« CD 「風街であひませう」 松本隆トリビュートアルバム | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2015年9月版 »

2015/08/22

LIVE 「風街レジェンド2015」 東京国際フォーラム 8/21

Kazemachi_annai発表があったときは「え、本当にそんなすごいことをやっちゃうの?!」と驚いたイベント。幸運にもチケットを手に入れたときから、この日を、ずっと楽しみに待ち続け、そしてとうとう目の前に。
松本隆さんの作詞活動45周年を記念したイベント「風街レジェンド2015」初日・8/21に行ってきました。


イベントの概要は下記記事にある通り。

松本隆の作詞曲を豪華ゲスト&風街ばんどが実演!フォーラムで2日公演(ナタリー)

このイベントは松本隆の作詞活動45周年を記念して開催されるもの。元はっぴいえんどの松本、細野晴臣、鈴木茂のほか、稲垣潤一、イモ欽トリオ、EPO、斉藤由貴、佐野元春、C-C-B、寺尾聰、中川翔子、矢野顕子、吉田美奈子、水谷豊、安田成美らが出演し、井上鑑を音楽監督とする「風街ばんど」とともに松本の楽曲を披露する。

注)C-C-Bはその後事情により出演を辞退しています

それほど熱心なはっぴいえんどファンではない私でも、出だしの音ですぐにわかった「夏なんです」でスタート。ドラムを叩く松本さんを見るのはこれが初めて。少し緊張したような、でも楽しそうな様子にほっとして。

「とっても惜しい仲間を失った」という言葉のあと、佐野元春さんを迎えて「はいからはくち」。そこでいったん3人は下がって、「「風街であひませう」(完全生産限定盤)」に収録されている宮崎あおい「夏色のおもいで」の朗読を流してから、あとは次々と豪華絢爛なヒットパレードタイムに。

あの頃テレビで見るだけの、ラジオで聴くだけのきら星のようなヒット曲の数々。まさかこんなに時間がたってから、生演奏で聴くことができるなんて、あの頃の自分には想像もつかなかった、そんな夢のような場所にいるという不思議な感覚。松本さんの詞は、その曲を一番よく聴いていた瞬間に心を引き戻してしまいます。その時の思いや感情、空気や音や匂いまで瞬時に蘇る、そんな不思議な力を持っていて、一曲一曲聴くごとにまさにタイム・トラベルしていました。

次の歌に移る前に、歌詞の一部がスクリーンに映し出されて、そのあとこれから歌う人の名前が出てきます。そのたび会場がうわっ、と沸く。この曲をこの人がやってくれるんだ、と。本人の場合もあるし、そうでない場合も。
本人じゃなく他の人がカバーしたのですごかったのが、矢野顕子の「ポケットいっぱいのひみつ」と、吉田美奈子の「ガラスの林檎」。特に「ガラスの林檎」は、ジャジーでソウルフルで迫力満点のアレンジにただただ圧倒され、会場も割れんばかりの拍手。めちゃくちゃかっこよかった…。

この日の個人的なハイライトは、17曲目からの大瀧さん曲の連続(心中「ナイアガラ攻め」と勝手に命名)。
伊藤銀次、杉真理の二人による「君は天然色」から始まり、そこに佐野元春さんをくわえての「A面で恋をして」。そのあと鈴木雅之さんの「Tシャツに口紅」、そして「冬のリヴィエラ」。稲垣潤一にバトンタッチして「バチェラー・ガール」、「恋するカレン」。ただただ涙が止まらない時間。どの曲を聴いてもナイアガラで、逝ってしまうの早すぎるよ大瀧さん、大瀧さん…。

その後のバンド紹介で「スピーチ・バルーン」と「カナリア諸島にて」をインストゥルメンタルで使い、そして圧巻は太田裕美の「さらばシベリア鉄道」。スクリーンに「伝えておくれ 12月の旅人よ いついついつまでも 待っていると」と映し出された歌詞を見て号泣。12月の旅人の不在がとてつもなく大きい空間。

でもこうしてたくさん大瀧さんの曲を聴いてると、だんだんと、大瀧さんの不在というより、大瀧さんがステージを大きく包み込んでくれてるような、そんな錯覚がしてきました。大瀧さんの音楽の中に、そして大瀧さんを思う私たちの心の中に、いつも大瀧さんはいる。思いがけずそんな思いに救われた時間になりました。きっと松本さんたちにとってもそうだったのでしょう。

