« じわじわ来て目が離せない連続ドラマ「シェアハウスの恋人」 | トップページ | 写真展「大槌の宝箱」に行ってきました »

2013/03/05

警視庁 犯罪抑止対策本部 @MPD_yokushi の「本職さん」のつぶやきが止まった日

出会いは突然でした。
誰かのリツイート(記憶では朝日新聞の神田大介記者 @kanda_daisuke )で、なんだか妙に面白いツイートが流れてきたのです。

なんだなんだ、と注意して見ていると

と続き、「あらかわいい」と思っていたところに

このツイートで、この方を「本職さん」と呼ぼう、と自分の中で決定。

そして

このツイートが決定的に。
警察官という職業イメージとのギャップにやられました。

そんなわけで、以降「本職さん」のツイートを楽しみにする毎日に。

もちろんこのアカウントの本来の目的は「犯罪抑止」。特にこの時期は、「特殊詐欺対策強化月間」として、オレオレ詐欺や還付金詐欺などの「振り込め詐欺」を中心とした犯罪への対策を強化するため、様々な情報発信を行っていて、ツイッターもその一環だった模様。アカウント運用ポリシーもあらかじめ決めておいて(フォローなし、リプライなし、メールけいしちょうにより配信された情報、防犯情報、警視庁が主催する防犯イベントに関する情報、その他警視庁の取組みのうち、都民の安全に資する情報を発信)いるあたり、きちんとされたものだと感じました。

当初のツイート内容は、「メールけいしちょう」で配信される犯罪情報・防犯情報をそのまま発信されていたようですが、それに対して冒頭のように上司から「つまらない」と言われて、時折「本職さん」個人のつぶやきを織りまぜるようにしてみたようでした。

真面目な情報は自動発信のbotを設定し、そうでない「つぶやき」は本人の入力でやられていたようですが、たまにbotが暴走したり、インターネット用のパソコンを他の職員に占拠されて使いたい時に使えなかったりといった日々の様子もかいま見えるものでした。

また、人気を決定づけた「みかんツイート」のような「おやつ」に関するツイートも楽しく、「(お茶請けは月餅です…)」「(今日のお茶はブルーベリーティーです…)」などスイーツとフレーバードティーがお好きな様子も何とも微笑ましかったです。(特にお好きなのは「栗蒸し羊羹」らしい)

何よりそういった「人間臭い」つぶやきで、警視庁という普段は遠い存在が身近に感じられ、これまでちゃんと知ることの無かった「振り込め詐欺」がどういう犯罪なのか、どんな巧妙な手口で騙されてしまうのか、金融機関でどうやって防いでいるのか、そういったことを知る貴重な機会になりました。
140文字という短い文章の中で何回かに分けて犯罪の特徴やだまされないためのポイントなど何度もつぶやかれることで、自然と刷り込まれていくような効果があったと思います。

11月末には

(11月中の期間限定アカウントとして運用を開始いたしましたが、皆様のご支援のおかげで12月以降も継続して運用することができそうです…)

ということでアカウントの継続が決まり、内容も振り込め詐欺の他にもひったくりや子どもへの不審者による声かけなど身近な犯罪のお知らせも含まれるように。

ますます人気の「本職さん」はフォロワー数も順調に伸び、ある日の日経新聞にはこんな記事まで載るように。

警視庁や都庁、つぶやきに熱 読者獲得へ試行錯誤 「オレオレ詐欺入電中」「みかんの汁がしみる」 (2013/1/28付 日本経済新聞 夕刊 ) ※要会員登録

東京都知事選の結果猪瀬さんが知事になり、都庁の各部局にすべてツイッターアカウントを使って情報発信するように指示が出たものの、慣れない運用に四苦八苦している一方で、親しみの感じられるつぶやきと情報の組み合わせで人気を博す「本職さん」の犯罪抑止本部アカウントが注目されたのでした。(しかし日経に「警視庁」と「みかんの汁」の文字が並ぶのを見るのはなかなか趣深いものでした。)

その後も猪瀬知事にフォロー・RTされて驚愕したり、バレンタインに手作りチョコが届いて係の皆さんで分け合います、なんて書き込みがあったり。一方で大雪の予報が出た日は泊り込んだり、雪道の運転に滑り止めチェーンをつけないのは都の条例違反ですよという啓発をしたりと、安心・安全に関してはしっかり職務を果たしていらっしゃったりする様子を、ツイートを介して拝見しておりました。

