製品のこっくりした味わいが恋しくなってきますね。
内容は下記の通りです。

「ザ・ブッセ(あずきバター)」が新登場。

酪農王国・北海道にふさわしい洋生菓子の詰め合わせ。通販だけの販売です。
※包装せずにご覧の荷姿でお届けします。

【詰め合わせ内容】マルセイバターサンド2個、マルセイキャラメル2袋、六花亭醍醐2個、なんもなんも(パルメザン)1袋、チョコレート各1枚(ホワイト、ミルク)、ザ・ブッセ(苺・あずきバター)各1個、シーフォームケーキ(カスタード)2個

注文受付期間 11月26日 19:00まで
お届け期間 11月3日~11月30日

クール便


表紙の「ザ・ブッセ」の説明に、「今月は、新小豆と角切りバターをふんわりとした記事でサンドしたあずきバターが新登場!絶妙なバランスをお試しください」とのこと。なんと魅力的な表現。

さて、毎月のお楽しみ詰め合わせである11月のおやつ屋さん。社長一押しの新小豆どらやきの他に、11月限定品アップルパイ「君が家」も入っています。

新小豆どらやき入り。

新小豆どらやきに、旬のりんごを使ったアップルパイ。定番商品もバランスよく詰め合わせました。
※包装はせずに、ご覧の花柄箱のままお届けします。

【詰め合わせ内容】マルセイバターサンド6個、マルセイキャラメル2袋、いつか来た道1個、霜だたみ1個、おふたりで(抹茶・モカ)各1個、花の大地ひろびろ1個、畑の大地ひろびろ1個、大平原1個、君が家2個、雪やこんこ2枚、どらやき1個

注文受付期間 11月26日 19:00まで
お届け期間 11月3日~11月30日

常温便


君が家は、オンラインショップではこのようにご紹介。
食べきりサイズのアップルパイ。

りんごのシロップ漬けを入れ、香ばしく焼き上げたアップルパイです。オーブントースター(600~800W)で2分ほど温めますと、バターの香りが立ちのぼり、一層お楽しみいただけます。

注文受付期間 11月26日 19:00まで
お届け期間 11月3日~11月30日

常温便


このアップルパイを食べてしまうと、舌が肥えて困ってしまうという噂の逸品。
ぜひお試しを。

そんなわけで、今月はいつにも増して楽しみの多い六花亭さんのお菓子です。

#アップルパイと言えば、思いだすのはいつもこのマザー・グースの本。

セット・マザーグースのうた(5冊セット)
谷川俊太郎 マザーグース
草思社
売り上げランキング: 49,044



#どらやきと言えば、映画「あん」。
あん オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)

キネマ旬報社 (2015-05-25)
売り上げランキング: 91,462



Apple iPod nano 16GB 第7世代 2015年モデル ブルー MKN02J/A
アップル (2015-07-17)
売り上げランキング: 4,761

|

« ルクエを使った紅玉りんごのコンポート | トップページ | 越後妻有大地の芸術祭の里「食と芸術と紅葉狩り」バスツアーに行ってきました »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ショッピング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルクエを使った紅玉りんごのコンポート | トップページ | 越後妻有大地の芸術祭の里「食と芸術と紅葉狩り」バスツアーに行ってきました »