« 「Fantasy On Ice 2014 in Niigata」に行ってきました | トップページ | BOOK 「奇跡を起こした村のはなし」 吉岡忍 著 »

2014/07/21

「青春少年小林まこと展」in 新潟市アニメ・マンガ情報館に行ってきた

Kobayashi_makoto_exbitionファンタジーオンアイスまで少し時間があったので、新潟市アニメ・マンガ情報館で開催されていた「青春少年小林まこと展」に行ってきました。

企画展示『青春少年小林まこと展 かかってきなさい!』(新潟市アニメ・マンガ情報館)

新潟市マンガ・アニメ情報館が、5月2日で開館1周年を迎えます。これを記念し、本市出身のマンガ家・小林まことのマンガ原画展「青春少年小林まこと展 かかってきなさい!」を開催します。
代表作「What’s Michael?」「1・2の三四郎」「柔道部物語」や、デビュー作「格闘三兄弟」のほか、少年時代に描いたデビュー前の作品など、貴重な原画約400点を展示します。

元々は4月26日(土)〜6月22日(日)の開催だったのが、好評につき7月21日(月)まで会期延長となったとのこと。

好評につき会期延長!『続!青春少年小林まこと展 かかってきなさい!』(新潟市アニメ・マンガ情報館)

というわけで見に行けた次第です。

会場は万代シティのビルボードプレイス2の1Fにある新潟市マンガ・アニメ情報館

小林まことの作品は、ちゃんと読んでたのは「What's Micheal?」だけでしたが、けっこう好きで単行本も買ったりしてました。肩の力を抜いて笑えるのと、マイケルの飼い主の実家が新潟という設定になることがあって、新潟のばあちゃんが上京してきてぐうたら猫マイケルを鍛える、という話が好きだったのです。しまいにはマイケルはばあちゃんと一緒に佐渡おけさが踊れるようになるというオチで。

原画を見ると、線の力強さや繊細さ、描き込まれた絵の丁寧さにあらためて驚きます。マンガ家さんって本当にすごい。コマの流れも自然で読みやすく、ヒット作を生む方の才能の豊さを実感しました。

「柔道部物語」の舞台になる「岬商業高校」は、小林まことさんの母校の新潟商業高校をモデルにしているとのこと。たしかに風景は見覚えのある懐かしいものでした。(新潟商業は私の母校の新潟高校の近くでしたので)
会場内は撮影禁止ですが、唯一この書き割りが撮影可能となっていました。「柔道部物語」の1シーンです。

Kobayashi_makoto_exbition_tatami

本日までですので間に合わない可能性が高くて恐縮ですが、新潟近辺にお住まいでご興味おありの方、万代シティへどうぞ。

※ちなみにこの後は、7月26日(土)から「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ展」が開催されるとのことです。



|

« 「Fantasy On Ice 2014 in Niigata」に行ってきました | トップページ | BOOK 「奇跡を起こした村のはなし」 吉岡忍 著 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

「新潟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Fantasy On Ice 2014 in Niigata」に行ってきました | トップページ | BOOK 「奇跡を起こした村のはなし」 吉岡忍 著 »