« 来週からの朝ドラは「マッサン」(注:さだまさしさんのお話にあらず) | トップページ | 大泉洋さん、北海道「福」知事に任命 »

2014/09/28

大泉洋さん、来年春からのNHK朝ドラ「まれ」にヒロイン父親役でご出演

大泉洋さんが、来年4月からのNHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演されることが決まったそうです。

2010年に大河ドラマ「龍馬伝」に出演された大泉さん。いよいよ朝の連続テレビ小説にご出演ということで、NHKのメインどころは押さえた感じですね。

朝ドラ初出演の常盤貴子「賭けに出た」 大泉洋は「心配です」(モデルプレス)

俳優の大泉洋と女優の常盤貴子が、土屋太鳳がヒロインをつとめる平成27年度前期NHK連続テレビ小説「まれ」に出演することが決定。現在の心境を明かした。
一方父親を演じる大泉は「子どものころから両親が見ていた朝ドラに出演することが夢でした」と喜び、「話をいただいたとき、ヒロインの相手役かなと思ったのですが、父親でした。実際に3歳の娘がいるのですが、この2人が子どもだと思うと大きくて恐ろしくて、役になりきれるか心配です(笑)」と冗談を交えつつ、心境を語った。

相変わらずこんな軽口をたたいていますが、朝ドラ出演となるとやっぱりうれしいんでしょうね。ファンとしても感慨ひとしおです。

さて、この父親、どんな人かというと

大泉洋ら“11人”朝ドラ初出演「夢でした」 来春スタート『まれ』 (ORICON STYLE)

“朝ドラ”92作目となる同作は、夢追い人の父のせいで、ヒロイン一家が夜逃げ同然に能登へ移り住むことから始まる。生真面目で困った人は放っておけない大人に成長したヒロインは、一度は堅実な公務員の道を選ぶも、本当の夢がパティシエだったことを思い出し、一念発起。横浜のカリスマシェフのもとへ弟子入り志願し、厳しい修業に挑む。やがて、仕事と並行して結婚、出産。さまざまな試練を乗り越えつつ、自身の夢をかなえながら、誰かの「青い鳥」にもなる物語。

というわけで、どうやら大泉さんの役は「夢追い人」のようです。それはそれで似合っていそうな。

朝ドラの撮影は過酷なようなので、ぜひがんばっていただきたいです。
あ、あと、朝ドラのキャストはNHKの「スタジオパークからこんにちは」などの番組にもどんどん出演されるので、そちらを見る楽しみもありそうですね。

参考リンク:
大泉洋、美女との共演が絶えない大活躍の理由とは?(CINRA.NET)

柴咲コウ、新垣結衣に、有村架純、長澤まさみ、満島ひかり、戸田恵梨香、さらには常盤貴子と、いまをときめく美人女優ばかりと共演する、何とも贅沢な(?)男がいる。

それは、北海道のローカルスターから、いまやすっかり引く手あまたの人気個性派俳優となった大泉洋だ。2014年は、劇団ひとり原作・監督、柴咲さん共演の『青天の霹靂』に主演、そしてこの秋は、北海道を舞台にした染谷将太共演の『ぶどうのなみだ』、新垣さん共演で、幽霊役となる『トワイライト ささらさや』と主演作が連続公開。

いま分かっているだけでも、来年には2本の主演映画が公開となり、さらには先日、来年3月30日スタート(予定)のNHK朝の連続テレビ小説「まれ」でヒロイン・土屋太鳳の両親役を常磐さんと演じることが発表され、話題を呼んだばかり。

#大泉さんの面白さの原点はやっぱり「水曜どうでしょう」。ビギナーの方はこちらのクイックジャパンでまずは「水どう」を押さえていただければ。

クイック・ジャパン (Vol.52)

太田出版
売り上げランキング: 60,801



結局、どうして面白いのか ──「水曜どうでしょう」のしくみ
佐々木玲仁
フィルムアート社
売り上げランキング: 96,530



探偵はBARにいる 通常版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2012-02-10)
売り上げランキング: 13,439

|

« 来週からの朝ドラは「マッサン」(注:さだまさしさんのお話にあらず) | トップページ | 大泉洋さん、北海道「福」知事に任命 »

「OFFICE CUE」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来週からの朝ドラは「マッサン」(注:さだまさしさんのお話にあらず) | トップページ | 大泉洋さん、北海道「福」知事に任命 »