« 携帯でも新潟弁 「今すぐ使える新潟弁」着うたサービス開始 | トップページ | あるブロガーによる訃報記事 »

2007/11/08

朝日新聞コラム「CM天気図」に大泉さんの名前が

朝日新聞の「CM天気図」と言えば、元「広告批評」の編集長・天野祐吉さんの有名コラム。CMを通して見える世相をユーモラスに語ってくれる文章が好きで、毎回楽しみに読んでいますが、東京版で11月6日に掲載された回で大泉さん出演の「キリン FIRE 挽きたて」CMをほめてくださっていました。

題名は「食べる芸」。Webには載っていないので、該当個所を引用します。

 が、食べ物のCMとなると、食べているところを見せないわけにはいかない。が、ここでも、見ていてこっちまでツバが出てくるようないい食べ方に出会うことは、あまり多くない。
 そんな中で近ごろ好感が持てたのは、中国の2人のオジサンが舟の上で串焼きを食べる「黒烏龍茶」(サントリー)と、缶コーヒーを片手に大泉洋がでっかいサンドイッチに食らいつく「ファイア挽きたて」(キリンビバレッジ)くらいだ。
 黒烏龍茶のほうは、おいしそうな肉にツバを飲みこむオジサンたちの顔が、食べるよろこびを感じさせてくれて楽しいし、缶コーヒーのほうは、でっかいサンドイッチに体当たりしていく大泉の食べっぷりが気持ちいい。
 要は「品」であり「芸」である。食べるという行為が、どこか動物的なものであるだけに、その表現に「品」がないと、あるいは「芸」がないと、見せられているこっちの食欲がなくなってしまう。考えてみると、食べるCMくらい、むずかしいものはないのかもしれない。

まず「大泉洋」と注意書きなしに名前が出ているのを見て、「天野さん、大泉さんを知ってたんだ!」とうれしくなり、そして内容を読んで「ベタぼめじゃん!!」と感激。
まさしく体当たりのあの食べっぷりを評価していただけて、ファンとしてはうれしいのなんのって。ありがとうございます。

ところで検索してみたら、天野さん、「天野祐吉のあんころじい」というブログを書かれていました。方言などのことばを中心とした話題について書かれているブログで、方言好きの私にはなかなかそそられるテーマです。

あたらしい教科書〈6〉広告 (あたらしい教科書 (6))
天野 祐吉
プチグラパブリッシング (2006/07)
売り上げランキング: 151264
おすすめ度の平均: 4.0
4 教科書です
4 「あたらしい教科書」シリーズに待望の一冊!

茄子 スーツケースの渡り鳥
VAP,INC(VAP)(D) (2007/10/24)
売り上げランキング: 602

|

« 携帯でも新潟弁 「今すぐ使える新潟弁」着うたサービス開始 | トップページ | あるブロガーによる訃報記事 »

OFFICE CUE」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

コメント

私も読みました!うれしくなりました(^^)
あの食べっぷりは見ててホントに気持ちがいいですよね。(実際は下に洗面器を置いて、吐きながらのハードな撮影だったようですが(^_^;)
ところで、ニューバージョンのCMの話が。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200711/gt2007110814.html

写真がかわいいです。北海道の冬を思わせるCMなのかな? 楽しみです。

投稿: Hiro | 2007/11/08 23:16

>Hiroさん
ニューバージョン情報、ありがとうございます。山手線の中で今サンドイッチ編をやってる(音無で歌は字幕)ので、そのうち新作も見れるかもしれないと期待しています。

投稿: くりおね | 2007/11/12 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞コラム「CM天気図」に大泉さんの名前が:

« 携帯でも新潟弁 「今すぐ使える新潟弁」着うたサービス開始 | トップページ | あるブロガーによる訃報記事 »