« 「足のつる人 ご相談ください」 | トップページ | CD 「love the world」 Perfume »

2008/07/10

ごはんLOVE お米LOVE

外で働く以上、毎日手作り食事というのはまったく不可能な生活をする中で、さあ何を食べようかと選択する時の自分的ルールのひとつが

一日一食は必ず米粒を食べる

というものです。

うどん、ラーメン、パンなど粉モンたちも、もちろん大好きなんですが、米粒を一度も口にしないとなんだか落ち着かなくて。

以前どこかで読んだ

「小麦ものは製粉しているけど米飯は粒のままなので腹持ちしやすくエネルギー効率がいい」

的な言説が印象に残ってるのかもしれません。

もちろん三回米粒でも全然構わないんですが、失礼ながら、外食で出てくるごはんってけっこうな割合で

まずい

ので一気に食欲減退してしまうという、やっかいな舌を持ってる私は新潟出身。
新潟というのは米も魚も野菜も肉も、何を食べても地元ものでフツーにおいしかったので、それがデファクトスタンダードだと思って育ったら大間違いでした。きっと実家の母が料理上手だったということもあるのでしょう。で、口だけやたら肥えた困ったちゃんな私が一丁上がり、でございまして。とほほ。

まあそれでもおかずはそんなにこだわりませんが、お米だけはどうしても難しい。
別に魚沼産コシを使えなんて無体な事を言うつもりは毛頭なく、ちゃんとお水につけてちゃんと炊いてあげて、ちゃんと蒸らしてくれればそのお米なりのおいしさを発揮するんですよ。ササニシキだって北海道米だって、お米に合った炊き方をすればちゃんとおいしいんです。

だのにー、なーぜー。
何をどうしたらこんなにべちゃべちゃしてへなへなしてしかもヌカ臭いごはんになるんだまったく、というごはんに出会ってしまうとその日ずっとブルーになってしまうんです。ま、ひどさにも度合いがあるんで、濃い味付けのおかずの時は何とかやり過ごせたりもしますが。
コンビニおにぎりも塩水で炊いてつや出しに油塗ってるとか聞くとげんなりしちゃうし。

まあそんなわけでごはんものは安心できるとわかってるお店でない時は、必然的に粉モンの世界へ。
でなければ家からおにぎりだけ握って持ってくるという手段。
うちのお米は産直岩船産無農薬コシヒカリで、IHジャーで炊いてますので、自分的には合格ライン。

いや特に何があったわけでなく、突然ごはんへの愛を語りたくなっただけです。ヤマなしオチなし失礼。



新潟はイタリアだ―躍る食材テンコ盛り
柳生 直子
ネスコ
売り上げランキング: 614998

|

« 「足のつる人 ご相談ください」 | トップページ | CD 「love the world」 Perfume »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新潟、それも浦佐に住んでいたとき、米というと魚沼産コシヒカリか標準米しか売ってないのと、町のあちこちにコイン精米機があるのとでびっくりした記憶があります。

安いレストランとかのご飯は、一度に大量に炊くのがいけないのでしょうか。よく電子レンジで炊けるふた付きのどんぶりを使ってますが、なかなかおいしく炊けます。

投稿: 山口 浩 | 2008/07/12 20:32

其々のお米に見合う炊き方なり、美味しく炊ける方法など、ネット上でも紹介されているぐらいですし、その通りの手順でやれば、普通に美味しく炊ける(ハズ)と思うのですが、ごはんが不味いとがっかりしてしまいますね。お水が美味しくなかったのか、お米が古かったのか、はてさて…(苦笑)

色々試してみましたが、新潟産のコシヒカリはやはり美味しいです。魚沼産でなくとも。お餅も。
昔はササニシキもよく並んでいましたけれど、最近は見かけないです…。

投稿: 凛花 | 2008/07/13 01:32

>山口浩さん
コイン精米機は驚かれる方が多いようですね。実際お米は炊く直前に精米するのがおいしいそうなので、農家の方々は少しでもおいしいご飯を食べるためにあれを活用されているのかもしれません。

少量でも、電子レンジでも、丁寧に炊けばきっとおいしいと思うんですよね。あのおいしくないご飯は、水加減をいいかげんにしてるんじゃないかと邪推しています。

>凛花さん
ササニシキ、聞かなくなりましたね。さっぱりした食味は、きちんとだしを引いたあっさりした和食には本来とても合うお米のはずなんですが、コシヒカリ一辺倒みたいになってしまっていて残念です。

投稿: くりおね | 2008/07/14 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/41795020

この記事へのトラックバック一覧です: ごはんLOVE お米LOVE:

« 「足のつる人 ご相談ください」 | トップページ | CD 「love the world」 Perfume »