« NHK「真夜中なのに生放送 連休明けてもさだまさし」5/11放映 | トップページ | 春キャベツと豚肉の重ね鍋 »

2008/04/15

2008年春・初夏の観劇予定

あまり多くは行けないなあと思いつつ、何だかんだと気がつけば月に一度は予定が入ってきてました。
以下、4月以降で今のところ観る予定にしている舞台などのメモを。

4月
四月大歌舞伎
歌舞伎座

昼の部

一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)

  十種香
            八重垣姫  時 蔵
            武田勝頼  橋之助
           白須賀六郎  錦之助
            原小文治  團 蔵
            腰元濡衣  秀太郎
            長尾謙信  我 當

二、熊野(ゆや)
              熊野  玉三郎
              従者  錦之助
              朝顔  七之助
             平宗盛  仁左衛門

三、刺青奇偶(いれずみちょうはん)

             半太郎  勘三郎
              お仲  玉三郎
          荒木田の熊介  亀 蔵
          赤っぱ猪太郎  錦 吾
             太郎吉  高麗蔵
           鮫の政五郎  仁左衛門

玉三郎さんと仁左衛門さんが揃うこの公演、たまたま縁があってチケットが取れました。お二人とも生で拝見するのは初めてなので、とてもうれしいです。

★5月
小澤征爾×新日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会
サントリーホール

プログラム:
モーツァルト作曲 ディヴェルティメント ニ長調 K.136
モーツァルト作曲 オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314 
チャイコフスキー作曲 交響曲第6番 ロ短調「悲愴」

* 指揮:小澤征爾
* オーボエ:古部賢一

観「劇」ではありませんが、ライブに出かけるということでご勘弁を。
これも小澤征爾×新日本フィルの文字を見て「これは行かねば!」と予約申込し、無事取れました。
モーツァルトのオーボエ協奏曲はのだめで黒木くんが「ピンクのモーツァルト」として吹いていたあの曲ですよね。

★6月
能楽現在形 劇場版@世田谷
世田谷パブリックシアター

・番組
《観世流》 
半能『融 十三段之舞(じゅんさんだんのまい)』 シテ:観世喜正ほか
能『舎利』 シテ:片山清司 ツレ:関根祥人 ワキ:宝生欣哉 間:野村萬斎
      笛:一噌幸弘 小鼓:観世新九郎 大鼓:亀井広忠 太鼓:助川治ほか

「舎利」は初めての曲です。京都を拠点とする片山清司さんを東京で観れるのも楽しみ。

渋谷・コクーン歌舞伎 第九弾「夏祭浪花鑑」
シアターコクーン

出 演
団七九郎兵衛・・・中村勘三郎
一寸徳兵衛・・・中村橋之助
徳兵衛女房お辰/☆玉島磯之丞・・・中村勘太郎
傾城琴浦/☆徳兵衛女房お辰・・・中村七之助
三河屋義平次・・・笹野高史
大鳥佐賀右衛門・・・片岡亀蔵
釣船三婦・・・坂東彌十郎
団七女房お梶・・・中村扇雀

去年平場席で観てとても楽しめた「コクーン歌舞伎」、今年も無事平場席が取れました。

銕仙会青山能」6月公演
銕仙会能楽研修所

・番組
仕舞「柏崎」クセ 鵜澤久   
狂言「膏薬煉」 深田博治  
能「鵺」 柴田稔

われらが柴田先生のシテ出演作ですので、何とか行きたいところです。(チケットは未入手)

★7月
道元の冒険
シアターコクーン

作 井上ひさし
演 出 蜷川幸雄
出 演 阿部寛、栗山千明、北村有起哉、横山めぐみ、高橋洋、大石継太、片岡サチ、池谷のぶえ、神保共子、木場勝己

大学生の頃読んで爆笑した記憶のある井上ひさしさんの「道元の冒険」。舞台で見るのは初めてです。生・阿部ちゃんも期待どころ。

モーツァルト:オーボエ協奏曲
ベーム(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2005-12-14)
売り上げランキング: 1301

京鹿子娘道成寺
京鹿子娘道成寺
posted with amazlet at 08.04.15
松竹ホームビデオ (2003-01-25)
売り上げランキング: 2785

|

« NHK「真夜中なのに生放送 連休明けてもさだまさし」5/11放映 | トップページ | 春キャベツと豚肉の重ね鍋 »

「演劇」カテゴリの記事

「能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

くりおねさん、今晩は。
4月の大歌舞伎、観てまいりました。
勘三郎さん、玉三郎さん、仁左衛門さん、ご出演とあって3階席は早々と全日完売でした。

「刺青奇偶」がよかったです。

「十種香」は、元々かなり複雑に入り組んでいるお話のほんの一部なので(苦笑)わかりづらいのではと思いますが、赤姫・時蔵さんの袂の動き、所作の美しさにご注目を・・・。
玉三郎さんは最近「紅葉狩」「船弁慶」そして「熊野」と、能とりものの舞踊に力を入れていらっしゃるようです。

小澤さんのチケットも無事に取れてよかったですね。小澤さんも、すぐに完売になってしまうので。番組の内容も親しみやすい曲でいいですね。

投稿: 凛花 | 2008/04/16 01:07

>凛花さん
4月の大歌舞伎、行かれたんですね。
これまでも何度もチケット取りに挑戦してみましたが全然ダメで、今回は本当にラッキーでした。じっくり堪能してきます。

投稿: くりおね | 2008/04/17 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/40891352

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年春・初夏の観劇予定:

« NHK「真夜中なのに生放送 連休明けてもさだまさし」5/11放映 | トップページ | 春キャベツと豚肉の重ね鍋 »