« 大泉さん 「日本映画マガジン」の表紙を飾る | トップページ | BOOK 「アイヌ語地名で旅する北海道」北道 邦彦 »

2008/04/08

BSNラジオの新潟弁講座「今日も新潟弁でナイスデイ!」にリニューアル

3月24日に最終回だった「今すぐ使える新潟弁」が、翌週31日より「新・新潟弁講座~今日も新潟弁でナイスデイ~」とリニューアルした模様です。
ポッドキャストサイトは以前のもののまま、というのはご愛嬌。

3月31日(月)今日も新潟弁でナイスデイ!

今回は、断定の「ら」の発音です。例えば、「あ、蝶だ」と言う時、新潟弁では「蝶だ」の「だ」を「ら」と発音して、「あ、蝶ら」になります。

同様に「駄目だった」と言う場合も、「だった」が「らった」になり「駄目らった」となりますし、「これ、君のだ」と質問する場合も、「これおめさんのら」という言い方になるのです。


と、ブログの記事そのものは淡々と書かれていますが、Podcastを聴くとメンバーチェンジもあったりして、また新鮮な気分になりました。

新メンバーは下記の通りです。

進行役→バンナイコウジさん(漢字不明)
発音指導→山本さん
生徒→さとみちゃん

前任者・近藤アナによく似た声のバンナイ講師、相変わらずマイペースの山本さんとのかけあいもいい感じです。
さとみちゃんという生徒も加わり、時間が少々延びたようですね。なかなか楽しそう。

4月7日のテーマは「行く」。こういう内容です。

新潟弁では「行く」でなく「行ぐ」と発音するんです。ですから、例えばカラオケに誘われた時には、「あっ、行く、行く」ではなく「あ、行ぐ、行ぐ」となるのです。「行ぐ」は新潟弁の必須単語です。「行がね、行ぎて、行ぐ時、行げば、行げ、行ごよ」という風に、「行ぐ」の活用と発音の練習も何度も練習しておいて下さい。

基本的な語尾の変化をしばらくはやっていくようですね。新潟弁は語尾が特徴的ですので、大事な部分です。

ところで、この「新潟弁講座」、てっきり週一回の番組なのかと思っていたら、実は違ったのです。
新潟弁講座を検索していて見つけたのが「近藤丈靖の独占ごきげんアワー」。この左サイドバーに、こんなリンクがありました。
-----------------------
★9:40 新潟弁アワー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(月)今日も新潟弁でナイスデイ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(火)新潟弁クイズ
(出場者募集中!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(水)さっさんのなぞなぞ大好き!(出演園児募集)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(木) スティーブとジェーンのおしゃれトーク(リクエスト募集中!!)
----------------------
月曜から木曜まで毎日「新潟弁アワー」だったとは。
新潟在住でないので知らなくて当然といえば当然ですが、いやちょっと不覚でした。微妙にくやしい。

ともあれ、毎週月曜更新の「今日も新潟弁でナイスデイ!」、これからも楽しみです。

※地元の方には蛇足になりますが、新潟市の繁華街に「坂内小路(ばんないこうじ)」(位置はこのあたり)という小路があるということを補足しておきます。

今すぐ使える新潟弁~文法編~
特殊企画 近藤丈靖 山本さん 伊勢みずほ 増山由美子 本間香
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2005-12-07)
売り上げランキング: 82200

|

« 大泉さん 「日本映画マガジン」の表紙を飾る | トップページ | BOOK 「アイヌ語地名で旅する北海道」北道 邦彦 »

新潟」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BSNラジオの新潟弁講座「今日も新潟弁でナイスデイ!」にリニューアル:

« 大泉さん 「日本映画マガジン」の表紙を飾る | トップページ | BOOK 「アイヌ語地名で旅する北海道」北道 邦彦 »