« 第三期短期能楽教室 お稽古一日目 | トップページ | 2007年秋の観劇予定 »

2007/09/18

六花亭さんの「おやつ屋さん」は普段使いのお菓子詰め合わせ

六花亭オンラインショップでお買い物をすると、2カ月に一回くらいの割合でダイレクトメールが届くようになります。その名も「ひろびろ」。
こちらでは季節のお菓子、「日常使いのおやつに」というコンセプトでセットされた「○月のおやつ屋さん」というセット商品や、おもたせにお勧めの商品などを紹介してくれたりするものなのですが、実はネットからもこの「おやつ屋さん」がオーダーできるのです。

たとえば現在発売中の「9月のおやつ屋さん」はこんな内容です。

☆9月のおやつ屋さん(パンコース)


【セット内容】
■十勝酒種あんぱん(小倉) 3個(消費期限2日間)
 粒よりのエリモ小豆でつくったつぶ餡を、酒種の香り豊かなパン生地で包みました。
 
■ポテトパイ 3枚(賞味期限3~4日間)
 ほくほくのさつまいもでつくったスィートポテトをパイで包んでこんがりと焼き上げました。

■百歳 2個(賞味期限7~8日間)
 ボート型のパイとアーモンドの粉末でつくったスポンジの間にブラックカランズジャムをサンド。

■マルセイバターサンド 6個(賞味期限7~8日間)
 レーズン、ホワイトチョコをあわせたバタークリームをビスケットでサンド。

■霜だたみ 4個(賞味期限7~8日間)
 モカチョコレートのクリームを、サクサクに焼き上げたパイでサンド。

■チョコマロン 2個 (賞味期限7~8日間)
 ラム酒をきかせた栗餡をココア入りのビスケットでサンドしました。

■ストロベリーチョコ(ホワイト) 1袋(賞味期限約30日間)
 フリーズドライの甘酸っぱい苺を特製のホワイトチョコレートでコーティング。


注文受付期間は8/31午後19:00~9/26午後19:00まで、お届け期間は9/4~9/30までとのこと。
また、「ご自宅用のおやつとしてご用意しているため、包装・のしは承っておりません」という注意点も。

シフォンコース」は、あんぱんがさつまいものシフォンケーキに替わって、あとは同じ内容のセットです。

そして10月のおやつ屋さんはこんな内容。

☆10月のおやつ屋さん(パンコース)


【セット内容】
■十勝酒種あんぱん(ごま) 3個(消費期限2日間)
 煎って香ばしさをひきだした白ゴマを加えた白餡を、酒種の香り豊かなパン生地で包みました。 

■パンプキンパイ 3個(賞味期限3~4日間)
 大納言小豆を加えてしっとり仕上げたかぼちゃ餡を、パイで包んで焼き上げました。

■どんころ 1箱(賞味期限約90日間)
 香ばしく煎った十勝産黒豆に砂糖がけし、甘さの中にほんのり塩味をきかせた豆菓子です。

■雪やこんこ 6枚(賞味期限約15日間)
 ブラックココア入りのビスケットで、風味豊かなホワイトチョコレートをサンドしました。 

■マルセイバターサンド 4個(賞味期限7~8日間)
 レーズン、ホワイトチョコをあわせたバタークリームをビスケットでサンド。

■ごろすけホーホー、フーフー、ピーピー 各1個(賞味期限3~4日間)
 さつまいも餡入りの「ホーホー」、こし餡入りの「フーフー」、りんごジャム入り「ピーピー」です。

■おふたりで抹茶、モカ 各1個 (賞味期限7~8日間)
 アーモンド粉末とメレンゲを合わせてふんわりと焼き上げたダックワーズ。

■ベビーチョコレート(アーモンドヤッホー) 1袋(賞味期限約90日間)
 ローストしたアーモンドに、ホワイト、モカホワイト、ミルク味のチョコをコーティング。


注文受付期間は8/31午後19:00~10/27午後19:00、お届け期間は10/5~10/31まで。現在もオーダーできますよ。
シフォンコースは9月と同様、あんぱんがシフォンケーキに入れ替わったものです。

冊子の「ひろびろ」には、六花亭さんの企業ポリシーなどを書かれた「六花亭インサイド」や、六花亭の直営店や文化施設を紹介する「六花亭探訪」という読み物もあります。今回の「六花亭インサイド」には「今どき、雑巾がけ?」という題名で、「毎日、お菓子の製造後、バレーボール選手のようなひざ当てをつけ、職場の隅々まで雑巾がけを行います。コツは、力を入れやすいよう両手両膝をつけること。」というお掃除の様子が書かれていました。
非常に感銘を受けたのは、なぜそういったお掃除をしているのかというこの理由。

自らの手で雑巾がけを行うことは、清掃という目的以上の効果を発揮してくれます。まず、普段から汚さないよう意識して仕事をするようになること。そして、面倒だという気持ちを克服する精神力が鍛えられるのです。
食品を扱う私どもにとって、職場の衛生管理を徹底するのは当然のことです。たった一人でも「まあいいや」と妥協すると、安全性は一瞬にして崩れてしまいます。

このところ相次いで報道されている原材料や賞味期限の偽装などとは対極にある姿勢をここに見ることができるような気がします。食べ物を扱う会社の原点ですよね。ますます六花亭さんのファンになりました。

そんな六花亭さんが届けてくれる、日々のおやつとしての「おやつ屋さん」、気になる方はどうぞお試しくださいませ。

お菓子の街をつくった男―帯広・六花亭物語
上条 さなえ 山中 冬児
文溪堂 (1999/04)
売り上げランキング: 194781

|

« 第三期短期能楽教室 お稽古一日目 | トップページ | 2007年秋の観劇予定 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ショッピング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

コメント

きゃあああ、き、気になります!!
先日こちらでご紹介されていた池袋東武の北海道フェアもさっそくカレンダーに書き込んで、行く気まんまんです。情報ありがとうございます!

投稿: あひる | 2007/09/19 03:04

>あひるさん
きっとあひるさんは気に入ってくれると思いました(^^)
よかったらお試しくださいね。
そして明日からの池袋東武でのフェア。また大混雑しそうですが、おいしいものがゲットできますように。ロイズさんもまた出店するそうですよ。

投稿: くりおね | 2007/09/19 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/16469725

この記事へのトラックバック一覧です: 六花亭さんの「おやつ屋さん」は普段使いのお菓子詰め合わせ:

« 第三期短期能楽教室 お稽古一日目 | トップページ | 2007年秋の観劇予定 »