« 「魔法遣いに大切なこと」アニメ放映から5年後の実写映画化 | トップページ | シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」公開で中村勘三郎さんの舞台挨拶が緊急決定 »

2008/01/08

大泉さんまたもねずみ男に 「ゲゲゲの鬼太郎」第2弾撮影決定

最近なかなかOFFICE CUEの皆さま関連のニュースを追いかけられずにおります。
そうすると、自分のブログのアクセス解析検索キーワードで「あれ、何かあった?」と気づく羽目に。
年末から妙に「大泉」「ねずみ男」のキーワードでアクセスされる数が増えていて「なんでかなあ」と思っていたのですが、OFFICE CUE公式サイト

「映画「ゲゲゲの鬼太郎」最新作に出演決定!!」

というお知らせを見て「あ、これだったのか!」とようやく納得。

 若い女性が失踪する事件が続発、現場には決まって“銀の鱗”が残されていた。被害者からの依頼を受け、鬼太郎が捜査に乗り出すと、凶悪な“悪霊”が現世に放たれたという事実がつきつけられる。封印するためには5つの“神器”が必要だった。いにしえの神器を求め、旅立つ鬼太郎たち。しかし、その行く手には邪悪な妖怪たちの影が―。謎が次第に明らかになると、そこには、千年を超えて甦った人間と妖怪の切ない恋物語があった。一方、人類への復讐から世界を破滅に導こうと企むぬらりひょんの手によって、最凶最悪の妖怪が現世に甦ろうとしていた。鬼太郎はその哀しい真実と恐るべき事実を乗り越え、人間を守るという使命を成し遂げることが出来るのか?

●原作:「ゲゲゲの鬼太郎」 水木しげる
●監督:本木克英(「釣りバカ日誌イレブン」、「ドラッグストアガール」)
●出演:
ウエンツ瑛士、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋・緒形拳、寺島しのぶ、萩原聖人、佐野史郎、笹野高史ほか


出演者一覧のウエンツくんから室井さんまでは前回も出演されてますが、緒方さん以降が新キャストということでしょうか。緒方さんはスポーツ報知の記事では

特殊メークで撮影した緒形はノリノリ。「ぬらりひょん、その名のとおり、ぬらりと出てきて飄々(ひょうひょう)としていたいです」と意気込んだ。

なんて楽しんでいる様子。

サンスポの記事は写真が多く載っています。(ただし大泉さんはなし)

鬼太郎ウエンツ今夏続編決定!豪華俳優陣があの妖怪に大変身(SANSPO.COM:2008/01/07)

 鬼太郎の強敵「ぬらりひょん」役を緒形拳(70)が演じる=写真上=ほか、「濡れ女」役に寺島しのぶ(35)=同下=、「蛇骨婆」役に佐野史郎(52)、「井戸仙人」役に笹野高史(59)と、豪華な俳優陣が特殊メークで妖怪姿を披露する。

 物語は、前作以上に妖怪と人との“許されざる恋”に焦点を当てるといい、濡れ女と恋に落ちる人間役には萩原聖人(36)を起用。前作と同じく本木克英監督(44)がメガホンを執り、今夏公開される予定だ。


この夏公開、となると、大泉さん初主演作「アフタースクール」が5月公開予定ですので、そのあとすぐにまたスクリーンに大泉さん登場、ということになるわけですね。まあもっともねずみ男のメイクをしてるので、大泉さんという実感がわくかどうかは別ですが。


ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2007/10/26)
売り上げランキング: 1999



NHK特集「シルクロード」オリジナル・サウンドトラック シルクロード
喜多郎
ポニーキャニオン (2002/09/19)
売り上げランキング: 10579

|

« 「魔法遣いに大切なこと」アニメ放映から5年後の実写映画化 | トップページ | シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」公開で中村勘三郎さんの舞台挨拶が緊急決定 »

「OFFICE CUE」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/17624860

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉さんまたもねずみ男に 「ゲゲゲの鬼太郎」第2弾撮影決定:

« 「魔法遣いに大切なこと」アニメ放映から5年後の実写映画化 | トップページ | シネマ歌舞伎「野田版 研辰の討たれ」公開で中村勘三郎さんの舞台挨拶が緊急決定 »