« NHK「広島から生放送!真夏の夜もさだまさし」8/8放映 | トップページ | 池袋東武にて「越後、新発見。 第7回 新潟展」開催中 »

2007/06/13

短期能楽教室 お稽古八日目

5月のお稽古メモが書けないままに六月に突入してしまいましたが、何とか記憶とメモを頼りに書き起こしておきたいと思います。たしかさわやかな五月晴れの土曜日でした。短期能楽教室お稽古八日目のメモです。

お稽古に入る前に、一期生の次からの仕舞についてお話が。たしか「紅葉狩」とおっしゃっていたような気がするのですが、記憶曖昧ですみません。檜書店さんの「仕舞入門」が手許にあるといいですよ、ということで、希望者分先生がまとめて注文してくださることに。私も今後のことを考えてお願いしました。

今回のお稽古は、銕仙会能楽研修所の一回稽古場にて。
変則的に一期生の仕舞からお稽古スタート。一人ずつ吉野天人を通しで舞われます。

それから一期生の方の謡「土蜘蛛」。(だったような、ここも順番の記憶が曖昧で)

そのあと二期生の謡。今回は三人。
最初いつものように「鶴亀」の「月宮殿の~」から。
しかし最初の一節で止め。あまりにひどかった(?)ためか、一期生のみなさんに入っていただいてふたたび「月宮殿の~」。

何が一番違うのかというと、最初の音が私たちは低すぎたようでした。「そろそろ覚えるように。」とのご指摘。うう、痛い。

あとは

・鼻濁音!
・音は上から押さえつけない。高さはそのままでいいので、調子を上に張る。だんだん下がってくるので下げないように。
・息は上に出すのでなく下に出す。お腹に息を当てるように。
・同じような高さでも息は下に、下顎に当てるように。

続いて一番頭の「それ青陽の春になれば~」から通して。かなり疲れます。ゼエゼエ。
一期生の方と一緒に謡うと、声の出方の違いに圧倒されます。半年でこんなに違うものなんでしょうか。それとも私が不出来な劣等生?(涙)

細かいところはいろいろと都度修正されましたが、今回初めてのご指摘はここ。

・「カメ↑エ↓エ↑『エ』ハ」「ツウル↑ウ↓モ↑オ『オ』 チヨヲヤ」
『 』の節の終わりのところはしっかりと出す。(謡を揃えるために、合図として)

そしてそして、謡二曲目に突入。「吉野天人」です。

まずはいつも一期生の方が仕舞でやっていらっしゃるキリの部分を。
「鶴亀」はツヨ吟と言われる声のだし方ですが、「吉野天人」はヨワ吟という種類なのだそうです。理屈はともかく、まずは耳で習うところから。
「鶴亀」と比べて節回しがいろいろと多いようです。記号も多く、「よくわかる謡い方」でおさらいしておかないと忘れそう。

そして仕舞のお稽古。

「構エ(立つ)」と「運ビ(進む)」「サシ込ミ」「ヒラキ」そして「左右打込みヒラキ」を復習。

・宇宙の中心にいる自分を意識する
・前に進むエネルギーを持って
・ひじの張りを忘れない
・肩を上げない
・胸を張って、胸で前方遠くを見るように。
・歩く時は背中を意識。
・手をあげる時肩より高くしない

これも毎回繰り返し指摘されること。何度でもやって覚えないと、とは言え同じことを言われ続けると「うーん、ダメだなあ」と自己嫌悪。

そのあと「鶴亀」の仕舞。
今回はICレコーダに録音した先生の指導の流れを書いてみます。
---------------------
まず最初の構えから扇を開き準備するところ。

後座の1メートルほど前、中心が待ち位置。

扇を真横にして両手で持つ

右足を下げてしゃがむ。お尻は右のかかとの上に。左足を立てる

扇を開く。

構える 左手は左膝の上に軽く乗せるように置く「月宮殿の~白衣の袂~」

返しの「月宮殿の~」
立つ 左足に重心を置いて左足一本で立ち、右足を揃える

「白衣の」ぐらいから6足サシコミ、ヒラキ

「秋は時雨の~」
まっすぐ出るようにしてずっと歩いていく
だんだん右に行く

「冬は冴えゆく~」
柱を通り越したくらいで右足に左足をかけて 柱の方を向いて
右、左と二足前に出ながら両手を前に出す
手を出すのはサシコミ、ヒラキの「いち・に」の「に」の高さ

そのまま右足ねじって 左足もねじって正面向く
左足を引きつけながら手を降ろす

この一連の動作を「角(すみ)取り」という。

「翻す衣も~」
左側に進む
右足をねじって左足もねじって そのまま左足を押していく

左に回って大きく歩いていって 舞台の真ん中に帰っていく
(最初自分が立ったところより少し前に)

帰ってきたら右足ねじって前を向き
二足(または四足)でサシコミ、ヒラキ

「霓裳羽衣(ゲイショウウイ)の曲をなせば」
足(踵)での拍子取り。

「ゲ」イイ「ショ」オオ 「」「ウ」ーイイ「ノ」ォ 「キョ」クヲ
トン ツー トン ツー トントン ツー トン ツー トン
→このあたりから右方向を向く

拍子を取る時、足は真上に上げる。後ろに蹴り上げない。
--------------------------

次のお稽古前におさらいしておかないと、すっかり忘れてまた一からやり直しになってしまいそうです。これでもまだ半分くらいなのに、、、本当に一曲ちゃんと覚えられるんでしょうか。

参考リンク:
短期能楽教室8日目 (5月19日)(迷宮探索:2007/05/28)

#8月24日発売予定の「能楽名演集 DVD-BOX」第二集。銕之丞(雅雪)先生シテ、静夫先生ツレの「恋重荷」も収録です。

能楽名演集  DVD-BOX II
能楽名演集 DVD-BOX II
posted with amazlet on 07.06.13
NHKエンタープライズ (2007/08/24)
売り上げランキング: 27287

|

« NHK「広島から生放送!真夏の夜もさだまさし」8/8放映 | トップページ | 池袋東武にて「越後、新発見。 第7回 新潟展」開催中 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

「能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/15412812

この記事へのトラックバック一覧です: 短期能楽教室 お稽古八日目:

« NHK「広島から生放送!真夏の夜もさだまさし」8/8放映 | トップページ | 池袋東武にて「越後、新発見。 第7回 新潟展」開催中 »