ところが、昨日、「本職さん」から「(間もなく、重要なお知らせをいたします…)」と書かれたあとに、こんなお知らせがあったのです。

突然の「本職さん」の「つぶやき」終了宣言。
最初に浮かんだ言葉は「もったいない!」でした。
お役所のアカウントがソーシャルメディアを使って市民とコミュニケーションするいい事例だったと思うのに。「本職さん」をフォローするまでは知らなかった振り込め詐欺やひったくりなどの犯罪の実態を知ることが出来て、とても勉強になったのに。

とは言え、「ツイッターを利用するメリットをすべて減殺するような条件の下では、継続する意味を見いだすことができませんでした」と書かれているということは、何か穏やかならぬことが起きたとしか思えません。様々な条件の中で「本職さん」が決められたことであれば、私たちファンも一旦はその決断を支持し、応援するしかないでしょう。

私からはこんなツイートを送らせていただきました

短い間でしたが、ありがとうございました。本職さんの親しめるツイートのおかげで犯罪抑止の取り組みそのものを知り、振り込め詐欺などの被害の実態を知ることができました。実験的な取り組みとは言え軋轢も多かったことでしょう。感謝を送り今後のご活躍を祈念します。 @mpd_yokushi 2013年3月4日
それにしても

botの向こう側には本職がおります。

これはツイッター史上稀に見る名言だと思います。思わず涙してしまいました…。


さて、「本職さん」は最後に本名で署名されていましたので、検索してみたところ、こんな論文要旨を見つけました。

「ネットワーク分析を用いた犯罪情報分析の研究
中村 健児1 ,齊藤 知範2
1警視庁 犯罪抑止対策本部,2科学警察研究所 犯罪行動科学部 犯罪予防研究室 」

近年,警察における犯罪情報(情勢)分析の分野におけるGISの活用が広がりを見せているが,定量的な分析への取組みは発展途上にある.業務の効率化という観点からも犯罪の抑止及び捜査に用いることができる人的・時間的資源を最適化することが望まれ,そのための戦略的な施策決定の根拠となりうる分析手法を開発することが必要である.そこで,警察の資源を集中的に投入する優先順位を決定する手段として,ネットワーク分析を用いた地理的プロファイリング(犯人居住地予測)の可能性を検討した.

以前、本職さんが珍しく情報発信以外の本務についてつぶやかれていた時、こんなことを言われていたのを思いだしました。

まさに彼の本務はこれで、そしてツイッターを使ったアナウンスも,ネットワークを活用した犯罪抑止への実験的な取り組みのひとつだったのだと、これを見て確信しました。つぶやきはその情報伝達をより効果的にするためのひとつの手段だったわけで、そしてそれは間違いなく効果的だったことは、わずか4カ月で2万人ものフォロワーになったことが雄弁に証明しているのだと思います。

せっかくのご縁で知った「警視庁 犯罪抑止本部」のアカウント。
「本職が姿を消しても当アカウントのフォローを続けてください。皆様のお役に立つ情報の発信に全力で取り組んで参ります。」と「本職さん」もおっしゃっているので、引き続きフォローしていきます。
そして、今回つぶやきを止めざるを得なかった事態が好転し、また「本職さん」の語りかけツイートが戻ってくる日を楽しみに待ってます。

松尾たいこさんもこんな言葉を送られていました。

本当に。
いつかまた。

★3/8追記

こんなしんみりとした記事を書いたら、本日こんなツイートが…

3日で復帰が決まるとは。いやあよかったよかった。

というわけでNHK_PRさんのように複数体制にされるようです。
皆さんのほっこりするツイートを引き続き楽しみにしております。

相棒 season 10 DVD-BOXI (6枚組)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-10-17)
売り上げランキング: 6,064

実録 詐欺電話 私はこうしてだまされた
すばる舎 (2012-09-01)
売り上げランキング: 28,429

トイレットペーパー STOP振り込め詐欺
林製紙(株)
売り上げランキング: 389,676


|

« じわじわ来て目が離せない連続ドラマ「シェアハウスの恋人」 | トップページ | 写真展「大槌の宝箱」に行ってきました »

ソーシャル」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じわじわ来て目が離せない連続ドラマ「シェアハウスの恋人」 | トップページ | 写真展「大槌の宝箱」に行ってきました »