« BOOK 「あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ」 村木厚子 | トップページ | CD 「潮騒のメモリー」 天野春子(小泉今日子) »

2013/07/28

NHKスタジオパークの「連続テレビ小説「あまちゃん」じぇじぇじぇ~展 Part2」に行ってきた

連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)NHKスタジオパークで開催中の「連続テレビ小説「あまちゃん」じぇじぇじぇ~展 Part2」の展示がマニアックですごい、という噂を聞き、行ってまいりました。

会期 2013年7月17日(水)~7月30日(火)
時間 午前10:00~午後6:00(最終入場は午後5:30)
会場 NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

好評だった「あまちゃん」じぇじぇじぇー展の第2弾が開催決定しました。今回は、北三陸編の駅舎セットに加え、新たに東京編の写真撮影コーナーを設けます。前回こられなかった人は是非お越しください。


まずはスタジオパーク併設のレストランで食事。平日の昼時でしたが、満席で10人くらい並んでいました。親子連れが多いです。

しばし待って着席。オーダーはもちろん「まめぶ汁」が食べられる「あまちゃんセット(まめぶ汁と江戸ヶ浜丼)」。

Nhk_amachan_set_2

「江戸ヶ浜丼」は蒸しウニとつぶ貝、わかめ、青じそが乗ったさっぱりした丼です。

そして、噂の「まめぶ汁」。

「まめぶ」のご紹介を、レトルトパックを販売しているご当地の小袖屋さんのサイトからから。


まめぶ汁は、岩手県久慈市山形町(旧山形村)のみに伝わる郷土料理です。 きのこや野菜、豆腐などが入った具沢山の汁物に、クルミと黒砂糖入りの小麦団子 ”まめぶ”を入れて食す料理です。しょうゆ出し汁の繊細な味わいに浮かぶ、団子のモチモチの食感。 そして、要となる”まめぶ”をひと噛みした途端、中に入ったクルミと黒砂糖の甘みが口いっぱいに広がる絶妙なハーモニーが、何ともいえない、今、巷で話題のご当地グルメです。

けんちん汁の中にクルミと黒砂糖の餡が入った小さいお団子が入った醤油味の碗もの、と思っていただければ。

まめぶアップ。

Nhk_mamebu_dango

あっさりした醤油味と、団子のほんのりとした甘みが不思議なハーモニーを醸しだすお味でした。やさしい味わい。何も知らずに口にすると微妙かもしれませんが、わかっていて食べれば何の問題もありません。
あんべちゃんに「そばですかうどんですかまめぶですか」と聞かれたら、「まめぶ、お団子3個で七味もちょびっとね!」と答えそうです。

そしていよいよ展示へ。

いきなり「潮騒のメモリーズ」に出迎えられます。

Nhk_amachan_entrance

右側から入ると、北三陸駅が再現されています。窓口、改札、喫茶リアス。

窓口には大吉さん。

Nhk_amachan_daikichi

改札前の顔出し板。改札には吉田くん。

Nhk_amachan_kitano_ama_yoshida

喫茶リアスの看板。

Nhk_amachan_riasu

ウニ丼販売窓口には弥生さん。

Nhk_amachan_yayoi

窓口の横にもおみやげ物が陳列してありますが、その中に「再生 琥珀のまが玉作り体験キット」というものがあり、なんとそのクレジットが「小田琥珀工房」と。勉さん、工房を持ってたんですね!

Nhk_amachan_magatama

お手軽な「琥珀ストラップ」も小田琥珀工房作。

Nhk_amachan_kohaku_strap

アキちゃんが真ん中に写ってる「北の海女」観光ポスターもあります。

Nhk_amachan_kitano_ama_poster

リアスの扉をくぐると、そこは東京編の世界。太巻さんの写真とステージバック、「アイドルカフェ・太巻」の看板が。

Nhk_amachan_edo_theater_stage

そして手前には「ヒビキ一郎の『俺は認めねぇ』」。本編で出たアメ女の記事かと思っていたら、なんとGMTの記事でした!

