« PLAY 「The Last Laugh」 PARCO劇場 | トップページ | ニューヨーク薪能記事 asahi.comに »

2007/07/22

STAGE 能「盛久」「楊貴妃」「鉄輪」他(喜多能楽堂)

Kita_munehisa喜多流シテ方の粟谷明生さんのブログエントリ「自主公演の申合」でのこんな言葉

『もう二度と演らないからね、
是非、主馬明生と土屋常好の『盛久』をご覧いただきたい!!
囃子方も地謡もレベルが高くて、絶対お薦め!!!!』

を読んで、急遽チケットを入手。喜多流職分会七月自主公演能にお邪魔してきた。

番組は以下の通り。

---------------
・仕舞 「自然居士」 井上真也 「兼平」 佐藤寛泰

・能 「盛久」(もりひさ)
シテ    盛久  粟谷明生
ワキ    土屋三郎 森常好
ワキツレ  土屋の従者  舘田善博
    輿舁 森常太郎、則久英志
アイ 土屋の従者 前田晃一

笛  一増幸弘
小鼓  曾和正博
大鼓  柿原光博

地謡  粟谷能夫 ほか
      
・狂言 「樋の酒」
シテ 太郎冠者  三宅右近
アド 主人 三宅右矩

・能 「楊貴妃」
シテ    楊貴妃の霊  友枝雄人
ワキ   方士  村瀬提
アイ   従者  三宅右矩
      
笛  一増庸二
小鼓 観世新九郎
大鼓  佃良勝

地謡  友枝昭世 ほか

・仕舞 「籠太鼓」   金子匡一
      
・能 「鉄輪」(かなわ)
前シテ    女  笠井陸
後シテ 鬼女
ワキ   安倍晴明  野口能弘
ワキツレ 男 野口琢弘
アイ   貴船明神の社人  高澤祐介
      
笛  寺井義明
小鼓 森澤勇司
大鼓  亀井実
太鼓 助川治

地謡
 塩津哲生 ほか
-------------

実は喜多流の公演を観るのはこれが初めて。しかも舞台を張り替えてから初めての能楽堂訪問。
見所に入ると、おおっ、新しい檜板が目にまぶしい。

仕舞を見ると、たしかに立てる足が観世流とは逆で右足を立てている。間違わないように気をつけないと。
「自然居士」「兼平」ともに動きの大きな勇ましい舞で、見て気持ちいい。

「盛久」は初めて観る曲だったが、かなりシテのセリフが多い。明生さんが「謡っても、謡っても終わらない。」とエントリで書かれていたのも納得。また、ワキとシテが一緒に謡うのに驚いた。

ワキツレの舘田善博さんはご存じ三聲会のメンバー。盛久を処刑しようとして太刀が割れる、という美味しい(?)役だった。

シテの装束はとても美しく、黒メインのワキの装束と好対照で引き締まった雰囲気になっていた。ワキの森さんから借用して正解だっただろう。

狂言の時間は昼食調達タイムにしてしまったので、今回は拝見できず。三宅家の狂言は初めてだったのに残念。次回は事前に昼食を持参の上で伺わないと。

「楊貴妃」はゆったりと上品で美しく、初めて観る「鉄輪」は恐ろしくも悲しい女の情念が印象的だった。

また、今回初めて最後に「附祝言」を謡うのを聞いた。最近は附祝言を謡う公演は減っているのだろうか。

参考リンク:
狂言も毎日のけいこも「あって当たり前」「自分世代に魅力を伝えたい」(今、いい男。これから、いい男。)
#三宅右矩、近成兄弟の紹介記事です。

景清―粟谷菊生の能舞台
鳥居 明雄 吉越 研
ぺりかん社 (2006/12)
売り上げランキング: 367078

|

« PLAY 「The Last Laugh」 PARCO劇場 | トップページ | ニューヨーク薪能記事 asahi.comに »

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGE 能「盛久」「楊貴妃」「鉄輪」他(喜多能楽堂):

« PLAY 「The Last Laugh」 PARCO劇場 | トップページ | ニューヨーク薪能記事 asahi.comに »