« 「軽井沢国際カーリング選手権大会2011」に行ってきた | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2011年2月版 »

2011/02/03

前田隆介さんが近鉄ライナーズのヘッドコーチに就任

突然入ってきたニュースでした。

前田隆介コーチの監督就任のお知らせ(近鉄ライナーズ 闘球BLOG)

近鉄ライナーズは、来季の監督に前田隆介が就任することが決定しましたので、お知らせいたします。

前田隆介(まえだりゅうすけ)

担当     監督

生年月日  1974年7月10日

出身地   大阪市

選手歴   天理高校、早稲田大学、近鉄(97~04)
       高校日本代表、U-23日本代表、日本A代表、日本代表候補

コーチ歴  早稲田大学(06~08)近鉄ライナーズ(09~10)
       日本A代表スコットランド・スペイン遠征

前田隆介新監督コメント
『81年の歴史あるチームの監督という大役の命を受け、身が引き締まる思いです。良き伝統を引き継ぎ新しい歴史を刻めるよう精進していきたいと思います。今後とも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。』


アクセス解析を見ると珍しく前田隆介さんの記事の参照が多く、検索キーワードも上位になっていて「何だろう?」と思いました。こういうことはテレビなどで報道があった時に多いので、検索してみると、ヘッドコーチ就任のニュース。
おお、とちょっと驚きました。そうか、監督やるんだ、と。

私が前田さんのファンであることは「近鉄・前田隆介くんについて」や「「小さな巨人」前田隆介 FOREVER」といった記事でうざく熱く語らせていただいていますが、ここ数年は近鉄のトップリーグ降格と前田さんの現役引退もあいまって、正直あまり真面目に情報を集めてはいませんでした。近鉄のトップリーグ復活、中竹さんの早稲田監督就任に伴う前田さんのコーチ就任など、節目に聞こえてくるニュースに「そうなんだあ」と思うくらいでしたが、今回のニュースは久々に胸が熱くなりました。

前任のピーター・スローンヘッドコーチは近鉄のトップリーグ復帰の立役者ではないかと個人的には思っており、その後を引き継ぐのは正直かなり荷が重いのではないかと勝手に想像します。
ただ、前田さんが現役だった頃と比べると、ヤマハやワールドなど他チームからの移籍組で圧倒的に選手層が厚くなり、名物ザルディフェンスは姿を消し、バックスをどんどん動かす面白いラグビーをするチームに変わっています。ここにリュウスケ監督のパッションとラグビーに対する真摯な姿勢が加わると、さらに面白いチームになるかもしれません。

来シーズンは花園詣でを復活させねば!

#前田さんが副将だった「中竹組」の貴重な一年の記録。

オールアウト―1996年度早稲田大学ラグビー蹴球部中竹組
時見 宗和
スキージャーナル
売り上げランキング: 364877



#ひとりカラオケで「ノーサイド」を歌っては涙ぐむ私。脳内に浮かぶのはもちろん前田さんの果敢なタックル姿。
NO SIDE
NO SIDE
posted with amazlet at 11.02.03
松任谷由実
EMIミュージック・ジャパン (1999-02-24)
売り上げランキング: 10222

|

« 「軽井沢国際カーリング選手権大会2011」に行ってきた | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2011年2月版 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前田隆介さんが近鉄ライナーズのヘッドコーチに就任:

« 「軽井沢国際カーリング選手権大会2011」に行ってきた | トップページ | 六花亭さん「おやつ屋さん」2011年2月版 »