« 小鼓体験&能舞台バックステージツアーのご案内 | トップページ | 新潟の夏のうまいもんを表参道で »

2008/07/21

STAGE 七月大歌舞伎「義経千本桜」 歌舞伎座

Kabuki_july_poster知人からお誘い頂き、七月大歌舞伎昼の部を鑑賞。
演目は「義経千本桜」の「鳥居前」「吉野山」「川連法眼館」。「市川海老蔵宙乗り狐六法相勤め申し候」のただし書きがある通り、海老蔵丈の宙乗り狐忠信が見どころ。

※以下内容に触れているため、これから鑑賞ご予定の方、特に「義経千本桜」初見の方はできれば鑑賞後にお読みください

主な配役は下記の通り。

鳥居前
      佐藤忠信実は源九郎狐    海老蔵
             源義経    段治郎
             静御前    春 猿
            早見藤太    市 蔵
           武蔵坊弁慶    権十郎
吉野山
      佐藤忠信実は源九郎狐    海老蔵
             静御前    玉三郎
川連法眼館
       佐藤忠信/源九郎狐    海老蔵
             源義経    門之助
            川連法眼    寿 猿
             妻飛鳥    吉 弥
            駿河次郎    薪 車
            亀井六郎    猿 弥
             静御前    玉三郎

総勢6人での観劇だったが、取っていただいたチケットが12列目の5番から10番。こちらの座席表をご覧いただければおわかりいただける通り、花道の真横なのだ。これはすごすぎ。

以前文楽で観たのとまったく同じ場面を人間がやるということで、どんな風になるか楽しみだった。
そして結果は、狐忠信が乗り移ったような海老様のオーラとテンションにひたすら圧倒されまくった時間であった。

もともと眼力のある海老様、隈取りでその迫力を否が応でも増した顔と太い腕一杯で行われる一幕目の退場時の「狐六方」と言われる、花道での独特の六方は華やかでパワー満点。
二幕目での玉三郎との相舞は、満開の桜と流れる清流の大道具を背景に、美男美女の息の合い方も見事。ここで行われていた、忠信が投げた扇を静御前が受けるという趣向は文楽の時人形でも実際行われていて、その技の見事さに拍手喝采だったことを思い出した。

そして何より「川連法眼館」の場。早変わり、狐言葉、そして欄干渡りなどのケレンの技を次から次へと鮮やかに見せながら、人とは思えぬ様子で最後の宙乗りへと。花道の上空を宙に浮かんで進みながら、完全にあっちの世界に行ってしまっているようなはしゃぎっぷりに、落ちてしまうのではないかとハラハラしてしまうくらい。

忠義と孝行を縦糸に、幻想を横糸に、力のある役者さん達が色とりどりに綴る絢爛豪華な唐織を見るような作品だった。

Kabuki_july_makunouti_2当日のお昼は、最初の幕間に2階の芝居茶屋で18名限定「幕の内」を。チケットのお世話をしてくれた方がこちらも予約してくださった。
甘味付きで少しずついろいろなおかずが楽しめ、特に枝豆の寄せ豆腐が美味。一見少なめの量に見えたが、これが意外と腹持ちがよかった。機会があればおすすめ。

参考リンク:
歌舞伎:七月大歌舞伎(歌舞伎座) 女性の悲しみを描き出した玉三郎(毎日.jp:2008/07/14)

関連エントリ:
STAGE 文楽「義経千本桜」 国立劇場小劇場(2008/02/28)

歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切
NHKエンタープライズ (2004-07-23)
売り上げランキング: 15528

|

« 小鼓体験&能舞台バックステージツアーのご案内 | トップページ | 新潟の夏のうまいもんを表参道で »

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGE 七月大歌舞伎「義経千本桜」 歌舞伎座:

« 小鼓体験&能舞台バックステージツアーのご案内 | トップページ | 新潟の夏のうまいもんを表参道で »