« 3月11日(日)14時46分、京王と東急は電車を一時停止 (都営地下鉄・相鉄・西武・東京メトロ・小田急・京成・京急も←3/9追加) | トップページ | 2011.3.11-3.18 のツイッターログ »

2012/03/09

震災ドキュメンタリー映画「PRAY FOR JAPAN」東京で期間限定公開

先日ご紹介した震災ドキュメンタリー映画「PRAY FOR JAPAN」、プレミア試写会は6日に実施されましたが、期間限定で東京にて一般公開もされることになりました。
劇場はシネマート六本木。3月11日および3月17日以降の土日(17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)) 14:20~ 16:20~です。
以下同館ウェブサイトでの紹介です。


Pray for japan~心をひとつに~

3月11日(日)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)限定公開

日本マンガのアメリカ市場を開拓したTOKYOPOP社の創立者であるスチュウ・リービーが、東日本大震災の直後から被災者支援ボランティアをしながら撮影したドキュメンタリー映画。

スチュウ・リービーは、震災直前に来日、地震発生時には東京に滞在中でした。
東北の惨事の映像をニュースで見て衝撃を受け、3日後の3月14日にJENにボランティア申請。救援物資の運搬や、宮城県の被災地での炊き出しに従事。
その中で、元々映画監督でありプロデューサーでもある彼に、石巻で出会った被災者がドキュメンタリー映画を撮ることを提案。リービーは即決し撮影を開始しました。

リービーは6週間に渡り、被災地に滞在し、ボランティアをしながらカメラを回し50時間もの映像を撮影。現地で知り合った被災者やボランティアの人々の忍耐力や譲り合いの精神に感動し、彼らの物語を追うことにしました。
「自分のことで精一杯であるはずなのに、他人や故郷のために力を尽くすヒーローたちの話を世界に知ってもらいたかった。この作品はボランティアで参加してくれた才能ある多くの皆様の力で形になりました。おかげで日本のすばらしいスピリッツを記録することができました。」とリービーは語っています。
非営利ベースの映画製作で、制作協力者はすべてボランティアです。
ポストプロダクションは株式会社キュー・テック、オープニングアニメーション制作は長濱博史監督と株式会社スタジオディーン、福島出身の詩人、和合亮一氏の詩の朗読は鈴木京香さん、テーマ曲の制作と演奏は奥田民生さんなど、映画の趣旨に賛同してくださった、日本が誇る第一戦でご活躍の方々が多数参加してくださいました。


また、丁度本日、日経ビジネスオンラインにスチュウ・リービー監督へのインタビュー記事も掲載されています。

東北にはこんなにヒーローがいた!スチュウ・リービーさんのドキュメンタリー映画が北米で公開

その10年前くらいですが、三陸海岸を車で旅行したことがあったんです。とても楽しかった。気仙沼からフェリーで渡った大島では、民宿で漁師さんに取ってきたばかりのウニを食べさせてもらったり。あんなに美しかった東北の街が、とんでもないことになっている。その夜は眠れなくて、現地の人は大丈夫だろうか、自分に何かできることはないか、いろいろと考えました。

一度3月14日に物資輸送のボランティアに参加し、退避命令でいったん東京に戻ったものの頭は東北のことでいっぱいになって、友人と東北で炊き出しをするプランを計画し、石巻に入ったのだそうです。
そんなスチュウさんにこんな声がかかったのが、映画のきっかけになったとのこと。
石巻のいろんなところで炊き出しをしていたら、現地のNPOの人といろいろと話をすることができた。僕がインディーズで映画を撮ったり、映像の仕事もしているというと、「では石巻の復興を映像で記録してください」とお願いされたんです。初めは自分がそんなことをしていいんだろうか、と悩んだんですけど、友人もやるべきだと勧めてくれて、決心しました。

「一眼レフでもフルHDなら、映画のクオリティで撮れる」ということで、EOSで自分自身で撮影を5週間続けたスチュウさん。
「なんとか仙台に部屋を見つけて、毎日車で石巻に通いました。渋滞がひどくて、睡眠時間は平均で3時間。体調も崩してしまったけど、本当にたくさんのヒーローに会いました。」ということで、映画にはそんな無名のヒーローたちが大勢登場することに。

映画の公式トレイラー(予告編)はこちらです。

日本文化の発信にこだわったスチュウさんはオープニングをアニメーションで表現することに。テレビアニメの『蟲師』を手がけた長濱博史さんにお願いしたそうです。「版画や浮世絵のようなイメージ」とのこと。

3月14日から全米16都市での上映が既に決まっていましたが、今回東京でも見ることができるというのはとてもありがたいです。スチュウさんが出会った石巻の人たち、震災直後の現地の様子をただただ受け止めてきたいと思います。

悲から生をつむぐ 「河北新報」編集委員の震災記録300日
寺島 英弥
講談社
売り上げランキング: 45388

|

« 3月11日(日)14時46分、京王と東急は電車を一時停止 (都営地下鉄・相鉄・西武・東京メトロ・小田急・京成・京急も←3/9追加) | トップページ | 2011.3.11-3.18 のツイッターログ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/54167095

この記事へのトラックバック一覧です: 震災ドキュメンタリー映画「PRAY FOR JAPAN」東京で期間限定公開:

« 3月11日(日)14時46分、京王と東急は電車を一時停止 (都営地下鉄・相鉄・西武・東京メトロ・小田急・京成・京急も←3/9追加) | トップページ | 2011.3.11-3.18 のツイッターログ »