« 豚肉のしょうが焼き 春キャベツを敷いて | トップページ | MOVIE 「アナと雪の女王」 »

2014/04/20

NHK「SONGSプレミアム 薬師丸ひろ子」にそっと泣いた夜

薬師丸ひろ子セレクション・カバーアルバム 時の扉 (初回生産限定盤)(ボーナストラック付)先日、録画した「SONGSプレミアム 薬師丸ひろ子」を見た。

“昨年放送した「薬師丸ひろ子35周年記念コンサート」や「SONGS 薬師丸ひろ子」、そして「第64回NHK紅白歌合戦」などの貴重な映像に未公開インタビューを合わせた完全版!”(番組公式サイトより)というもの。

一番楽しみにしていて、そしてやっぱり一番心を動かされたのが、紅白歌合戦のシーン。
紅白で「鈴鹿ひろ美」が、ドラマのあの衣装のままで、奈落から上がってきた瞬間の客席のどよめき、あんなにすごかったんだ。リアルタイムではこちらもテレビの前で一緒にどよめいていたから全然気がつかなかった。そしてあの出だしの「アイ ミス ユー」。何度聞いても鳥肌が立つ。
バックに流れる「あまちゃん」のいろんなシーン、見るだけでセリフが浮かんできて、「鈴鹿さん」の歌声とあいまって涙が止まらない。
「三代前からマーメイド」のところでは、審査員席の「夏ばっぱ」を映したり。もちろんリアルタイムでも「ああ、映してる」とわかっていたけど、宮本信子さんがまたしみじみと幸せそうないい表情をしてる。この瞬間は衣装はつけてなくても、「鈴鹿さんを見守る夏ばっぱ」だった。

あと、「探偵物語」と「夢で逢えたら」。どちらも大瀧詠一さんの作品。
以前どこかで読んだブログ記事(その後残念ながら削除されてしまったのでテキストは残っていないけど)で、この特集番組で紹介されてるオーチャードホールのコンサートに大瀧さんも行かれたこと、岩手出身の大瀧さんは「あまちゃん」が大好きだったこと、コンサートを楽しまれていたことなどが書かれていた。

「探偵物語」のレコーディングで音楽をつくることの面白さを知った、と薬師丸ひろ子は番組中で話していた。その言葉は大瀧さんに伝わっていただろうか。聞いたらきっとはにかみながら「まあ、そんな、傍から見るほどいいもんでもないんだよ」なんて嬉しそうにぶつぶつ言いそうな気がする。

薬師丸ひろ子の「表現者」としての個性、素晴らしさを堪能した時間だった。
いい女優さんになったなあ、ホント。

- 時の扉 - 35th Anniversary Concert [Blu-ray]
ユニバーサル ミュージック (2014-01-29)
売り上げランキング: 1,989

探偵物語 [DVD]
探偵物語 [DVD]
posted with amazlet at 14.04.20
角川映画 (2000-12-22)
売り上げランキング: 45,730

連続テレビ小説 あまちゃん 総集編 [Blu-ray]
NHKエンタープライズ (2014-04-25)
売り上げランキング: 1,824

|

« 豚肉のしょうが焼き 春キャベツを敷いて | トップページ | MOVIE 「アナと雪の女王」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豚肉のしょうが焼き 春キャベツを敷いて | トップページ | MOVIE 「アナと雪の女王」 »