« TEAM NACS 3/8「情熱大陸」に出演 | トップページ | 2/19発売の「サライ」5号は能・狂言特集 »

2009/02/19

村上春樹さんのエルサレム賞受賞スピーチ・私訳

村上春樹さんのエルサレム賞受賞とそのスピーチが話題になっています。
村上さんは英語でスピーチをされたのですが、この英語というのが曲者で、日本のメディアで伝えられる翻訳されたものやその要約は、微妙に意味が違っている部分がところどころ混ざることが多いというのがこれまでたびたびありました。

今回はエルサレムで堂々と戦争を批判されたらしい、と聞いて、これは原文で読むしかないと思い、ついでに自分なりに全文翻訳に挑戦してみました。

原文はイスラエルのニュースメディア「HAARETZ.com」に掲載されているこちらの記事です。

Always on the side of the egg

以下翻訳です。拙い訳ですがどうかご容赦を。

-----------------
「いつでも卵の側の味方に」 村上春樹

私は本日、エルサレムに小説家としてお伺いしました。まあ小説家というのはプロの嘘つきとも言われてるわけですが。

もちろん、小説家は嘘を言う人ばかりではありません。政治家だって、嘘をつきます。みなさんご存じの通り。外交官や軍人たちはその職業ゆえの嘘を時折つきますし、車のセールスマンだって、肉屋さんだって大工さんだって同じです。でも小説家のつく嘘はそういう他の人たちのものとは違い、嘘をつくとはけしからんと批判されることはありません。実のところ、より大げさで出来の良い、そしてうまい嘘をつけばつくほど、その小説家は称賛が大衆や批評家から寄せられるようです。それはなぜなのでしょう?

私の答えはこういうことです。すなわち、みごとな嘘をつくこと、言わば本当に見える作り話を作ることにより、小説家は真実を新たな場所に引き出し、新たに光を当てて輝かせるのです。たいていの場合、実質的にはもとの形のままで真実をつかみ、正確に描くのは難しいもの。だから私たち小説家は隠れた場所から真実をおびき出し、しっぽをつかんで、それをお話の世界に移し、お話の形に置き換えます。とは言え、これをやりとげるためにまず明らかにしないといけないのは、われわれの中のどこに真実があるかです。これはいい嘘をつく上で重要な資質となるのです。

今日は、でも、私はまったく嘘を言うつもりはありません。できる限り正直でありたいと思います。一年に何度か嘘をつかないと決める日があり、今日はたまたまそのうちの一日になったというわけです。

ですので、本当のことをお話させていただきます。かなり多くの人に、ここに来てエルサレム賞を受賞するのはやめるように言われました。もし来たら私の本の不買運動をすると警告さえする人たちもいました。

その理由は、もちろん、ガザで吹き荒れている激しい戦闘です。国連の報告によると1000人以上の人々がガザ市街で命を失いました。そのほとんどは非武装の市民であり、子どもや老人も含まれていました。

この賞のお知らせをいただいてから幾度となく、私は自らに問いかけました。私はこんな時にイスラエルに旅立ち文学賞を受賞することが果たしてふさわしいことなのか、このことが対立するふたつの勢力の片方を支持し、圧倒的な軍事パワーを振り回す国のポリシーを保証する印象を作り出さないかと。それは私の本意ではありません。私はどんな戦争も肯定しませんし、どこか一国だけに加担することもしません。そしてもちろん、自分の本が不買運動に合うのも見たくありません。

最終的には、それでも、熟考を重ねて、私はここに来ることを決めました。決心の理由の一つは、あまりにもたくさんの人から行くのをやめるように言われたからです。おそらく、小説家というのはたいていはそういうものだと思うのですが、言われたことと正反対のことをやりたくなるものです。周りの人たちが私に言ったり、とりわけ警告したりする「そこに行くな」「それをするな」は、私に「そこに行きたい」「それをやりたい」と思わせるものなのです。これはまあたぶん小説家としての私の性分と言えるでしょう。小説家というのは変わり者なのです。自分の目で見て手で触れたものでないと本気では信用できないものなのです。

