« BOOK 「僕がワイナリーをつくった理由」落希一郎 著 | トップページ | 京都「シトロン・ブレ」で国産赤身牛の旨みを堪能 »

2014/08/06

朝はふたたびここにあり

私は高校時代、演劇部員でした。
進学校だったためか、けっこうとがった感じの人が多く、練習の時は三島由紀夫や別役実などの戯曲を使ったりしていましたが、文化祭や市のコンクールではさすがにオーソドックスな「高校演劇戯曲集」などの脚本を使っていました。

高校一年の文化祭と市のコンクールで上演したのが、そういった作品集に掲載されていた佐藤良和さんという方の「空は光り もう鳥は帰らない」という作品。広島・陸軍航空隊のミッションスクール出の女子挺身隊と22歳の陸軍技術少尉との恋物語を絡めた、昭和20年8月5日から6日にかけての広島のお話でした。(女子挺身隊というのは学徒動員の女性版のようなもので、主に軍需工場などで労働させられていたものだそうです。)

私はその中で唯一広島弁を話す「立岩邦子」という脇役をやらせてもらったのですが、新潟の高校生で広島弁なんか聞いたこともないのでアクセントもよくわからないまま「許してつかあさい」とか言ってました。(今ならもう少しましな広島弁が話せるのに!)

タイトルに使った「朝はふたたびここにあり」というのは、この作品の冒頭と、「その日の朝」に挿入される「朝」という歌の歌詞です。(島崎藤村作詞)

朝はふたたび ここにあり
朝はわれらと 共にあり
埋もれよ眠り 行けよ夢
隠れよさらば 小夜嵐(さよあらし)

野にいでよ 野にいでよ
稲の穂は 黄にみのりたり

元の曲は思いっきりド軍歌なのですが、舞台でやる時は女性だけで歌ったテープを使いました。なので私の記憶の中の「朝」は、女子挺身隊の皆で軽やかに歌うバージョンです。

毎年8月6日を迎えると、この歌を思いだします。

また来年も、あたりまえに朝がふたたびここにありますように。

別役実 (1) 壊れた風景/象 (ハヤカワ演劇文庫 10)
別役 実
早川書房
売り上げランキング: 297,347

近代能楽集 (新潮文庫)
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 36,746

|

« BOOK 「僕がワイナリーをつくった理由」落希一郎 著 | トップページ | 京都「シトロン・ブレ」で国産赤身牛の旨みを堪能 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BOOK 「僕がワイナリーをつくった理由」落希一郎 著 | トップページ | 京都「シトロン・ブレ」で国産赤身牛の旨みを堪能 »