« 東京都主催 「こども能チャレンジ」 | トップページ | 京都・ひさご寿司さんの「チンする蒸しずし」 »

2008/01/20

「まんずなぁ なしてこったに雪降るべ」

日本全国寒波にすっぽり包まれている今日この頃ですが、竹善さんのブログに「まんずなぁ なしてこったに雪降るべ」という題名の記事がアップされ、

さあみなさん、どんな意味か訳してください♪

という挑戦状が。

回答はその日の夜中に

答え:本当にねえ、どうしてこんなに雪が降るんだろう

と書き込まれたようですが、実はこれ伊藤園さんの「お~いお茶」の裏に書かれている「新俳句大賞」の第十七回入賞作のようです。調べてみたら、佳作特別賞を受賞した青森県・太田千尋さん(16歳)の作品でした。

「まんずなぁ」という溜息、「なしてこったに」という驚き、「雪降るべ」という嘆き。最小の語数でただただ降り続ける雪を目の前にした雪国の人間の気持ちを見事に表現しています。

試しにこれを新潟弁で言うとしたら、こんな感じでしょうか。

や~いや~ なーしまたこんげに 雪降っろ

字余りにて失礼。

今夜は東京も雪という予報です。みなさまどうか暖かくしてお過ごしください。そして明日の朝の出勤はお気をつけて。

参考リンク:
関東南部、21日に積雪の見通し 気象庁が注意呼びかけ(asahi.com:2008/01/20)

津軽弁かるた
津軽弁かるた
posted with amazlet on 08.01.20
ディスカバリークリエイティブ
売り上げランキング: 2231

今すぐ使える新潟弁~日常生活編~
特殊企画 近藤丈靖 山本さん 佐野佳世 増山由美子
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2005/12/07)
売り上げランキング: 64476

|

« 東京都主催 「こども能チャレンジ」 | トップページ | 京都・ひさご寿司さんの「チンする蒸しずし」 »

「新潟」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恐らくコメントでははじめまして。
さて、私は青森に6年ほど滞在していましたので、すぐにわかりました。

現在、京都にいますが、天気予報と違いまったく雪が降りませんでした。

で、京都弁、あるいは関西弁では、
「なんでやねん、このえらい雪の降り方は」といった感じになります。

以上、こちらも俳句にならず失礼致しました。

投稿: 小島愛一郎 | 2008/01/21 20:19

>小島愛一郎 さん
コメントをありがとうございます。
青森にもいらしたんですか。それならすぐにわかりますね。

「まんずはぁ」が関西弁では「なんでやねん」になるんですね。なるほど。

「ひどい雪だなあ」とぼやかずにいられない、でもないとどこか寂しいのが雪だったりします。まあ私は2~3メートルも積もらない地域の人間だから言える話ですが。

投稿: くりおね | 2008/01/24 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/17761373

この記事へのトラックバック一覧です: 「まんずなぁ なしてこったに雪降るべ」:

« 東京都主催 「こども能チャレンジ」 | トップページ | 京都・ひさご寿司さんの「チンする蒸しずし」 »