そんなわけで私は今ここに来ています。ここに来ることを、来ないで遠く離れて留まっていることよりも選びました。自分の目で見ることの方を、見ないことより選んだのです。みなさんにお話しすることの方を、何も言わないことよりも選んだのです。

これは私が何か政治的なメッセージを届けるために来たと言っているわけではありません。正義か不正について見解を述べるのは小説家の大事な義務のひとつであるとはもちろん思いますが。

しかし書き手には、他の人たちにどういう形で伝えようとするかはゆだねられています。私自身はそういったものを物語、特に現実離れした方向のものに置き換えるのを好みます。だから私は今日皆さんの前に立ってストレートな政治的メッセージをお伝えするつもりはないのです。

ですが、とても個人的なメッセージをひとつだけお話させてください。これは私が小説を書くときにいつも心に留めていることです。私はこれを紙に描いて壁に張っておくようなことはありえませんが、むしろ私の心の壁に刻み込まれているものです。それはこんなことです。

「高く、固い壁と、壁にぶつかって壊れやすい卵のふたつのものの間では、私はいつでも卵の味方になる」

ええ、どんなに壁が正しくて卵が間違っていたとしても、私は卵の味方になります。それを正しいと思う人もいれば、間違っていると思う人もいるでしょう。それは時間と歴史が決めることです。もしどこかの小説家がどんな理由であろうと壁に味方する小説を書いたとして、そんな作品にどんな価値があるのでしょうか。

この比喩の意味はどういうことなのでしょうか?ある時はこれはとても単純明快です。爆弾と戦車とロケット、白燐弾は高く固い壁です。卵は武装していない市民で、破壊され焼き払われ撃ち抜かれます。これが比喩のひとつです。

でも、これがすべてではありません。もっと深い意味をもっています。
こんな風に考えてみてください。我々一人一人は、多かれ少なかれ、卵です。ひとつひとつは違っていて、取り替えのきかない魂を壊れやすい殻の中に閉じ込めています。私もそうだし、あなたがた一人一人もそうなのです。そして私たち一人一人は、大なり小なり高くて固い壁にぶつかっています。この壁には名前があります。それは「体制」です。「体制」は私たちを守ろうとしているものですが、時々それ自体が生命を持ち、私たちを殺したり他の人を殺させたりします。冷血に、効率よく、組織的に。

私が小説を書くのは理由はたったひとつであり、それは私自身の心の内にある品位を表出たせて、光を当ててくれます。小説の目的は「体制」が私たちの心を網にからめとり、おとしめることから防ぐように、警告を鳴らし、光を当て続けることです。私はこんな風に、心から信じています。小説家の仕事は一人一人の心にあるかけがえのないものを研ぎ澄ますことであり、それは物語を書くこと、生と死、愛、泣かせたり恐怖に震え上がらせたり大笑いさせたりするお話を書くことでなされるのだと。だからこそ私たちは書き続け、来る日も来る日もどこまでも真面目に話をこしらえ続けるのです。

私の父親は昨年亡くなりました。90歳でした。彼は元教師で、非常勤の僧侶でした。彼が大学院生の時に徴兵があり、中国の戦場に送られました。戦後に生まれた子どもでしたので、私は父が毎朝朝食前に長く深い思いのお祈りを家の仏壇でしていたのをよく見たものです。ある時私が尋ねました。どうしてそういうことをするのかと。父は戦争で亡くなった人たちのためにお祈りしているのだと教えてくれました。

父は亡くなってしまったすべての人たちのために、味方も、敵も同じ様に祈っているのだと言っていました。仏壇の前にひざ折る父の背中をじっと見つめながら、私は父の周りに死の影を感じられるような気がしてしまいました。

