« コクーン歌舞伎「桜姫」@シアターコクーン | トップページ | あの「ディアボロ・ジンジャー」が7/28からリニューアル発売 »

2009/07/23

NHKの皆既日食中継はとても美しかった

昨日の7月22日は、日本で皆既日食が見られる貴重な機会でした。
残念ながら東京は曇り空、皆既域に入っていた屋久島などのエリアも荒天となって黒い太陽を見ることはできなかったようですが、NHKの硫黄島からのレポートと太平洋上からのレポートでは実に見事な食の様子を見ることができました。

・46年ぶりの皆既日食・硫黄島

46年ぶりの皆既日食・太平洋上

どちらも7分、8分と長いですが、ぜひ最初から最後まで見ていただきたいと思います。
特に硫黄島はレポーターのアナウンサーの方しかいないためか、波の音だけが聞こえる中粛々と進んでいく食の様子の荘厳さが素晴しいです。

太陽が欠けるだけでなく、気温が下がること、周囲が一瞬で暗くなってしまうこと、夕焼けのようになること、星や冬の星座が見えること、どれも今回の中継で初めて知り、壮大な天文ショーにテレビの前でありながらただただ圧倒されました。

次は2012年5月21日の「金環日食」とのこと。はたしてうまくその場に居合わせることができるでしょうか。

参考リンク:
The longest solar eclipse of the century(boston.com)
#インド・中国などでの日食時の様子を撮った写真集。

硫黄島からの皆既日食中継、その舞台裏 - 超高速ネット衛星「きずな」への期待(マイコミジャーナル)
#今回の中継を裏で支えた技術について。

7/24追記:
硫黄島に原初の皆既日食を見た(室山哲也公式ブログ)


息をのむような天体ショーの最中も、硫黄島は静かだった。皆既日食では、普通人間の集団から歓声や拍手が起こり、ざわめきに包まれるものだが、硫黄島で聞こえたものは、波の音だけ。硫黄島の前回の皆既日食は850年前。人も住まず、鳥と小さな昆虫しかすまない硫黄島上空を、きっと皆既日食は、このように、音もなく、悠然と通り過ぎていったのに違いない。
僕は偶然にも、硫黄島に「原初の皆既日食」を見る、おそらく初めてのテレビマンとなった。

#中継を担当した室山哲也アナのブログ記事。





日蝕 (新潮文庫)
日蝕 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.07.23
平野 啓一郎
新潮社
売り上げランキング: 15086

|

« コクーン歌舞伎「桜姫」@シアターコクーン | トップページ | あの「ディアボロ・ジンジャー」が7/28からリニューアル発売 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/45722153

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの皆既日食中継はとても美しかった:

« コクーン歌舞伎「桜姫」@シアターコクーン | トップページ | あの「ディアボロ・ジンジャー」が7/28からリニューアル発売 »