« クリントン ストリート ベイキング カンパニー@青山でパンケーキwithメープルバターを食べてきた | トップページ | 「ありがとう!おら、いつまでたっても”あまちゃん”が大好きだ!」展@梅田ロフトに行ってきた »

2014/03/23

地域誌「月刊三陸かもめ」で釜石の同級生が語る大瀧詠一さん

Sanriku_kamome_front東大の玄田先生のブログ「玄田ラヂオ」で、先月こんな記事があるのを知りました。

大瀧栄一氏のこと

1月以降、大滝詠一さんを偲ぶ文章や 企画がたくさん出されていますが、 『月刊三陸かもめ』2014年2月号に 掲載されている

私の知っている
大瀧栄一氏のこと

というエッセイは、出色の内容です。

お書きになっているのは、
釜石市立鉄の歴史館館長の
佐々木諭(サトス)さんで、
大瀧さんご本人が滅多に語って
こられなかったご自身での
釜石での青春時代のお話が
豊富に語られています。

この記事を読み、これは原文を読まねば、と「月刊三陸かもめ 2月号」を取り寄せました。

三陸かもめ2月号のご紹介

第2の特集は、昨年12月30日亡くなった「日本ポップス界の父」大滝詠一さん追悼です。釜石南高(現釜石高)時代に大滝さんとバンドを組んだ仲でもある釜石市立鉄の歴史館長の佐々木さんから長文を寄稿して頂きました。釜石南高時代だけでなく、大震災直後のやり取りなど、マスコミでは触れられていない大滝さんの隠れた一面もご紹介します。

Sanriku_kamome_ootaki1

6ページにわたる手記には、小学生から高校まで菊池姓を名乗っていた「菊池栄一」氏=大瀧詠一さんとの出会い、三沢基地からFENを手作りのアンテナで受信してアメリカンポップスを熱心に聴いていたこと、バンドを一緒にやったこと、そして上京後も続く大瀧詠一さんとの交流からかいま見えたはっぴいえんどの誕生のいきさつ、アルバム量産時代のことなどを、離れた故郷から見守る立場として、実に興味深いエピソードがぎっしりと書かれていました。

Sanriku_kamome_ootaki2

それにしても、まさか、こんなことになろうとは夢にも見なかった。 「他人と意見が違っても、めくじら立てず 潮吹かず 我が道行け ドンドン」(「趣味趣味音楽」より)。大瀧詠一の「我が道」は闇へと消えた。こんなに悔しいことがあろうか。
古くからの友人の、慟哭のような一文。

評論家には決して書けない、故郷の旧友だからこそ伝えられる「大瀧詠一」のルーツの話。ファンの方はぜひ一読をおすすめします。

ちなみに、昨日21日は「EACH TIME 30th Anniversary Edition」の発売日。奇しくも大瀧詠一さんの遺作となってしまったわけですが、関係者向けのお別れ会が開催されたとのこと。

大瀧詠一お別れ会、はっぴいえんど3人が弔辞「またね」(ナタリー)

本日は、大瀧のラストワークとなるアルバム「EACH TIME 30th Anniversary Edition」の発売日であり、1981年に名作「A LONG VACATION」がリリースされた日。その後のカタログもほぼ同日の発売だったように、大瀧が強いこだわりを持っていた日だった。また会場となったSME乃木坂ビルは、地下にレコーディングスタジオがあり、大瀧は晩年ここでほぼすべての仕事を行っていた。仕事場として思い入れのある、彼にとって東京の自宅と言っても過言ではない場所ということでお別れ会の開催地に選ばれた。

EACH TIME 30th Anniversary Edition
大滝詠一
ソニー・ミュージックレコーズ (2014-03-21)
売り上げランキング: 38

A LONG VACATION 30th Edition
A LONG VACATION 30th Edition
posted with amazlet at 14.03.23
大滝詠一
SMR (2011-03-21)
売り上げランキング: 63

#「恋のひとこと(Duet with 大瀧詠一)」収録アルバム。この曲は大瀧さんの最後の公式レコーディング音源となりました。
Longtime Favorites
Longtime Favorites
posted with amazlet at 14.03.23
竹内まりや
ワーナーミュージック・ジャパン (2003-10-29)
売り上げランキング: 17,041

|

« クリントン ストリート ベイキング カンパニー@青山でパンケーキwithメープルバターを食べてきた | トップページ | 「ありがとう!おら、いつまでたっても”あまちゃん”が大好きだ!」展@梅田ロフトに行ってきた »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリントン ストリート ベイキング カンパニー@青山でパンケーキwithメープルバターを食べてきた | トップページ | 「ありがとう!おら、いつまでたっても”あまちゃん”が大好きだ!」展@梅田ロフトに行ってきた »