« 京都・宮脇売扇庵さんの「麻ポケット扇」 | トップページ | STAGE 能「羽衣」「玄象」他(観世能楽堂) »

2007/08/07

いごねり・のっぺ・十全なす

Igoneri_noppe_kinchakunasu今夜の食卓は新潟づくし。
左から時計回りに、のっぺ、十全なすの漬物、そしていごねりです。

表参道に行く用があり、帰りに新潟館ネスパス食楽園に寄り、おかずを物色して帰って来たというわけです。もともと買ってあった十全なすの漬物と、のっぺといごねりを組み合わせておかず完成。弥彦の茶豆もあるんですが、食べきれないのでこちらは明日に。

十全なすはこちらにあるように、昔キリンの「一番絞り」CMでミポリンが「きんちゃくナス~」とおいしそうにかじりついて有名になりました。いわゆる水なすの一種で、やわらかい皮とみずみずしい果肉が、浅漬けにするとたまらなく美味しい一品です。残念なことにもうシーズンは終わってしまったので、食べてみたいと思われた方は来年こちらからご注文を。

のっぺも最近少しは名前が知られてきたような気がしています。要は野菜の煮物なのですが、小さめに切り揃えるのと、さといもの粘りを活かすこと、そしてあったかくしても冷やしても食べられる、というのが特徴ですね。
読売新聞の記事「ふるさと食風土記 のっぺ(新潟県五泉市)」にはこのようにあります。


 その「のっぺ」だが、見た目はサトイモやコンニャクの白、ギンナンの黄色、サケやカマボコ、イクラの赤、サヤエンドウの緑など彩り鮮やかだ。シイタケの香りがほのかに漂い、淡く塩が利いた味つけで、ダシがよく出ている。サトイモやサケのとけるようなやわらかさと、サヤエンドウや、タケノコ、レンコンなどのしゃきしゃきとした歯ごたえ、まったく異なった食感が絶妙だ。

 できたてのアツアツを食べる以外に、冷まして食べる家庭もある。味がしみているので、冷まして食べた方がうまいという人もいる。季節や家庭によってホタテや鳥肉、ナルト、旬のキノコなども入れる。


そしていごねり。新潟県出身者以外にはおそらくほとんど知られていないこの食品、海藻を使ったものです。見た目はこんなであまり食欲をそそるものではありませんが、夏の新潟の食卓には欠かせないと言ってもいい副菜です。

こちらにあるように、いご草という海藻を溶かして固めたもので、酢味噌や酢じょうゆ、辛子じょうゆなどで食べます。ほとんど無味無臭ですが、かすかに感じる磯の風味がナイス。佐渡のものは薄い板状にのばしたものをくるくる巻いてあり、細く切って食べるようですが、私が住んでいた新潟市では「えご」と呼ばれる四角い厚切り状で売られていることが多いです。地元のスーパーでよく見かけるのも「えご」がほとんどですね。いずれにしても材料は同じで味も同じですが。

食べてみたい、と思われる方はぜひこちら↓からご注文を。ローカロリーでミネラルが多く、ヘルシーですよ。

なかなか里帰りができないもので、せめて食卓で故郷を懐かしもうということで。
ああ、新潟で焼きなす思いっきり食べたいなあ~。

関連エントリ:
ナス食う人々(2004/09/03)

ビデオ 今日から踊れる 佐渡おけさ&相川音頭 3点セット
株式会社エムティアール (2006/09/04)
売り上げランキング: 2717

図説 佐渡島歴史散歩
図説 佐渡島歴史散歩
posted with amazlet on 07.08.07
児玉 信雄 本間 寅雄 田中 圭一 佐渡博物館
河出書房新社 (1998/07)
売り上げランキング: 116771

|

« 京都・宮脇売扇庵さんの「麻ポケット扇」 | トップページ | STAGE 能「羽衣」「玄象」他(観世能楽堂) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「新潟」カテゴリの記事

コメント

そういえばこちらでは『いごねり』って聞かないですね。
久しぶりに食べたくなりました。

投稿: | 2007/08/08 01:00

>静さん
そうそう、こちらではさすがにスーパーでは見ないですね。
「ネスパス」にはありますので、表参道に行かれる機会があったらそちらでどうぞ。栃尾のジャンボ揚げもありますよ。

投稿: くりおね | 2007/08/10 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/16041588

この記事へのトラックバック一覧です: いごねり・のっぺ・十全なす:

« 京都・宮脇売扇庵さんの「麻ポケット扇」 | トップページ | STAGE 能「羽衣」「玄象」他(観世能楽堂) »