« 日経アソシエ巻頭インタビューに狂言師・茂山宗彦さん登場 | トップページ | 2/10 「旭山動物園日記2008冬」全国ネットで放映 »

2008/02/08

六花亭さんの「童謡菓撰」

昨年から立て続けに、「雪やこんこ」「どこかで春が」「ずいずいずっころばし」というなつかしい童謡のタイトルを冠した新製品をリリースされてきた六花亭さん。

このほのぼのとしたお菓子三種を詰め合わせにした商品が発売されました。

童謡をモチーフにしたお菓子の詰め合わせ ~童謡菓撰~

六花亭さんの他のお菓子同様、どのお菓子も素朴でやさしい味わいが魅力的です。
ずいずいずっころばし」は年末に試してみましたが、味噌味とごまの組み合わせが新鮮でした。甘いものが苦手な方もお楽しみいただけると思います。

また、時節柄バレンタイン商品も用意されています。

01.VT ホワイトチョコ
1枚 125円
良質のココアバターと北海道のミルクをたっぷり使って、なめらかに仕上げました。

02.VT マンス・ショコラ
1箱(36枚入)500円
わずか2mmの薄さにこだわった、さらりとした口どけのビタスィートチョコレート。ローストカカオニブを散らしました。

03.VT 大地
1箱(24個入)525円
敷き詰められた石畳をセミスィート味のチョコレートで表現しました。

04.VT ストロベリーチョコ(ホワイト)
1箱(115g入)525円
ほどよい酸味と赤い果肉が特徴の完熟苺をフリーズドライにし、ホワイトチョコレートでコーティングしました。

05.VT ストロベリーチョコ袋入ホワイト
1袋(80g入)315円
フリーズドライの甘酸っぱい苺を自社製のホワイトチョコレートで包みました。

06.VT かしわ林
1箱(30枚入)500円
柏の葉をかたどった、ひと口サイズのチョコレートです。ビタスィート・ミルク・モカホワイトの3種類を詰め合わせました。


赤い花をあしらったバレンタイン用の包装が、普段とはまた違った、ちょっとおしゃれした六花亭という雰囲気です。

立春とは名ばかりの厳しい冷え込みが続く今日この頃ですが、六花亭さんのやさしいお菓子でほっと一息つかれてみてはいかがでしょうか。普段使いのおやつには、「おやつ屋さん」がおすすめです。2月のおやつ屋さんは初登場の六花亭オリジナルコーヒーも入っています。

決定盤 こころの童謡~想い出の愛唱歌100選~
オムニバス 桑名貞子 コロムビアゆりかご会 川田正子 鳥海祐貴子 ボニージャックス
コロムビアミュージックエンタテインメント (2001/09/21)
売り上げランキング: 26079

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
金子 みすゞ 矢崎 節夫
JULA出版局 (1984/08)
売り上げランキング: 4019

|

« 日経アソシエ巻頭インタビューに狂言師・茂山宗彦さん登場 | トップページ | 2/10 「旭山動物園日記2008冬」全国ネットで放映 »

「ショッピング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/17924636

この記事へのトラックバック一覧です: 六花亭さんの「童謡菓撰」:

« 日経アソシエ巻頭インタビューに狂言師・茂山宗彦さん登場 | トップページ | 2/10 「旭山動物園日記2008冬」全国ネットで放映 »