« 自由が丘ロール屋で「まれ」コラボのロールケーキを買ってきた | トップページ | 成城アルプスのケーキに新潟の名店・ニコルを偲ぶ »

2015/06/11

ベリー好きにはたまらない新製品 「ピノ ルージュベリー」

Pino_rouge_berry_box_top_up_2先日ふと立ち寄ったコンビニで、珍しいパッケージのピノを見つけました。それはピノ ルージュベリーという名前の新製品だったのです。

森永乳業のニュースリリースにはこのようにありました。5月発売の製品だったようです。

「ピノ」史上初の“濃厚ジェラートタイプ”一瞬でココロがきらめく大人の女性向けのご褒美アイスが新登場!
「ピノ ルージュベリー」5月18日(月)より全国にて新発売のお知らせ
(森永乳業ニュースリリース)

このたび発売する「ピノ ルージュベリー」は、大人の女性に向けた、一瞬でココロがきらめくような贅沢感を感じられるひと口タイプのご褒美アイスです。
 カシス、ラズベリー果汁、ブルーベリー果肉をバランスよく配合した、果肉の食感が楽しめる濃厚でなめらかなベリージェラートを、ラズベリーパウダーを混ぜ込み色鮮やかで華やかな香りが立つラズベリーチョコでコーティングしており、1粒で芳醇な香りと贅沢な果実感を存分に堪能できます。
 パッケージデザインは、金色のpinoロゴと果実が映えるよう、白色を基調とし、贅沢感や高級感を演出しております。また、食べている時にも贅沢なひとときを感じていただけるよう、金色のピックを採用しております。
先日実施したプチストレスに関する調査(*)において、20~30代女性は日常で感じるプチストレスが多く、そのプチストレスを解消できずに溜め込みがちであることが分かりました。また、「ピノ」の喫食頻度が高い人は、「手軽にリフレッシュしたいとき」や「一瞬で幸せな気持ちになりたいとき」に「ピノ」を食べていることもわかりました。 

確かに今までピノと言えば、一口アイスをチョコでコーティングしたものでした。それが今回はジェラートとのこと。
しかも私の大好きなブルーベリーやラズベリーやカシスを使っているということなので、期待が高まります。

こちらが外箱表面。これまでと違って白を基調に金文字。なんだかキラキラしています。

Pino_rouge_berry_box_top_long


外箱の裏面に解説があります。

Pino_rouge_berry_box_back

いざ、オープン。開けると蓋のうらは「ルージュ」で、宝石箱を開けたよう。そして赤い6つの粒が並んでます。ピックは金色。いちいちゴージャスです。

Pino_rouge_berry_inside_long

ジェラートをアップにしてみました。

Pino_rouge_berry_inside_up

そして食べてみると、甘酸っぱさが好みすぎてヤバイです。チョコはさくっと軽く割れてしまい、上品な甘みがジェラートの味にすっと馴染んでいきます。あっという間に一箱完食。これはストックしてはいけません。都度買いに行くようにしないと抑止力が効かない予感。

ターゲットは女性を想定しているようですが、ベリーが好きなスイーツ男子のみなさまにもお気に召していただけそうな気がします。ベリー派の皆さまは一度お試しあれ。

参考リンク:
これぞ大人のピノ!!  新発売の「ピノ ルージュベリー」を試食してみた!(Pouch)

これは確かに大人向けの贅沢感いっぱいのアイス。ピノ定番サイズのジェラートが6つ、という量も多すぎず、少なすぎず、ちょっと息抜きをするのにちょうど良い感じ。パッケージ、雰囲気、香り、テイスト、量、すべてにおいてお勧めの逸品でした。

森永 ピノ いちご 24個入
森永
売り上げランキング: 377,950


貝印 アイスクリームメーカー DL0272
貝印
売り上げランキング: 2,002

|

« 自由が丘ロール屋で「まれ」コラボのロールケーキを買ってきた | トップページ | 成城アルプスのケーキに新潟の名店・ニコルを偲ぶ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自由が丘ロール屋で「まれ」コラボのロールケーキを買ってきた | トップページ | 成城アルプスのケーキに新潟の名店・ニコルを偲ぶ »