Nhk_amachan_hibiki_2

早速文字起こしをされている方がいらしたので、ご興味ある方、内容はそちらをご覧ください。


「アイドル評論家ヒビキ一郎の俺は認めねえ」GMT特集の書き起こしまとめ(NAVERまとめ)

思わず熟読し、他の展示へ。
アメ女ステージで写真を撮ってる人が多いです。

東京編キャストポスター。

Nhk_amachan_poster_tokyo

故郷編キャストポスター。

Nhk_amachan_poster_kitasanriku

ストーブさんと種市先輩が中心になって描いた「潮騒のメモリーズ」駅前看板。

Nhk_amachan_shiosai_no_memories_2

あと、北三陸駅セットの方の壁面には、セットのスケッチがたくさん多く飾ってあり、こちらも興味深かったです。
私が特に「おっ」と思ったのはこちらの2枚。下に細々と書いてあるコメントがいろいろ面白いです。(ご興味ある方、写真をクリックしていただけると拡大します。それでも文字が小さいですが…)

喫茶リアスのセットスケッチ。

Nhk_amachan_riasu_sketch_3

無頼鮨のスケッチ。

Nhk_amachan_burai_sushi_sketch_3

小さい展示ではありましたが、中身はぎゅっと濃くあまちゃんワールドが再現されていて、ファンにはたまらない空間でした。

30日までですので、まだの方はどうぞお急ぎくださいませ。

参考リンク:

「あまちゃん」ファン必見 おなじみシーンのセットが見られる「じぇじぇじぇ~展」を見てきました(ねとらぼ)

どうしても期間中に行けない……という人は8月10~11日に東京・秋葉原で開催される「NHK WONDER LAND2013」でも一部を見ることができる。

 Part3の開催は「今のところ未定だが、このために遠方から来てくださる方もいるので前向きに検討中」とのこと。「まだまだみなさんにお見せしたいものがたくさんある」という言葉に期待しよう。

まめぶ汁レシピ(連続テレビ小説「あまちゃん」 NHK盛岡放送局ご当地コーナー)

東京で食べる、今いちばん気になる味「まめぶ」 (タイムアウト東京ブログ)


現在放送中のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』を見ている人にはお馴染み、そうでなくても、高視聴率を記録し続けているというあまちゃん人気の最中、この「まめぶ」という不思議な響きを耳にしたことがある人も多いのではないだろうか。

ドラマの劇中で度々登場し、
「甘いんだかしょっぱいんだか、おやつなんだかおかずなんだかわからない」
「ピンと来ない味」
「決して美味くはない」が、「うまくもねぇのに食いたくなる」
などと、視聴者の興味を駆り立てまくっているまめぶ。元来、岩手県の旧山形村に伝わる郷土料理であり、あまちゃんのロケ地である岩手県久慈市の郷土料理ではないそうだ。(2006年に山形村は久慈市に合併した)その地域ではお正月に食べられた祝いの料理で、昔は貴重だった黒砂糖と胡桃を小麦粉でといた生地に入れて丸い団子にし、ごぼうやにんじんなど根菜、干し椎茸やかんぴょうといった乾物と一緒に、昆布で出汁を取った醤油仕立てのつゆで煮たものが「まめぶ汁」。まめぶとは、汁に浮いている団子のことを意味する。

連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)
宮藤 官九郎
NHK出版
売り上げランキング: 9

潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)
天野春子(小泉今日子)
ビクターエンタテイメント株式会社 (2013-07-31)
売り上げランキング: 1

|

« BOOK 「あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ」 村木厚子 | トップページ | CD 「潮騒のメモリー」 天野春子(小泉今日子) »

イベント」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BOOK 「あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ」 村木厚子 | トップページ | CD 「潮騒のメモリー」 天野春子(小泉今日子) »