« MOVIE 「クィーン」 | トップページ | 竹善さんソロアルバム新作「INDIGO」 6/20発売 »

2007/05/10

東京で食べるほんまもんのさぬきうどん・新宿「東京麺通団」

行こう行こうと思ってなかなか行く機会のなかったお店に、やっと行くことができました。
新宿の「東京麺通団」です。

さぬきうどん激LOVE!!!の私としてはどうしても行っておきたいと思いつつ、そのロケーションの中途半端さに二の足を踏んでいた「東京麺通団」、ようやく巡礼することができて信者としても一安心。

Tokyo_menntsu_gesoten公式サイトの「店内での動き方」に従い、オーダー。
うどんはあつかけの小。トッピングはもちろん、「恐るべきさぬきうどん」で読んで以来ずっとあこがれていた「ゲソ天」と「半熟卵天」。読むたびにめちゃくちゃおいしそうで、一体どんなんだろうと想像を膨らませていたこの二品を、ようやく食べることができるなんて。うれしすぎ。他にもかしわめしのおにぎりやちくわ天など誘惑は数多いけれど、欲張らずまずはこの辺で。

しかし何ですかこのゲソ天。私の知ってるゲソはもっと小さくてちまちましたイカの足が全部揃ってぼそっと揚がっているものなのに、これ一本でこんなに大きくて太いなんて。ゲソ天観が変わりました。麺通団公式サイトには「あまりの人気に、香川ではイカの胴が余っているのではないかとウワサされる定番天ぷら」との解説。さもありなん、と納得の一品。(納得すな!)

そして半熟卵天。いやああああ本当にとろっと半熟で、うまいったら。よくこれを天ぷらにしようなんて思いついたなあ。最初に作ったと言われている竹清さんえらい。(そう言えば「UDON」では、大泉さんここにアスパラ持ち込んでなかったっけ・・・?)

自分でかけるダシも「舌に焼きつくいりこダシ」のキャッチフレーズに偽りなし。街に点在する讃岐うどん店との大きな違いはこのダシなんですよね。東京の人達の舌に合わせていりこを使っていないところがほとんどですが、さぬきうどんはやっぱりいりこでなくちゃ。

次はぜひ「かまたま」を食べなくちゃね。ちくわ天乗せて。うふふふふ。

#今やさぬきうどんのバイブル。2冊セットでどうぞ。

恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻
麺通団
新潮社 (2003/04)
売り上げランキング: 15913



恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻
麺通団
新潮社 (2003/04)
売り上げランキング: 16111

|

« MOVIE 「クィーン」 | トップページ | 竹善さんソロアルバム新作「INDIGO」 6/20発売 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そこは味はまだまだです。
根津の根の津といううどんやさんに行ってみてください。全くもって世界が違いますよ。麺通団のおれきれきも来てその味に唸っていますしね。

投稿: たくろう | 2007/05/11 02:32

>たくろうさん
コメントをありがとうございます。
「全くもって世界が違う」うどんやさん情報、感謝です。「根の津」で検索してみたら激賞の声が数多くありました。麺通団メンバーも唸るというその味、ぜひとも体験してみたいです。

投稿: くりおね | 2007/05/12 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/14978166

この記事へのトラックバック一覧です: 東京で食べるほんまもんのさぬきうどん・新宿「東京麺通団」:

« MOVIE 「クィーン」 | トップページ | 竹善さんソロアルバム新作「INDIGO」 6/20発売 »