« NHK「今夜も生でさだまさし~越中富山だ!きときとナイト~」11/27放映 | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2011年12月版 »

2011/11/24

DRAMA 「専業主婦探偵~私はシャドウ」

Perfumeの「スパイス」が主題歌に使われていることがきっかけで見始めたTBSの連続ドラマ「専業主婦探偵~私はシャドウ」、これがなかなか面白く引き込まれ、今は毎週けっこう楽しみに見ています。

原作のコミック「私はシャドウ」はYOUに連載されていた頃から読んでいて、もっとドロドロしたエグイ部分もある話だったのですが、さすがに深キョン主演でドラマ化するに当たっては、設定やキャラクターは原作そのままにしておきつつ、エピソードをもう少しライトにしている様子。脚本は「ハケンの品格」の中薗ミホさん、そのあたりはさすがの腕前。

あらすじは公式サイトでこのように紹介されています。

ドラマは、深田演じるドジで不器用な専業主婦がひょんなことから探偵になって、愛する夫のために奮闘し、強い女へと生まれ変わっていく物語。
ドン臭く、不器用で、夫にまとわりつく芹菜は、夫に気持ち悪いと思われても仕方ないほど“うざい”キャラクター。さらに夫の裏切りや親友の策略を疑おうともしない愚直さで、最初は「あー、イライラする…」という感想を持つかもしれません。しかし、そんな芹菜が、探偵稼業に足を突っ込み、スキルを磨くことで変化し、強くなり、持ち前の健気さでいろいろな困難に立ち向かっていくその姿に、「夫の裏切りを見返してやれ!」と思わず応援したくなる気持ちに変わっていくはず。
しかし、強く生まれ変わった芹菜は、夫を見返すどころか「夫を支えたい、救いたい。なぜなら彼は困っているから」と考える、超ポジティブシンキングな性格。逆に夫の身に降りかかっている問題を知り、解決しようと立ち上がります。

見ていて楽しめるのは、何と言っても深キョンこと深田恭子の様々に変身する姿。「深キョンにコスプレさせたい」というのがこのドラマの企画の始まりだったのでは、と勘繰ってしまうくらい、キャリアOLスーツにスナックのバイト女性、ホテルのメイドにメガネの清掃婦等々、実にいろんな服装に変装していて、そのどれもがたまらなく魅力的なのだからいやもう。

見ていて清々しくなるのは、深キョン演じる芹菜が人に対していつも正面から向かい、おめでたいくらいに相手のために動こうとする姿。そこに周囲の人達もいつの間にか巻き込まれ、彼女を支える立場に。もちろんこれはファンタジーではあるのだけど、こういう物語は人を元気づけてくれます。
役者さんも深キョンはもちろん、夫のふみくんの藤木直人、探偵陣内の桐谷健太等々役者さんも皆ハマリ役。古田新太の快演も見どころ。

そしてそして、ドラマの内容を想定して作られたという主題歌「スパイス」はばっちりドラマを盛り上げています。切ないメロディと歌詞が芹菜の切なさをそのまま表しているようでますます感情移入。

車の右折もできなかった芹菜がはたしてどうやって夫の危機を救いだすのか。残り数回、目が離せません。

私はシャドウ 1 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 か 50-1)
粕谷 紀子
集英社
売り上げランキング: 20897

#「シャドウ」と言えばユング。
ユング心理学入門
ユング心理学入門
posted with amazlet at 11.11.24
河合 隼雄
培風館
売り上げランキング: 11144



スパイス(初回限定盤)(DVD付)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2011-11-02)
売り上げランキング: 198

|

« NHK「今夜も生でさだまさし~越中富山だ!きときとナイト~」11/27放映 | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2011年12月版 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/53325707

この記事へのトラックバック一覧です: DRAMA 「専業主婦探偵~私はシャドウ」:

« NHK「今夜も生でさだまさし~越中富山だ!きときとナイト~」11/27放映 | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2011年12月版 »