« 警視庁 犯罪抑止対策本部 @MPD_yokushi の「本職さん」のつぶやきが止まった日 | トップページ | NHK 「今夜も生でさだまさしスペシャル~いつでも夢を!朝まで生で音楽会~」3/31放映 »

2013/03/09

写真展「大槌の宝箱」に行ってきました

Treasure_otsuchi_leaf一昨年、岩手県大槌町での手刺し刺繍 「かもめふきん」による被災地支援のことを「三陸の女性の手刺しの刺繍ふきん~大槌復興刺し子プロジェクトのふきんが届きました」と言う記事でご紹介しました。

大槌町は地域の夕刊紙を作っていた会社も津波で流されてしまい、地元の情報を発信するメディアがない状態が、被災後長く続いていました。そこで知人の藤代さんが運営する日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)などの方々が中心となって地元の情報発信のメディアとして「大槌みらい新聞」を立ち上げたのが昨年の9月。

紙とウェブを併用して、できるだけ現地発の情報をたくさん届けようと、専任スタッフと学生インターンが取材・執筆を行い、新聞の配布はボランティアメインで進めています。(私も昨年10月に配布のお手伝いに行きました)

東京などの他の地域から来た人たちだけが記事を書くのでなく、現地のレポーターの育成も行っていて、その一環として始めた「写真教室」を中心とした情報発信に関するワークショップが思わぬイベントを生みました。

それが写真展「大槌の宝箱」です。

写真展「大槌の宝箱」を開催します(大槌みらい新聞)

東日本大震災から2年が経つ2013年3月、大槌町民が撮影した「私の宝物」をテーマとした写真を集め、写真展「大槌の宝箱」を大槌・東京・横浜で開催します。

津波で多くを失ったからこそ、いま自分達にとって大切なものは何かを見つめ直す写真展です。土台から流された自宅跡で見つけた置物、友達や孫の笑顔、仮設住宅に咲いた花々。カメラのファインダーを通して、前へ進もうとする大槌の「今」が溢れています。

そんなわけで東京会場で開催された「大槌の宝箱」に行ってきました。

Treasure_otsuchi_gallery会場は目黒のギャラリー「やさしい予感」。一軒家の素敵なギャラリーです。

Treasure_otsuchi_board展示会場は2階。
階段を上るとこんなウェルカムボードが。

Treasure_otsuchi_main_room_1メインの展示ルームにはこんな感じで丸テーブルが。ここで「お茶っこ」と呼ばれるお茶を飲みながらのおしゃべりをやります。

Treasure_otsuchi_main_room_2壁にこんな風に、皆さんの写真が飾ってあります。写真と一緒に、写真を撮られた方のコメントも一緒にあって、人となりがかいま見えて素敵です。

Treasure_otsuchi_ochakkoこちらがお茶っこのテーブル。このテーブルを囲んで、大槌から来られた方々(東京会場は越田さん、松村さん)とスタッフの皆さん、来場者が一緒にお茶飲み話をするのです。

越田さんはこの記事の方。お茶っこの時も山小屋に逃げた、ということをお伺いしました。

「そろそろ来るんじゃないか」山小屋に牛乳やお団子を置いてあった(大槌みらい新聞)

お二人ともデジカメに触るのはワークショップが初めてだったそうで、でも写真を撮るようになってから毎日がとても楽しくなったそうです。越田さんはご自分で撮られた写真をプリントアウトしたものを持ってきてらして、いつどこで誰と撮った写真なのかを教えてくれました。国内外からボランティアでいらした方々や町のイベント、日常の風景など、越田さんの目線で撮られた大槌の様子がたくさんありました。

東京に来るのは50年ぶりという松村さん。楽しみで楽しみで、ふだんは少し体調を崩しがちなのに東京行きが決まってからは絶好調でお医者さんにも「ぜひ行ってきなさい」と言われた、とはにかみながら話される一方で、浪板の仮説住宅で暮らす日々のことなど、今の思いを聴かせていただきました。

ご本人が撮られた写真を見ながら聴かせていただくと、またその物語が深まるようで、とても濃密な時間でした。

Treasure_otsuchi_sub_room_1展示はもう一つの部屋でもこんな風にされています。

Treasure_otsuchi_sub_room_2写真はポストカードとしても販売されています。

Treasure_otsuchi_post_cardこんな風に1枚ずつ買っていただくことができます。

Treasure_otsuchi_goods大槌みらい新聞や、Tシャツなどのグッズも販売されています。

Treasure_otsuchi_netsuke帰り際に、越田さんから手作りのキーホルダーをいただいてしまいました。仮設住宅のみなさんで作られたのだそうで、写真展の来場者へのお土産として用意してくださっていたのです。まさかそんなものを準備されているなんて思っていなかったので、驚きました。ありがとうございました。

震災から2年が過ぎようとしている今を現地の方々がどう暮らしているのか、写真を通してぜひ直に感じていただけたらと思います。

東京会場と横浜会場で開催されます。日程によってはお茶っこの会もありますので、ぜひ写真を撮った方々とお話されてみてください。

★写真展「大槌の宝箱」開催概要

■東京会場

[日時] 3月8日(金)~11日(月) 正午~午後8時(最終日11日は午後6時まで)
[場所] Gallery やさしい予感(JR山手線目黒駅から徒歩5分:地図
[イベント]
・お茶っこの会(8日/9日 午後2時~3時、午後5時~6時)
・グッズ販売

■横浜会場

[日時] 3月13日(水)~20日(水) 午前10時~午後6時(最終日20日は午後4時まで)
[場所] さくらworks<関内>(JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅から徒歩3分、みなとみらい線馬車道駅から徒歩5分)
[イベント]
・お茶っこの会(16日/17日 午前11時~正午、午後2時~3時)
・トークイベント
・グッズ販売

希望の大槌 逆境から発想する町
碇川 豊 (大槌町長)
明石書店
売り上げランキング: 11,696

証言記録 東日本大震災 第四回 岩手県大槌町 ~津波と火災におそわれた町~ [DVD]
NHKエンタープライズ (2013-02-22)
売り上げランキング: 56,443

駐在記者発 大槌町 震災からの365日
東野 真和
岩波書店
売り上げランキング: 229,571

大槌復興かもめふきん A(ブルー)
大槌復興刺し子プロジェクト
売り上げランキング: 121,152

|

« 警視庁 犯罪抑止対策本部 @MPD_yokushi の「本職さん」のつぶやきが止まった日 | トップページ | NHK 「今夜も生でさだまさしスペシャル~いつでも夢を!朝まで生で音楽会~」3/31放映 »

イベント」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 警視庁 犯罪抑止対策本部 @MPD_yokushi の「本職さん」のつぶやきが止まった日 | トップページ | NHK 「今夜も生でさだまさしスペシャル~いつでも夢を!朝まで生で音楽会~」3/31放映 »