« 3/20 WOWOWで「恐れを知らぬ川上音二郎一座」放映 | トップページ | 第三期短期能楽教室 お稽古十一日目 »

2008/02/11

movaからFOMAへ

D905i_s今さらではあるのですが、携帯電話を機種変更しました。
ずっとmovaだったのがようやくFOMAになったわけです。

実際前の機種が壊れたりしたわけではなく、少々バッテリの持ちが悪くなってきた以外はあまり不便は感じていなかったのですが、世の中がだんだんFOMAになるにつれFOMAでないと使えないサービスが増えてきているような気がしていました。また携帯料金を何とか節約できないものかと思っていたこともあります。

で、決定的に背中を押したのが。
以前ご紹介した「今すぐ使える新潟弁」の着うたサービスがFOMAしか使えないこと。
やっぱり山本さんの「おめさん、電話らよ~」を自分の電話で鳴らしてみたいという誘惑には勝てず、なんともマニアックな理由で機種変更をする羽目になったわけでして。D506iからD905iにいたしました。

D506i_and_d905iごらんの通り前機種と比べると、画面の大きさや解像度がまったく違います。帰りが遅い時はワンセグのお世話になるかもしれませんが、不安のない美しさ。同じDで機種変更しているので基本的な操作はそんなに変わらず、移行もおおむねスムーズです。

D905i_l表示部をスライドさせ、キーボード部分を出した写真がこちら。写真では何だか頭でっかちのように見えなくもないですが、実際手の上で操作する分には気になりません。また意外と威力を発揮しているのが、ダイヤル風になっている「スピードセレクター」。押してもよし、回してもよしの操作性はかなりgoodです。

いつも持ち歩く身近なガジェットだけあって、皆さま携帯にはいろいろとこだわりポイントがあるのでしょう。私はあまりないのですが、初めて買ったのが当時一番小さいという理由で選んだDだったため、そのままずっとDで来ているというのが正直なところ。と言いつつメールの扱いがやりやすいのが気に入っているポイントのひとつではあります。

前回機種変更した時は初めてカメラつき機種にして、意外と活躍するのに驚いた記憶があります。今回はワンセグにびっくり。次に機種変更する時は、いったいどんな新しい携帯の世界が待っているのでしょうね。

参考リンク:
ケータイ新製品SHOW CASE D905i(ナチュラルホワイト)(ケータイWatch:2008/02/01)

ワンセグ録画のハイライト再生に対応「D905i」(ケータイWatch:2007/11/01)

携帯マスターNX3 ALL 全キャリア版
ジャングル (2007/12/06)
売り上げランキング: 1028

|

« 3/20 WOWOWで「恐れを知らぬ川上音二郎一座」放映 | トップページ | 第三期短期能楽教室 お稽古十一日目 »

「グッズ・ガジェット」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/40088527

この記事へのトラックバック一覧です: movaからFOMAへ:

« 3/20 WOWOWで「恐れを知らぬ川上音二郎一座」放映 | トップページ | 第三期短期能楽教室 お稽古十一日目 »