« ファミリーマートに「やきそば弁当」が並んでた | トップページ | 2007年初夏の観劇予定 »

2007/06/08

訃報:銕仙会能楽師シテ方・観世栄夫さん

5月の交通事故以来どうなさっているのか気になっていたのですが、かのこさんのエントリで逝去されたことを知りました。

能楽師の観世栄夫さん死去(asahi.com:2007/06/08)

能や演劇、映画に出演し、新劇の演出も手がけた能楽師の観世栄夫(かんぜ・ひでお)さんが8日午前8時35分、大腸がんのため東京都内の病院で死去した。79歳だった。葬儀、告別式は近親者で行う。喪主は妻恵美子さん。連絡先は銕仙(てっせん)会(電話03・3401・2285)。

5月2日の交通事故で負傷し入院していたが、その後持病が悪化した。


事故後ずっと舞台をお休みされていたと聞いてましたが、実は病気もお持ちだったとは。
世田谷パブリックシアターでの「翁」の時に拝見したのが、最後になってしまいました。今年に入って急に体調が弱っていそうに見えたのも、今から思えばご病気の影響だったのかもしれません。

もう少し、舞台でのお姿を見たかったです。袴能で演じられた「砧」のシテが今も忘れられません。

ご冥福をお祈りします。

※Web版には掲載されていませんが、朝日新聞紙面には野村萬斎さんのコメントがありました。以下引用します。

能楽界にあって、現代舞台芸術との橋渡しをしてきた先駆的な方。私も、現代劇への目を開かされた。細かいことはおっしゃらないが、能楽のテクニックをどう使ったらいいかなど、ご一緒させていただくことで、いろいろ学びました。

関連エントリ:
STAGE 袴能「砧」他 (響の会第26回研究公演)(2005/09/04)

参考リンク:
おくやみ 観世栄夫氏=能楽師、俳優(YOMIURI ONLINE:)

 七世観世銕之丞(てつのじょう)の二男に生まれ、3歳で初舞台を踏む。旺盛な好奇心は観世流だけに飽き足らず、喜多流に移った後、1958年には能楽協会を脱退するなど、型破りな行動をとった。兄の観世寿夫(ひさお)らと「華の会」を結成し、意欲的な演能も試みた。

 その一方で、劇作家の福田善之さんらと青年芸術劇場を、演出家の佐藤信(まこと)さんらと自由劇場を結成し、演劇や創作オペラ、舞踊などの演出に力を入れた。

 また、俳優としても、舞台「子午線の祀(まつ)り」、映画「砂の女」「鉄輪(かなわ)」「午後の遺言状」などで、存在感のある独特の演技を見せ、異彩を放った。

 79年に観世流に復帰。「生贄(いけにえ)」「実方(さねかた)」などの復曲や新作にも意欲をみせた。98年に能「檜垣(ひがき)」で芸術選奨文部大臣賞、2001年に勲四等瑞宝章。

6/9追記:
柴田稔先生もブログで追悼文を書かれています。亡くなる前日にお見舞いに行かれており、関係者としては最後の対面になったとのこと。これもお二人の絆でしょうか。

観世栄夫師追悼(柴田稔Blog:2007/06/09)

この日は銕仙会の定期公演の日でもあり、開演の冒頭に銕仙会のメンバー全員が舞台に上がり、「江口」・キリ(思えば仮の宿~)の部分をお手向けとして捧げました。

幽―観世栄夫の世界
幽―観世栄夫の世界
posted with amazlet on 07.06.08
観世 栄夫 林 義勝
小沢書店 (1997/11)

|

« ファミリーマートに「やきそば弁当」が並んでた | トップページ | 2007年初夏の観劇予定 »

ニュース」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:銕仙会能楽師シテ方・観世栄夫さん:

« ファミリーマートに「やきそば弁当」が並んでた | トップページ | 2007年初夏の観劇予定 »