公式の事前案内では「本公演の上演時間は約3時間30分を予定しております(上演時間が長くなる場合もございます)。 途中、休憩等はございません」とありましたが、終わってみるとと4時間が過ぎていました。とても極上の、密度の濃い時間を過ごせて、幸せでした。こんな機会をくださった松本隆さん他メンバー、スタッフの皆さまに心から感謝。

ORICON STYLEの記事掲載のセットリストと風街ばんどメンバークレジット。

■セットリスト(左から曲目、公演アーティスト、オリジナル)
01.夏なんです(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)、はっぴいえんど
02.花いちもんめ(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)、はっぴいえんど
03.はいからはくち(松本隆、細野晴臣、鈴木茂、佐野元春)、はっぴいえんど
04.木綿のハンカチーフ(太田裕美)
05.てぃーんずぶるーす(原田真二)
06.タイム・トラベル(原田真二)
07.シンプル・ラブ(大橋純子)
08.ペイパームーン(大橋純子)
09.三枚の写真(石川ひとみ)、三木聖子
10.東京ららばい(中川翔子)、中原理恵
11.セクシャルバイオレットNO.1(美勇士)、桑名正博
12.ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)
13.赤道小町ドキッ(山下久美子)
14.誘惑光線・クラッ!(早見優)
15.「菩提樹」(鈴木准、河野紘子)、フランツ・シューベルト
16.「辻音楽師」(鈴木准、河野紘子)、フランツ・シューベルト
17.君は天然色(伊藤銀次、杉真理)、大滝詠一
18.A面で恋をして(伊藤銀次、杉真理、佐野元春)、NAIAGARA TRIANGLE vol.2
19.Tシャツに口紅(鈴木雅之)、ラッツ&スター
20.冬のリヴィエラ(鈴木雅之)、森進一
21.バチェラー・ガール(稲垣潤一)
22.恋するカレン(稲垣潤一)、大滝詠一
23.スローなブギにしてくれ(I want you)(南佳孝)
24.ソバカスのある少女(鈴木茂、南佳孝)
25.砂の女(鈴木茂)
26.しらけちまうぜ(小坂忠)
27.想い出の散歩道(矢野顕子)、アグネス・チャン
28.ポケットいっぱいの秘密(矢野顕子)、アグネス・チャン
29.Woman“Wの悲劇”より(吉田美奈子)、薬師丸ひろ子
30.ガラスの林檎(吉田美奈子)、松田聖子
31.バンド紹介(風街ばんど)
32.卒業(斉藤由貴)
33.September(EPO)、竹内まりや
34.さらばシベリア鉄道(太田裕美)
35.ルビーの指環(寺尾聰)
EN.1.驟雨の街(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)
EN.2.風をあつめて(松本隆、細野晴臣、鈴木茂+全員)、はっぴいえんど

▽風街ばんど
井上鑑(音楽監督・Key)、松原正樹(G)、今剛(G)、吉川忠英(A.G)、高水健司(B)、林立夫(Dr)、山木秀夫(Dr)、三沢またろう(Per)、比山貴咏史(M.Cho)、佐々木久美(C.Org)、藤田真由美(F.Cho)、山本拓夫(W.W)、金原千恵子(Vl)、笠原あやの(Vc)

以降、グッズなどの写真を。

グッズを買う列。15分くらい待ちました。

Kazemachi_goods_line_1

売り場直前。

Kazemachi_goods_line_2

そして戦利品。
22日にも会場に行き、開場前のグッズ先行販売で追加購入したものを含めて。

Kazemachi_goods_all

パンフレット。「ネタバレが入ってますので、ライブ終了まで開けないでくださいね」と売り場の人にわざわざ言われたパンフレットって初めてです。

Kazemachi_pamph

こんな封印までされていて。

Kazemachi_pamph_back

というわけで、全部終わってから読みました。終わってから読んで正解。
松本さん、細野さん、鈴木さん3人の対談や松本さんによる全曲解説(レコードジャケット付き)、参加ミュージシャンからのコメントなど入って豪華永久保存版。はっぴいえんどの「この先」についても示唆されていました。

