« いごねり・のっぺ・十全なす | トップページ | スタレビ、元ちとせ、大江千里など豪華メンバー出演 2007日本海夕日コンサートは8/11開催 »

2007/08/08

STAGE 能「羽衣」「玄象」他(観世能楽堂)

少し前のことになるが、梅雨明け宣言前にも関わらず真夏の陽射しが照りつける中、観世能楽堂で東京観世会定期能を観てきた。

番組は下記の通り。

・能 「羽衣
シテ 天女  今井 泰介
ワキ  漁夫白龍  宝生 欣哉

・狂言「茶壺」
   野村 万作  
   深田 博治
   石田 幸雄

・仕舞
「雨月」 小川 明宏
「浮舟」 坂井 音重
「大江山」 小川 博久
「鍾馗」 岡本 房雄

・能 「玄象」(げんじょう)
前シテ 老翁   
後シテ 村上天皇 髙梨 良一
ツレ 藤原師長老 北浪 昭雄
    翁       坂井 音隆
    龍神      武田 宗典
ワキ  師長従者 殿田 謙吉

附祝言
-----------------
「花よりも花の如く」第一話で憲人が薪能で演じていた「羽衣」。今回初めて見ることができた。天女の純真さ、可憐さに思わず胸キュン(死語?)。
名セリフ「いや疑ひは人間にあり 天に偽りなきものを」も聞けて、満足。

狂言「茶壺」は二度目の観賞。先日人間国宝に認定された野村万作さんの芸はやはりすごい。頭のてっぺんからつま先まですべてにおかしみが詰まっていてしかも品があり、言葉もしぐさも表情もひとつひとつが無駄なく面白い。さすがの一言。

能「玄象」(げんじょう)も初めて観る曲。後半太鼓がめちゃくちゃビートフルになったぞ、と思ったら龍神が登場。素早く藤原師長に琵琶の名器を渡し、あっと言う間に去っていった。琵琶の名手というのは、今で言えば名ギタリストということなのだろうか。きらきら華やかな印象の曲だった。

最後は附祝言で締め。前回喜多流職分会を観たときに「附祝言で終わる舞台はあまり見なかった」と書いたが、今回もあったので、今までたまたま見なかっただけなのだろう。軽はずみなことを書いて申し訳なかった。反省。

参考リンク:
人間国宝、新たに狂言の野村万作さんら7人 文化審答申(asahi.com:2007/07/20)

|

« いごねり・のっぺ・十全なす | トップページ | スタレビ、元ちとせ、大江千里など豪華メンバー出演 2007日本海夕日コンサートは8/11開催 »

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGE 能「羽衣」「玄象」他(観世能楽堂):

« いごねり・のっぺ・十全なす | トップページ | スタレビ、元ちとせ、大江千里など豪華メンバー出演 2007日本海夕日コンサートは8/11開催 »