« 11/26から日本橋三越さんで「とびっきりの新潟展」開催 | トップページ | 祝・Perfume紅白歌合戦初出場! »

2008/11/24

第一回桂諷会@矢来能楽堂

第一回桂諷会@矢来能楽堂

銕仙会所属のシテ方・長山桂三さん主催の会です。私には初めての矢来能楽堂

「観世喜之」さんの表札が入った門をくぐり、個人のお宅にお伺いするような不思議な感じ。杉並能楽堂に近い印象です。(こちらは椅子席ですが。)

番組と出演者をメモしておきます。(地謡は順不同・※が地頭)
-------------------
第1回 桂諷會 ~ 神々の饗宴
   11月24日(月) 2時開演 於 矢来能楽堂

・素謡 神歌 KAMIUTA 父尉延命冠者

父尉  浅見 真州
延命冠者  長山 耕三
 
地謡  長山禮三郎
 西村 高夫※
 観世 喜正
 安藤 貴康

・舞囃子 養老水波之伝 YOUROU

シテ 山神  観世銕之丞
      
笛  一噌 幸弘
小鼓  大倉源次郎
大鼓  亀井 広忠
太鼓  小寺眞佐人
      
地謡  山本 順之※
 清水 寛二
 柴田  稔
 馬野 正基
 鵜澤  光

・狂言 福の神 FUKUNOKAMI

シテ  福の神  野村 萬斎
アド  参詣人  高野 和憲
小アド 参詣人  竹山 悠樹
 
地謡  石田 幸雄※
 深田 博治
 中村 修一

・仕舞 道明寺  DOUMYOUJI  長山禮三郎
    龍 田  TATSUTA     山本 順之
    賀 茂  KAMO       観世 喜正

地謡  浅井 文義
 柴田  稔
 浅見 慈一
 長山 耕三

・能 三輪 MIWA

前シテ   里女
後シテ 三輪明神  長山 桂三
ワキ  玄賓僧都  宝生  閑
アイ    里人  石田 幸雄
      
笛  一噌 幸弘
小鼓  大倉源次郎
大鼓  亀井 広忠
太鼓  小寺眞佐人
      
地謡 浅見 慈一
 観世銕之丞※
 清水 寛二
馬野 正基
 若松 健史
柴田  稔
西村 高夫
 浅井 文義
 
後見  浅見 真州
 鵜澤  久
--------------------
銕仙会の長山桂三さんの主催する会の初回公演。テーマは「神々の饗宴」とのこと。
八百万の神に向けての畏れや祈りをテーマとしたものを集めた番組になっています。

「神歌」というのは、「翁」のシテ方が担当する部分を謡だけで上演することをいうそうです。浅見真州さんの謡のやわらかい重々しさと桂三さんのどっしりとした明るさが、雲の中から光が射すような神々しさを感じさせました。

そして銕之丞先生の舞囃子「養老」水波之伝。銕仙会の笠井賢一さん執筆によるパンフレットの解説によると、「舞囃子ではこの能のシテは山神で今の御代のめでたさを讃え、祝福して力強く爽快に舞を舞う。」とありますが、本当にまったくこの通りの舞でした。まるで背後にとうとうと流れ落ちる瀧の水が見えるような錯覚も。あまりに素晴しく、息を詰めながら拝見していたので、終わったあとは思わずほうと息をついてしまったくらい。

狂言「福の神」は、めでたい福の神の割にはどこか世知辛かったり御利益重視だったりするところが何だか今の世相を反映しているような気も。面をつけた萬斎さん、気のせいか何だかとても楽しそうに「けーっけっけっけっ」と笑ってたような。やっぱり笑う角には福来る、ですよね。

「三輪」の桂三さんは、どこか初々しく清々しい、美しい神様ぶりでした。地謡と囃子方の作る磁場のようなものが強烈。今日の囃子方は笛が一噌幸弘さん、小鼓が大倉源次郎さん、大鼓が亀井広忠さん。実力と華やかさを兼ね備えた彼等は、神々しいお能にまさにうってつけのメンバーかと。

桂諷會第二回公演は3月22日(日)。国立能楽堂で「道成寺」とのこと。お楽しみに。

ビクター伝統文化振興財団賞 「奨励賞」 第8回 亀井広忠
亀井広忠
日本伝統文化振興財団 (2004-05-25)
売り上げランキング: 121322

女性芸能の源流―傀儡子・曲舞・白拍子 (角川選書)
脇田 晴子
角川書店
売り上げランキング: 186897

|

« 11/26から日本橋三越さんで「とびっきりの新潟展」開催 | トップページ | 祝・Perfume紅白歌合戦初出場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一回桂諷会@矢来能楽堂:

« 11/26から日本橋三越さんで「とびっきりの新潟展」開催 | トップページ | 祝・Perfume紅白歌合戦初出場! »