« 安田さん 来年4月スタートのNHK朝ドラ「瞳」にレギュラー出演 | トップページ | 10/27 NHK「芸能花舞台」で八世・観世銕之丞さんを特集 »

2007/10/25

秋の実りを楽しむ~いちじくの甘露煮・紅玉のコンポート

秋になるとおいしい果物が出回り始めます。
私が特に好きなのは、いちじくと紅玉りんご。時期はちょうどずれていて、いちじくが終わる頃紅玉が出始めるのですが、どちらも砂糖をたっぷり使ってコンポートにするのがこの季節の楽しみです。

今回たまたまいちじくの終わりの時期と紅玉の出始めが重なったので、同時に作ってみました。

Comportfigこちらがいちじくの甘露煮。
昨年書いたエントリに載せたレシピは下記の通りです。

いちじく 1パック(5~6個)に対し、砂糖大さじ7~8杯、レモン汁少々を電子レンジ対応容器に入れ、10分(500W)加熱。そのあと冷まして一晩置き、翌日また10分加熱(この時砂糖の追加は不要)。

めちゃくちゃ簡単です。今年は赤ワインを少々(大さじ1杯程度)入れてみました。よりこっくりした色が出せたような気がします。

Comportapple_2一方こちらは紅玉のコンポート。なぜいちじくは「甘露煮」で紅玉は「コンポート」なのかは、気分です(笑)。
3年前のエントリに載せた大まかな作り方は、こんな感じ。
リンゴ4個に対して砂糖(我が家は三温糖を使用)大さじ9杯程度入れて、好みでレモン果汁少々または塩を少々。これを電子レンジ対応容器に入れて、10分程度あたためるだけ。

今年はこちらは白ワインを少々(大さじ1杯程度)入れてみました。ほのかに風味がよくなったような気がして、満足です。

どちらもできたてより1~2日さらに置いてからの方が、味がしみてよりおいしく食べられるように感じます。
食べ方はプレーンヨーグルトに乗っけて、シロップも少々かけて、というやり方が一番多いですね。いちじくとヨーグルトを一緒に食べると、なんだかビフィズス菌と食物繊維の併せ技で身体によさそうな錯覚が感じられて楽しいし。

いちじくはもう終わってしまいましたが、紅玉はこれからが本番。生協で1週おきに紅玉を買い、コンポートをコトコト作ったり、生でしゃりしゃり食べたりする日々がしばらくは続きそうです。

関連エントリ:
いちじくの甘露煮(2006/10/14)

I LOVE 紅玉(2004/11/24)

あまいびんの本―季節のジャム、コンポートから、果実酒まで
桑原 奈津子
文化出版局 (2005/12)
売り上げランキング: 126719

|

« 安田さん 来年4月スタートのNHK朝ドラ「瞳」にレギュラー出演 | トップページ | 10/27 NHK「芸能花舞台」で八世・観世銕之丞さんを特集 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/16849056

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の実りを楽しむ~いちじくの甘露煮・紅玉のコンポート:

« 安田さん 来年4月スタートのNHK朝ドラ「瞳」にレギュラー出演 | トップページ | 10/27 NHK「芸能花舞台」で八世・観世銕之丞さんを特集 »