« 六花亭さんの「おやつ屋さん」は普段使いのお菓子詰め合わせ | トップページ | ルパート・ホルムズの「Escape」を地で行く話 »

2007/09/19

2007年秋の観劇予定

芸術の秋、能繁期の秋。9月から12月にかけての観劇予定メモです。

能繁期と言いつつなかなか日程が合わないのが残念ですが、柴田先生が「隅田川」のシテをつとめられる青山能もありますので、何とかお伺いしたいところ。

★9月
「銕仙会青山能」
銕仙会能楽研究所
番組:
仕舞 「俊成忠度キリ」 鵜澤 久
狂言 「船渡聟」 山本 則孝
能 「」 浅見 真州

秋に「砧」を見るのはまさにジャストタイミングといった感じで。「花よりも花の如く」第二巻収録の「風天」で印象的なエピソードとからめて使われている、成田ファンには有名な曲ですね。

★10月
第82回 粟谷能の会 粟谷菊生一周忌追善
国立能楽堂
番組:
能 「三輪」 粟谷明生
狂言 「見物左衛門」 野村萬
能 「石橋」 粟谷能夫

「石橋」は「花よりも花の如く」第三巻収録「秘密」や第五巻収録「記憶再生」で使われている曲です。「石橋」そのものが初めてなのと、小書なしでの上演は珍しいということで、とても楽しみです。

「銕仙会青山能」
銕仙会能楽研究所
番組:
仕舞 「道明寺」 西村 高夫
狂言 「寝音曲」 野村 万蔵
能 「隅田川」 柴田 稔

われらが柴田先生がシテをつとめる「隅田川」。生徒は半強制的にチケット購入を迫られています(笑)。お友達も連れて来るように、とのお達しも。いや先生、これ水曜日なんですけど・・・。

★11月
恐れを知らぬ川上音二郎一座
シアタークリエ
cast
川上音二郎 ・・・ ユースケ・サンタマリア
川上貞 ・・・ 常盤貴子
助川タエ ・・・ 戸田恵子
伊達実 ・・・ 堺雅人
甲本与之助 ・・・ 堺正章

津田山蔵人 ・・・ 浅野和之
飯尾床音 ・・・ 今井朋彦
伊東カメ ・・・ 堀内敬子
大野熊吉 ・・・ 阿南健治
小村寿太郎 ・・・ 小林隆
ホイットモア夫人 ・・・ 瀬戸カトリーヌ
野口精一 ・・・ 新納慎也
綿引哲人 ・・・ 小原雅人
ヘンリー・アーヴィング ・・・ ベーカー・ウィリアム・ヒュー

新劇場・シアタークリエのこけら落とし公演が取れてしまいました。ぴあもイープラスもことごとくダメだった私がどこで取れたかというと、生協です。「カルチャーコープ」というジャンルで、いろんな舞台や映画、美術展などのチケットを取り扱っているのですが、その中に何気なく入っていたのがこの「恐れを知らぬ川上音二郎一座」。ここでも抽選だったのですが、無事ゲットすることができました。おそるべし生協。
この豪華キャスト、久し振りの三谷さん作&演出舞台ということで、今から興奮しきりです。

★12月
第二回三聲会(さんせいかい)
杉並能楽堂
番組:
狂言一調 「おかしき天狗」 山本 則俊
狂言 「武悪」 山本 則孝
能 「井筒」 馬野 正基

「花よりも花の如く」第五巻収録の「三聲会GO!」でおなじみの若手能楽師集団の第二回公演。原画展の時にチケットを販売していたので、そちらで購入しました。
三聲会サポーターズクラブも始動予定とのこと。入会希望の方はこちらへメールにてお問い合わせください。

キル
シアターコクーン
キャスト
妻夫木聡 広末涼子 勝村政信 高田聖子 山田まりや 村岡希美 市川しんぺー 中山祐一朗 小林勝也 高橋惠子 野田秀樹

94年の初演(堤真一テムジンに羽野晶紀シルク)、97年の再演(堤真一テムジンに深津絵里シルク)ともに観ていますが、今回は妻夫木くんのテムジンに広末シルクですか。野田さん若返り図ってるのかしら。

花よりも花の如く (2)
花よりも花の如く (2)
posted with amazlet on 07.09.17
成田 美名子
白泉社 (2004/05/01)

花よりも花の如く 3 (3) (花とゆめCOMICS)
成田 美名子
白泉社 (2005/02/05)

花よりも花の如く 5 (5) (花とゆめCOMICS)
成田 美名子
白泉社 (2007/08/17)

|

« 六花亭さんの「おやつ屋さん」は普段使いのお菓子詰め合わせ | トップページ | ルパート・ホルムズの「Escape」を地で行く話 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/16469892

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年秋の観劇予定:

« 六花亭さんの「おやつ屋さん」は普段使いのお菓子詰め合わせ | トップページ | ルパート・ホルムズの「Escape」を地で行く話 »