« 六花亭「おやつ屋さん」2012年3月版 | トップページ | 北海道・遠軽から在来種の豆を伝え続けるべにや長谷川商店 »

2012/02/28

COMIC 「きのう何食べた?」よしながふみ

きのう何食べた?(1) (モーニングKC)私の周囲で評判が非常に高く、ずっと気になっていたけれどなぜか手に取る機会がなかったよしながふみの「きのう何食べた?」1巻をようやく入手し、あっと言う間に読了して残り5巻までを大人買いして一気に読み切った。大人になってよかったとしみじみ思うのはこういう時だが、それはともかく。

モーニングの公式サイトに掲載されている紹介は次の通り。

これは、都内某所2LDKに男二人暮らしで住む、筧史朗(弁護士)43歳と矢吹賢二(美容師)41歳の「食ライフ」をめぐる物語です。
ちなみに1ヵ月の食費は2万5千円也。

この二人はゲイカップル。クールな美中年・シロさんこと史朗が炊事役で、主婦も真っ青のかしこく節約しつつツボを押さえたおいしい晩ごはんづくりを趣味としている。ケンちゃんこと賢二はちょっとヤキモチやきで少々オネエも入りつつシロさんの作るご飯をいつもとても美味しく喜んで食べている。

そんな二人の日常に起こるささやかな出来事、それはゲイであるがゆえのちょっと変わった出来事だったり、そんなことに関係なく起きる人間模様だったり、いろいろ諸々のことと、その日の夕食の様子(買い物からレシピつきの手際よく作っていく様子まで)がセットで描かれている。40を過ぎて人生の折り返しを迎えた二人が少しでも気持ちよく丁寧に毎日を生きている様子がとてもリアルで、しみじみと味わってしまう作品だ。

シロさんの料理は本当に日常の「おかず」で、めんつゆやだしの素など既製品を使い、特殊な材料は使わない。特売品を使った献立で安くておいしい旬の野菜や魚を手際よく晩ご飯にしていく様子は読んでいてとても気持ちいい。当然レシピは自分の晩ごはんづくりにも活用させていただこうと思ってる。

二人のゲイカップルであるゆえの微妙な距離感や気の使い方、周囲との距離の取り方なども、ああたぶん実際もこんな感じなんだろうなあとリアルに感じる。

ケンちゃんの「わーおいしそ~」といううれしそうな笑顔を見ると、お料理上手には上手な食べ手がいてこそ、だとも思う。喜んでもらえるから、作るほうだって一生懸命おいしく作りたいのだもの。

大奥」のようなドラマチックな作品とは好対照の、でも人間を見る鋭い観察眼は共通するものを感じる、よしながふみの名作。

きのう何食べた?(5) (モーニングKC)
よしなが ふみ
講談社 (2011-09-23)

大奥 7 (ジェッツコミックス)
よしなが ふみ
白泉社 (2011-06-28)

|

« 六花亭「おやつ屋さん」2012年3月版 | トップページ | 北海道・遠軽から在来種の豆を伝え続けるべにや長谷川商店 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/54082531

この記事へのトラックバック一覧です: COMIC 「きのう何食べた?」よしながふみ:

« 六花亭「おやつ屋さん」2012年3月版 | トップページ | 北海道・遠軽から在来種の豆を伝え続けるべにや長谷川商店 »