« 音尾さん 12月の舞台「ラヴ・レターズ」に出演 | トップページ | くるりやゆずや小田和正さんの曲が京浜急行さんの駅メロに »

2008/11/18

映画「銀色の雨」クランクイン

鈴井貴之監督の最新作「銀色の雨」。撮影前からどうでしょうファンの間で話題沸騰ですが、先日クランクインしたというニュースがありました。

米子舞台の映画「銀色の雨」撮影始まる(鳥取県)(NNNニュース:2008/11/17)

米子市を舞台にした映画「銀色の雨」の撮影が17日から始まりました。 映画「銀色の雨」のクランクインを前にスタッフとキャストが米子市の勝田神社を訪れました。そして鈴井貴之監督など19人が祭壇に玉串を奉げ映画の成功を祈願しました。
映画「銀色の雨」は新聞配達をしながら陸上選手を志す男子高校生と引退間際のプロボクサー、スナック勤めの女性の3人が米子で出会い、共同生活を通してそれぞれ成長していくという物語です。映画は来年3月に完成し、鳥取島根両県での先行上映の後、全国の80以上の映画館で公開される予定です。
サイトの記事にはありませんでしたが、動画のアナウンスによると「今月29日には映画のキャストが発表されることになっています」とのことです。正式発表はそこまで待つことになりそうですね。

と言いつつ、アルサン☆はま将軍のブログさんの記事「鈴井貴之第4回監督作品「銀色の雨」キャスト速報!」によると、日本旅行さんの主催する「映画『銀色の雨』撮影エキストラツアー」というものがあり、そこに一部キャストが書かれている模様。そちらの情報によると、あらすじはこのように紹介されています。

高校生の和也(賀来賢人)は日常生活に不安といらだちを感じ、東京に行こうと思い立ち米子駅に向かう。しかし東京行きの列車はすでに出発した後で、路頭に迷う和也の前に知り合いの菊枝(前田亜季)が現れ、菊枝のマンションで一緒に暮らすことに。
数日後、菊枝が務めるスナックにボクサーの章次(中村獅童)が現れる。章次は現実から逃れるように東京から米子にやってきたのだった。そして、とあるきっかけで菊枝と章次は急接近し、和也、菊枝、章次の3人の奇妙な同居生活が始まる・・・。

また、ツアー当日の12/13出演予定者として「中村獅童、輪島功一、竹原慎二」という名前が上げられています。
正式発表前なので変更の可能性もあるとは思いますが、大体このあたりのキャストは変わらないのではないかと。

ともあれ、他の出演者がどうなるのかは正式発表を待つということで、特にNACSの皆さんがどうからんでくるのかが楽しみです。

11/19追記:
「山陰シネマパラダイスblog」さんの記事「映画『銀色の雨』メインキャスト決定とイベントのお知らせ」によると、11月29日(土)に「映画「銀色の雨」制作発表&懇親会」というイベントが開催されるとのことです。概要は下記の通り。

【日 時】
11月29日(土)
午後7時~午後9時

【場 所】
米子コンベンションセンター多目的ホール
鳥取県米子市末広町74

【概 要】
(第一部)
製作発表会
午後7時~7時30分
※メインキャスト(中村獅童、前田亜季、賀来賢人)、鈴井貴之監督、竹山プロデューサー、平井伸治鳥取県知事 他

(第二部)
懇親会
午後7時30分~9時

【参加費】
10,000円
(うち半額を製作協力金に使用されます。)

【詳細について】
0859-35-8111に、お問い合わせ下さい。
または、http://www.bigship.or.jp/(パソコンのみ)を、ご覧下さい。


月のしずく (文春文庫)
浅田 次郎
文藝春秋
売り上げランキング: 41734



#獅童さんというと個人的にはどうもこの映画のイメージが
ピンポン ― 2枚組DTS特別版 (初回生産限定版)
ジェネオン エンタテインメント (2003-02-14)
売り上げランキング: 1750

|

« 音尾さん 12月の舞台「ラヴ・レターズ」に出演 | トップページ | くるりやゆずや小田和正さんの曲が京浜急行さんの駅メロに »

「OFFICE CUE」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/43156506

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「銀色の雨」クランクイン:

« 音尾さん 12月の舞台「ラヴ・レターズ」に出演 | トップページ | くるりやゆずや小田和正さんの曲が京浜急行さんの駅メロに »