« 「男子ごはん」のカキとニラの玉子とじ | トップページ | 竹鶴威「ニッカウヰスキーと私」&竹鶴孝太郎「ウイスキーとダンディズム」 »

2014/11/05

ホタテとニラの玉子とじ

Scallop_chive_with_egg昨日カキとニラの玉子とじを作ったのはいいのですが、ニラが半分余ってしまっていました。すぐ使わないとしなびてしまうので、今日はカキをホタテに変えてアレンジしたものを作ってみました。青森の貝焼き味噌を思い出しながら、何となくそれ風の「ホタテとニラの玉子とじ」を。

「男子ごはん」のレシピをアレンジして、こんな感じで作ってみました。

<材料(二人分)>

ホタテ貝柱 10~12個
オリーブオイル 小さじ2
ニラ 1/2束
鷹の爪 1本
味噌 小さじ1
塩糀 少々
卵 2個

<作り方>

(1)フライパンにオリーブオイルを少々ひく
(2)ホタテを入れて両面から火を通す(焼きすぎると硬くなるので注意)
(3)ホタテから汁が出てくるので、それを使って味噌小さじ1、塩糀少々を溶いて混ぜる。
(4)5センチに切ったニラを入れて軽く火を通し、半分に切った鷹の爪を入れる
(5)卵2個の溶き卵を回しかけて混ぜ合わせ、好みの加減で火を止める。

出来上がりがこちら。

Scallop_chive_with_egg_2

冷凍と生のホタテ半分ずつを使ったので、日を通しすぎて固くなってしまった以外は、味も食感もかなりいい感じでした。おかずのレパートリーがまたひとつ増えてうれしい限りです。ホタテの貝殻に乗せると、貝焼き味噌っぽくなるのかな。

参考リンク:
ホタテの貝焼きみそ ごちそうレシピ|うまいッ!|NHK

青森の郷土料理。青森の多くの家庭には、貝焼きみそ専用の貝殻があり、子どもが風邪を引いたときには必ずと言っていいほど作られるおふくろの味。
今でこそ、ホタテがふんだんに入っているが、ホタテが高価だった時代には、卵とねぎとみそだけで作っていました。

#この巻で西門さんが作ってる「ニラたま」がこのお料理との出会いでした

Natural (5) (花とゆめCOMICS)
成田 美名子
白泉社



NATURAL (第2巻) (白泉社文庫)
成田 美名子
白泉社
売り上げランキング: 366,298



ことりっぷ十和田・奥入瀬 弘前・青森・恐山
昭文社 (2014-03-31)
売り上げランキング: 41,772

|

« 「男子ごはん」のカキとニラの玉子とじ | トップページ | 竹鶴威「ニッカウヰスキーと私」&竹鶴孝太郎「ウイスキーとダンディズム」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「男子ごはん」のカキとニラの玉子とじ | トップページ | 竹鶴威「ニッカウヰスキーと私」&竹鶴孝太郎「ウイスキーとダンディズム」 »