« 「青春少年小林まこと展」in 新潟市アニメ・マンガ情報館に行ってきた | トップページ | 「特別展「台北 國立故宮博物院―神品至宝―」」で噂の「翠玉白菜」を見てきた »

2014/07/22

BOOK 「奇跡を起こした村のはなし」 吉岡忍 著

奇跡を起こした村のはなし (ちくまプリマー新書)新潟県の北の方に、旧黒川村(現在は中条市と合併して「胎内市」)という場所がある。「胎内」という地名の方が有名かもしれない。スキー場やリゾートホテル、手打ちそば処などのある風光明媚な場所だが、実はそういった観光資源は戦後村役場が中心となって整えてきたものだった、ということを知ったのがこの「奇跡を起こした村のはなし」だった。

内容紹介ではこのように書かれている。

新潟県山間部の豪雪地帯にある黒川村。冬場は出稼ぎに出ないと立ちゆかない村を、なんとかして自立させたい、と立ち上がった村長と村民がいた。多くの苦境を乗り越え、次々と取り組んだ村営事業。資金源は、国や県が支出する地域振興補助金で、その申請と活用は、サバイバルゲームとなった。バブル崩壊後、畜産に力を入れた村に欧州研修を終えた若手職員たちが次々と戻り、村は新しい特産品でにぎわいはじめた――日本人を励ます、小さいけれど大切な記録。

村の土地の8割は山林。雪深く寒冷な気候のために作れる作物の種類も限られる。そんな村は、冬になると都市部に出稼ぎをして生活を成り立たせていた。
1955年、終戦後わずか10年の年に31歳で村長になった伊藤孝二郎の目標は「出稼ぎをしなくてすむ村づくり」。
ここから伊藤村長と黒川村の職員の、「村落生き残り」のためのありとあらゆる手を尽くす「死闘」の歴史が始まった。自助努力はもちろんのこと、困窮のため納税できない人が続出している村の財政的基盤のなさを補うために、国と県を相手としたさまざまな補助金を知恵を絞って獲得し、村営で事業を起こす。ヨーロッパに職員を派遣して最新の農業技術を取り入れる。高度成長期のスキーブームを捉えてスキー場とホテルをつくり、減反政策が取られると酪農に活路を見出し、バブルに踊らず着実にリピーターを得て、米作と出稼ぎの村を農業と観光を結びつけた新しい村に仕立て上げた。「補助金」というと「無駄遣い」「一時的なカンフル剤」的な印象がすっかりついているが、この村に関しては実に正しく補助金を活用している。補助金もこう使われるなら本望だろう。

補助金に関して印象的だったのは、1988年から1989年にかけて「ふるさと創世資金」と称して政府が全国の市町村に1億円ずつ配布した時、黒川村の職員たちは一様に「あれはぴんとこなかった」と言った、というエピソード。「すべての補助金が地域振興とふるさと創世のためにあるはず。じゃあ、それまでほかの市町村は補助金を何に使っていたんだ」と首をひねったという。

「高度経済成長という<魔物>に負けない」をスローガンに奮闘してきた伊藤村長は2003年に体調を崩して13期目を前に辞職し、ほどなくこの世を去った。あとは助役を経験した布川氏が引き継ぎ、そして2005年9月1日お隣の中条市と合併して胎内市となり、黒川村としては消滅した。

本書の最後に布川村長の言葉が載せられている。

「いま中央から聞こえてくるのは、『小さな村なんか、つぶしてしまえ』という声ばかりですよ。われわれの悪戦苦闘は何だったんですか?」

伊藤村長の強烈なリーダーシップでここまで進んできた黒川・胎内地区が今後どうなっていくのか。ここまでの「人づくり」の成果が現れてくることを期待し、今後とも見守っていきたい。

----------------
胎内地区のリゾートの情報はこちらの胎内リゾートガイドからどうぞ。四季折々、自然を楽しめます。今はブルーベリー摘みが楽しめるとのこと。

ブルーベリー摘み取り カンガス ブルーベリーファーム(胎内市観光情報ブログ)

オーナーさんはオーストラリア出身の方なんです!広大な大陸育ちですからブルーベリー畑も他のブルーベリー園とは桁違いの大きさです!丸4年でここまでになったそう!

ゴロゴロと大量に実を付けています!ここのブルーベリーの品種は15種類以上もあり大きいもは500円玉サイズ!!小さくて酸味の強いものから甘いものまで様々ありますよ!自分の好みのブルーべりー探しじゃ~!!

8月22日(金)・23日(土)・24日(日)には、31回目を数える「胎内星まつり」も。

今年で31回目を迎える胎内星まつり。誰でも気軽に参加できる真夏の最大イベントです。50社を越える望遠鏡 ・カメラ・ビデオ機器メーカーをはじめ、各販売店、また、胎内市の飲食店もブースを開設、昼夜さまざまなイベントが行われます。

参考リンク:
公開討論会 胎内で考えたこと 「奇跡を起こした村のはなし」を手がかりに

黒川村

なにはともあれ、黒川村役場にむかった。とはいえ、取材をするつもりはなかった。バカンス気分9割、仕事気分は1割。でも、かつて伊藤孝二郎村長がいた場所に立ってみないと、かれの視線は判らない、という気持ちはあった。
 ところが、村役場に足を踏み入れたとたん、雰囲気がみょうなことに気がついた。いくら「奇跡を起こした村」でも、この職員の仕事ぶりは普通じゃない。みんなTシャツを着て、汗だくになって書類を運んでいる。ふと気がついた。黒川村は隣の中条町と合併して胎内市になる。それが今年の9月1日。ということは、今日は黒川村最後の日だ。そんなことは忘れていた。
 記念すべき日にやってきたことに少し感激しながら、これではとても話を聞くことはできないと観念して、でも、なにか記念になるものが欲しかった。それで、観光課の職員さんに頼んで、日付入りの黒川村役場印を吉岡さんの本に捺してもらった。吉岡さんの本を差しだすと、その職員さんはニコッと笑った。

奇跡を起こした村のはなし (ちくまプリマー新書)
筑摩書房 (2013-09-27)
売り上げランキング: 67,008

先憂後楽―新潟県黒川村の村づくり
伊藤 孝二郎
新潟日報事業社
売り上げランキング: 802,756

|

« 「青春少年小林まこと展」in 新潟市アニメ・マンガ情報館に行ってきた | トップページ | 「特別展「台北 國立故宮博物院―神品至宝―」」で噂の「翠玉白菜」を見てきた »

「新潟」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「青春少年小林まこと展」in 新潟市アニメ・マンガ情報館に行ってきた | トップページ | 「特別展「台北 國立故宮博物院―神品至宝―」」で噂の「翠玉白菜」を見てきた »