Tシャツ。3種類の色と柄(ネイビー&電車、ナチュラル&セミ、ブラック&林檎)がありましたが、ネイビー&電車(勝手に「風をあつめて」をイメージ)を選択。

Kazemachi_t_shirt

パンフレットとTシャツは21日に会場で買いました。軍資金切れで残りは翌日。

ランチバッグもTシャツと同様に3種類の色と柄。こちらはナチュラル&セミ(勝手に「夏なんです」をイメージ)。

Kazemachi_tote_bag

手ぬぐい。これはこの電車柄のみ。

Kazemachi_tenugui

そして、当日来場者プレゼントとして配られたのが、「木綿のハンカチーフ」。

Kazemachi_hankerchief

この柄は、ランチバッグの裏面やTシャツのバックの裾にもありました。共通モチーフのようです。

Kazemachi_tote_hankechief

グッズは思い出を閉じ込めるタイムカプセル。これから何度もこれを眺めながらニヤニヤする時間が訪れそう。

参考リンク:
〈速報〉はっぴいえんど16年ぶり集結 大滝詠一さん悼む(朝日新聞デジタル)

同氏が所属したバンド「はっぴいえんど」の細野晴臣(68)鈴木茂(63)が出演し、99年1月の同30周年公演以来16年ぶりに集結。ドラムの松本氏は、1曲目の「夏なんです」から華麗に、時に激しいスティックさばきを披露した。

 細野は「夏なんです」を歌い終えた後、「おじいちゃんの、はっぴいえんどです。1人足りないんです」と13年12月に急逝したメンバーの大滝詠一さん(享年65)を悼んだ。そして松本氏に「どう? 練習したんだよね?」と聞いた。同氏は「調子悪いね」と苦笑した。

 鈴木は2曲目「花いちもんめ」で、熱い歌唱とギター裁きを披露した後、「とっても惜しい仲間を失った」と大滝さんへの思いを口にした。そして「次の曲を1番、誰に歌ってもらおうか相談した結果…この男に決めた!!」と言い、3人の総意で大滝さんの代わりにボーカルを佐野元春(59)に託し、3曲目「はいからはくち」を歌った。

松本隆、45周年公演で細野晴臣&鈴木茂に感謝「素晴らしいメンバー」 (ORICON STYLE)

会場ではファンにはたまらない、松本がこれまで作詞を手がけた名曲の数々のレコードやオリジナルグッズが販売されているが、今公演のパンフレットの冒頭で松本は「多くの親しい友が向こう岸に旅立った。大村雅朗君、川勝正幸君、大瀧詠一さん。だが生き残ったぼくらのレースはまだ続く。彼らの魂は心の内側に抱いているよ。ステージに姿が見えないからといって、決して不在ではない。そこに吹く風こそ、失くした笑顔であり、風街に吹く風なんだ」と亡き同胞への思いをつづっている。

#ライブ会場のCD売り場で思わず買ってしまった、30周年の「松本隆 風街図鑑」。松本隆さんセレクトの1969年から1999年の名曲コンピレーション。

風街図鑑 風編
風街図鑑 風編
posted with amazlet at 15.08.23
松本隆 早見優 高田みづえ 桑名正博 森進一 小泉今日子 氷室京介 松田聖子 原田真二 薬師丸ひろ子 近藤真彦
ソニー・ミュージックダイレクト (2009-12-09)
売り上げランキング: 1,609

風街図鑑 街編
風街図鑑 街編
posted with amazlet at 15.08.23
松本隆 アグネス・チャン 大滝詠一 エイプリルフール 鈴木茂 森山良子 THE 東南西北 松田聖子 南佳孝 はっぴいえんど 竹内まりや
ソニー・ミュージックダイレクト (2009-12-09)
売り上げランキング: 1,839

松本隆 作詞活動四十五周年トリビュート 「風街であひませう」(完全生産限定盤)
VARIOUS ARTISTS 安藤裕子 小山田壮平&イエロートレイン 草野マサムネ クラムボン 斉藤和義 手嶌葵 中納良恵(EGO-WRAPPIN’) ハナレグミ やくしまるえつこ YUKI 細野晴臣
ビクターエンタテインメント (2015-06-24)
売り上げランキング: 199

|

« CD 「風街であひませう」 松本隆トリビュートアルバム | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2015年9月版 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CD 「風街であひませう」 松本隆トリビュートアルバム | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2015年9月版 »