« ローソンさんの「すだちとおろしのぶっかけうどん」を試してみた | トップページ | 「京舞のおさらい会で入門を希望された方を探しています」 »

2008/08/23

初心者向け「短期能楽教室」5期生募集中

「能は観るより、やる方が面白い!」

というキャッチフレーズ(?)とともに、今期も短期能楽教室の新規募集がアナウンスされました。

短期能楽教室 5期生の募集(柴田稔blog:2008/08/20)

能は600年以上も続く古典芸能ですが、この歴史の中で洗練され、磨き上げられてきた能の技法を、わかりやすく解きほぐし、体験していただくのが短期能楽教室のねらいです。

能の基礎になっている、謡と仕舞を稽古します。

和ものの文化に触れ、能楽堂に足を運ぶきっかけに利用していただければありがたいです。

稽古は団体稽古ですが、皆さんスタートラインが同じなのでお互いにい刺激しあって、いい仲間感覚で稽古ができるという利点があると思います。

また半年後には発表会をおこないますが、これがいい刺激になっているようです。

8月24日(日)に行います、「第4回 短期能楽教室発表会」をご覧いただき、ご検討いただければば幸いです。


私も昨年の2月にまったく初心者状態でスタートしましたが、実際に自分で謡ってみたり舞ってみたりすることで、日常ではなかなか体験しにくい「和の世界」の深遠さをかいま見ることができたと感じています。私にとっては高校時代に習った古典と日本史の知識でしかなかったものを、その世界を縦横無尽に行き来して物語として再構築されている、そんな印象を持ちました。何よりお話はどれも普遍性があって単純な勧善懲悪ではない深みがあり、なおかつ表現はミニマムでシンプルなあたりモダンでアバンギャルドとも言えます。
加えて、研修講師などの仕事で声を使う時、張りのある声を一日枯らさずに出せるようになりました。これは実利部分でのおまけ的成果ですね。

そして謡で大きな声を出し、仕舞でふだん使わない筋肉を動かすのは、間違いなく体にいいです。
教養も深まり体にもいいお能のお稽古、試してみて損はないですよ。
募集概要は下記の通りです。

短期能楽教室5期生募集概要 

期間    平成20年9月~平成21年2月 (各月2回)

内容    能の謡と仕舞を半年間(12回)稽古し、銕仙会の舞台で発表します。

稽古日  月3回設定し、その中から2回選んでいただきます。

       9月の稽古日は17日(水)午後7時~、20日(土)、23日(祝日)午前10時~

稽古曲目 謡   『鶴亀』  『吉野天人』
       仕舞 『鶴亀』

発表会  平成21年2月(予定)  於 銕仙会能楽研修所

料金   30,000円(仕舞、謡い)
      20,000円(仕舞、謡いどちらか)

必要品  謡本 扇 足袋 (謡本、扇あわせて8,500円)

講師   柴田 稔  観世流シテ方 銕仙会所属


ご興味をお持ちいただいた方、お時間おありでしたら24日13時からの発表会をのぞいてみて下さいませ。

#柴田先生の「青葉乃会」事前レクチャーをお話いただくリンボウ先生の能楽紹介

これならわかる、能の面白さ
林 望 森田 拾史郎
淡交社
売り上げランキング: 328443

|

« ローソンさんの「すだちとおろしのぶっかけうどん」を試してみた | トップページ | 「京舞のおさらい会で入門を希望された方を探しています」 »

趣味」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向け「短期能楽教室」5期生募集中:

« ローソンさんの「すだちとおろしのぶっかけうどん」を試してみた | トップページ | 「京舞のおさらい会で入門を希望された方を探しています」 »