« 9/10~22 新宿伊勢丹さんに京都「掛札」さん登場 | トップページ | 生協でのお買い物定番品 »

2008/09/11

2008年秋の観劇予定

文化の秋です。そして年に二回の能繁期。行きたい舞台が多すぎて困ってしまう季節です。
以下、9月以降で今のところ観る予定にしている舞台などのメモを。

9月
9月文楽公演
国立劇場 小劇場

<第二部>16時開演

奥州安達原
朱雀堤の段
環の宮明御殿の段
道行千里の岩田帯
一つ家の段
谷底の段

(主な出演者)
竹 本 住大夫
竹 本 綱大夫
鶴 澤 寛 治
鶴 澤 清 治

吉 田 簑 助
吉 田 文 雀
        ほか


楽しみにしていた秋の文楽公演。今回は「奥州安達原」です。能の「安達原」と同じ話を元にしていると思いますが、こちらはどんな見せ方をしてくれるのでしょうか。
ところで第二部は住大夫さん、簑助さんではありません。残念。

★10月
The Diver(ザ・ダイバー)
世田谷パブリックシアター・シアタートラム

[作・演出] 野田秀樹

[出演] 野田秀樹/キャサリン・ハンター/グリン・プリチャード/ハリー・ゴストロウ

★源氏物語の登場人物が時空を越えて現在に蘇る、野田秀樹の決して謎が解けないサイコ・サスペンス★
現代能楽集シリーズ第4弾は、野田秀樹が作・演出・出演する英語上演による『The Diver』。
現代に生きる女性の苦悩を、能楽の「海人」や「源氏物語」の登場人物―葵の上、夕顔、六条御息所ら―の苦悩と重ね合わせ、野田作品らしい重層的な物語が展開します。
『THE BEE』英語版のサラリーマン役で観客を魅了したキャサリン・ハンターの出演も決定。


能楽を元にすると聞いて、これは何としても観たいと思いました。
ところがチケットがとにかく手に入らずあきらめかけていたところ、思いがけずゆずっていただけることに。感謝感激です。
シアタートラムは久し振り。たぶん野田さんの「農業少女」以来かと。

私生活
シアタークリエ

キャスト
内野聖陽・・・ エリオット(シビルの夫であり、アマンダの元夫)
寺島しのぶ・・・アマンダ (ヴィクターの妻であり、エリオットの元妻)
中嶋朋子・・・ シビル  (エリオットの新婦)
橋本じゅん・・・ヴィクター(アマンダの新郎)
中澤聖子・・・ルイーズ(アマンダ所有するパリのアパートのメイド)

久し振りの生・内野くん。しっかりしたストレートプレイのようで、楽しみです。

粟谷能の会・粟谷菊生三周忌追善
国立能楽堂

・番組

『絵馬・女体』シテ・粟谷明生
『木賊』シテ・粟谷能夫

狂言
『無布施経』シテ・野村 萬


昨年も足を運んだ、喜多流・粟谷家の「粟谷能の会」。明生さんのブログには「今回の「絵馬」は、特別なことが起きます!」なんて気になる発言も。一体何でしょう。

第12回 鵜澤久の会 鵜澤光独立披露能
宝生能楽堂


・番組
能  采女美奈保之伝 鵜澤久
狂言 呼声 山本則俊
能  石橋大獅子 鵜澤光・観世銕之丞

女流能楽師・鵜澤久さんのお嬢さんの鵜澤光さんの独立記念公演。披キの「石橋」を見るのは初めてです。
番組は上記だけでなく、舞囃子あり仕舞あり、銕仙会オールスターズ総出演状態です。

★11月
第1回 桂諷會 ~ 神々の饗宴
矢来能楽堂

・番組
素謡 神歌 KAMIUTA
翁  浅見 真州
千歳  長山 耕三

舞囃子 養老水波之伝 YOUROU
シテ 山神  観世銕之丞

狂言 福の神 FUKUNOKAMI
シテ  福の神  野村 萬斎
アド  参詣人  高野 和憲
小アド 参詣人  竹山 悠樹

仕舞 道明寺  DOUMYOUJI  長山禮三郎
   龍 田  TATSUTA     山本 順之
   賀 茂  KAMO       観世 喜正

能 三輪 MIWA

前シテ   里女
後シテ 三輪明神  長山 桂三
ワキ  玄賓僧都  宝生  閑
アイ    里人  石田 幸雄


長山桂三さんの会の記念すべき初回。神様の曲が勢ぞろい、という趣の番組です。矢来能楽堂は初めてなので、そこも楽しみ。

第7回 青葉乃会
国立能楽堂

・番組
解説 本日の演目について   増田 正造(武蔵野大学名誉教授)

仕舞 楊貴妃  YOUKIHI     若松 健史
   邯 鄲  KANTAN     観世銕之丞

狂言 寝音曲 NEONGYOKU
シテ 太郎冠者  野村 万作
アド    主  野村万之介

能 安宅 ATAKA
シテ 武蔵坊弁慶  柴田  稔
子方   源義経  柴田 理沙
ツレ 義経ノ郎党  梅若 晋矢 他


我が師匠・柴田稔先生の会です。
「安宅」で中堅どころが皆ツレなので、地謡は豪華ベテラン陣になっています。
リンボウ先生の事前レクチャーもある「青葉乃会」、お得ですよ~、と宣伝を。

#憲人が「石橋」を披く「秘密」収録。

花よりも花の如く 3 (3) (花とゆめCOMICS)
成田 美名子
白泉社
おすすめ度の平均: 4.5
5 新世紀の成田漫画に思う
5 3つともつぶぞろい
4 頭脳派体育会系だね
4 見知らぬ能の世界
4 能という美しい世界

|

« 9/10~22 新宿伊勢丹さんに京都「掛札」さん登場 | トップページ | 生協でのお買い物定番品 »

「演劇」カテゴリの記事

「能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/42448282

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年秋の観劇予定:

« 9/10~22 新宿伊勢丹さんに京都「掛札」さん登場 | トップページ | 生協でのお買い物定番品 »