« 1/20 外苑前で音声ガイド付きのバリアフリー映画祭「第1回 City Lights 映画祭」開催 | トップページ | 2007年アクセスTOP30記事 »

2008/01/05

STAGE 能「井筒」 狂言「武悪」 他 (三聲会第二回公演) 杉並能楽堂

昨年クリスマスイブに、成田美名子さんも応援する三聲会第二回公演に行ってきた。
三聲会は三役すべて揃っており、シテ方馬野正基さん、笛方竹市学さん、狂言方山本泰太郎さん&則孝さん、ワキ方館田善博さんというメンバー。(各人のプロフィールはこちらをご参照ください。)

番組は以下の通り。

-------------------
・狂言一調 おかしき天狗 OKASHIKITENGU
 山本 則俊
太鼓  観世 元伯

・狂言 武悪 BUAKU

シテ   武悪  山本 則孝
アド   主人  山本東次郎
〃  太郎冠者  山本 則直

・能 井筒 IZUTSU

前シテ       里女
後シテ     有常ノ娘
 馬野 正基
ワキ    旅僧
 舘田 善博
アイ   所ノ者
 山本泰太郎
      
笛  竹市  学
小鼓  観世新九郎
大鼓  原岡 一之
      
地謡
谷本 健吾
柴田  稔
長山 桂三
浅井 文義
浅見 慈一
岡田 麗史
 
後見
観世銕之丞
観世 喜正
-------------------------
地謡で出演されていた柴田先生のエントリ「 杉並能楽堂で「三聲會」」にあるように、会場は杉並能楽堂。初めて伺う能楽堂だったが、住宅地の中の普通の日本家屋の中に座布団の客席の能舞台が入っていた。看板が出ていなければまったくわからないだろう。
先生のエントリの写真にもあるように、正面、脇正面が全面ガラス窓になっていて、外の光が入って来るようになっている珍しい造りだった。日が陰って来るに連れてあかりの加減も自然に移り変わり、不思議な効果を与えていた。

狂言「武悪」は山本家二代揃った豪華共演。三聲会は若手主体の会というのは承知しつつ、山本東次郎さんの程よく枯れたおかしみはやはり年齢を重ねた方ならではのもので、充分に堪能させていただいた。特に爪先立ちで武悪の幽霊を確かめようとする、そのよろよろとした足どりはつい爆笑。

能「井筒」は日が傾いていく中での上演となったが、最後までぴんと緊張の糸が張った、若々しい印象の舞台だった。個人的に時間が気になりながらの観能だったため、完全に集中できなかったのが悔やまれる。また、終盤のクライマックス手前のところで携帯の着メロが鳴るというアクシデントが残念だった。

当日配布されたチラシで「三聲会サポーターズクラブ公式サイト」が公開されていることを知った。今後の予定はこちらをチェックしていけば大丈夫だろう。ちなみに次回公演は6月14日(土) 13時から、喜多能楽堂にて。演目は狂言「通円」能「熊野 村雨留」。

#三聲会応援マンガ「三聲会GO!」掲載巻

花よりも花の如く 5 (5) (花とゆめCOMICS)
成田 美名子
白泉社 (2007/08/17)



能楽名演集 能「井筒」 観世流 観世寿夫、宝生閑
NHKエンタープライズ (2006/08/25)
売り上げランキング: 24844



山本東次郎家の狂言
山本東次郎家の狂言
posted with amazlet on 08.01.04
日本伝統文化振興財団 (2007/05/23)
売り上げランキング: 78659

|

« 1/20 外苑前で音声ガイド付きのバリアフリー映画祭「第1回 City Lights 映画祭」開催 | トップページ | 2007年アクセスTOP30記事 »

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGE 能「井筒」 狂言「武悪」 他 (三聲会第二回公演) 杉並能楽堂:

« 1/20 外苑前で音声ガイド付きのバリアフリー映画祭「第1回 City Lights 映画祭」開催 | トップページ | 2007年アクセスTOP30記事 »