父は死に、過去の思い出を持って行ってしまいました。その思い出は私は決して知ることのなかったものですが。しかし父に潜んでいたあの死の面影は私の記憶に今も残っています。それは数少ない父から引き継いだものであり、何より大切なもののひとつです。

今日、私はたったひとつだけみなさんにお伝えしたいことがあります。私たちは皆人間であり、一人一人が民族や人種、宗教といったものを超えて、「体制」と呼ばれる固い壁に直面した壊れやすい卵なのです。見たところでは私たちは勝てる望みはないように見えます。壁は高く、強すぎ、そしてあまりにも冷淡ですから。もしも勝つ希望をとにかく持つとすれば、きっとそれは私たちの自分自身と他の人たちの心をかけがえないものとしてとらえるゆるがない無二の信念と、心がひとつになって得られるあたたかさからもたらされることでしょう。

そんなことを少し考えてみてください。私たち一人一人ははっきりとした生きた魂を持っているのです。「体制」にはそんなものはありません。「体制」が私たちを食い物にするのを許すべきではありません。「体制」それ自体が生命を持つことを許してはいけません。「体制」が私たちを作ったのではなく、私たちが「体制」を作ったのです。

私がお話ししたかったのはこういうことです。

エルサレム賞を受賞することを大変感謝いたします。私の本が世界の多くの場所で読まれていることを感謝いたします。そして今日このような形でお話をする機会をいただき、うれしく思います。
------------------
テレビの映像を少し見ましたが、こうして原文を全部読んでみると、報道で一部切り取られている「壁と卵」の話だけでなく、全体がとてもすばらしいメッセージとシャイなユーモアに満ちたスピーチだと思います。こういうことを自分の言葉で発信できる日本人がいて、その人の本が全世界で読まれているということを、誇りに思っていいでしょう。非欧米言語の作家では初めての受賞とのことですし。

お祝いが遅れましたが、村上春樹さん、受賞おめでとうございました。

2/20追記:
ココログニュースで紹介されていた、ちぶぞうさんの翻訳記事です。

村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ(はんどー隊ぶろぐ:2009/02/18)

また、受賞ニュース直後から様々な媒体から情報を集め続けたあひるさんの記事・最終版です。私の記事もリンクいただきありがとうございます。

割れる卵、タフであるということ ~村上春樹のエルサレム賞スピーチメモ、その5(あひるちゃんがゆく:2009/02/20)

こちらはあひるさんのところ経由で知った、現地特派員の書き起こし原稿です。

【英語全文】村上春樹さん「エルサレム賞」授賞式講演全文 - 47トピックス

#「I'm on your side」という言葉がとても響く名曲「明日に架ける橋」収録

明日に架ける橋
明日に架ける橋
posted with amazlet at 09.02.19
サイモン&ガーファンクル
Sony Music Direct (2003-12-17)
売り上げランキング: 8067

#ディープな四国うどん紀行が読めます

辺境・近境 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 11503

|

« TEAM NACS 3/8「情熱大陸」に出演 | トップページ | 2/19発売の「サライ」5号は能・狂言特集 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

すばらしい翻訳ありがとうございます。
全体を見ると、ほんとにユーモアあり、深いメッセージありで、練りこまれたスピーチですよね。マスコミはあんな小さな扱いしないで、オバマ演説のスクリプト並みに広めて欲しい。

投稿: ちぶぞう | 2009/02/20 01:02

>ちぶぞうさん

コメントをありがとうございます。
ちぶぞうさんの翻訳もココログニュースに紹介されていましたね。遅まきながら追記でリンクさせていただきました。
本当に言葉のプロが書いた、渾身のスピーチだと思います。村上春樹さんという人の芯の強さを感じました。マスコミはあまり扱いませんが、きっと私達と同じように感動したブロガーがどんどん広げていくと思います。

投稿: くりおね | 2009/02/20 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹さんのエルサレム賞受賞スピーチ・私訳:

« TEAM NACS 3/8「情熱大陸」に出演 | トップページ | 2/19発売の「サライ」5号は能・狂言特集 »