« 4th anniversary | トップページ | ジョニー・デップの新作について語ろうとする男子学生達の会話 »

2008/01/16

新潟市の「りゅーとぴあ能楽堂」でバックステージツアー開催

能楽堂を擁する、全国でも珍しい総合芸術ホールである新潟市芸術文化会館(通称りゅーとぴあ)
能・狂言などの古典芸能も積極的に主催公演を実施していますが、今月能楽堂のバックステージツアーが開催されるとのこと。

りゅーとぴあ能楽堂バックステージツアー

1/18(金)19:00~、19(土)13:00~ ※各回所要約1時間半、開場15分前 会場:能楽堂

大好評のバックステージツアー。
今回は新潟市内唯一の“能楽堂”をご紹介。能舞台体験のほか、お能の鑑賞ガイドなどもあります。お能は難しそうという方は、まずここからスタートしてみては。

※動きやすい服装・履物でご参加ください。
※未就学児の同伴はご遠慮願います。

見学場所: 能楽堂、及びバックステージ(舞台裏、楽屋ほか)
対 象: 小学生以上(小学生には保護者の同伴が必要です)
定 員: 各回30人


内容としては能楽堂の紹介、能楽鑑賞の基礎、能舞台体験といったプログラムを用意している模様。
足袋を履いて能舞台を実際に歩けるなんて、そうそうある機会ではありませんので、能楽は初めて、という皆さまにぜひ試してみていただきたい企画です。

さて、能舞台のバックステージツアーと言えば、私としては柴田稔先生が2年前に実施したものが記憶に新しいところです。詳しくは先生のブログエントリ「第1回バックステージツアー、無事終了!」をお読みいただけたらと思いますが、能楽の成り立ちの説明あり、舞台のみならず鏡の間や楽屋まで解説付きでじっくり見せていただく案内あり、成田美名子さんや面打師の石塚しげみさんを迎えてのゲストトークあり、謡体験に仕舞実演ありの、盛り沢山のものでした。実際ここに出席されて、短期能楽教室に申し込まれた方が多かったと思います。

三間四方のあの空間に実際に入ってみるのはとても不思議でわくわくする時間でした。
一人でも多くの新潟のみなさまに、あの空間を味わってみていただきたいなあ、なんて勝手なことを思ってしまいます。

関連エントリ:
第一回「能舞台バックステージツアー」参加レポート(2006/07/05)

能楽入門〈1〉初めての能・狂言 (Shotor Library)
三浦 裕子 山崎 有一郎 横浜能楽堂
小学館 (1998/12)
売り上げランキング: 113783

風姿―能を見に行こう 金剛流能楽鑑賞入門 (SUIKO BOOKS)
西村 彰朗 金剛能楽堂財団 金剛 永謹
光村推古書院 (2004/01)
売り上げランキング: 505141
おすすめ度の平均: 5.0
5 わかりやすさとお値段で星5つ

|

« 4th anniversary | トップページ | ジョニー・デップの新作について語ろうとする男子学生達の会話 »

新潟」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟市の「りゅーとぴあ能楽堂」でバックステージツアー開催:

« 4th anniversary | トップページ | ジョニー・デップの新作について語ろうとする男子学生達の会話 »