« TEAM NACS総出演のドコモ北海道CM映像 | トップページ | MOVIE 「バベル」 »

2007/05/04

短期能楽教室 お稽古六日目

初夏の爽やかな晴天の中、大型連休中の休日午前、表参道に向かいました。短期能楽教室お稽古六日目のメモです。

今回のお稽古も、銕仙会能楽研修所の一階稽古場にて。連休入りばなのためか、一期生3名、二期生1名という少人数の編成。と言うか、二期生私一人ですか。このままでは個人レッスン状態、ピーンチ!

もともとは二期生はもう一名この日の予定だったようなので、まずは一期生の謡から。「橋弁慶」を最後まで。

そのあと二期生。結局私一人で、マンツーマンです。ああ緊張。
まずいつものように「鶴亀」の「月宮殿の~」から。一人でやると、いかにできてないかがくっきりはっきりわかります。声の出方も落ち着かないし、いやどうにもこうにも。とほほほ。

何度もやり直しつつ、先生からのご指導としてはこんな内容。

・ここは大ノリで、太鼓の音に合わせるもの。ひとつのリズムが二文字分。「げーっーきーうーでーんーのー」と音をのばすのでなく、ひとつひとつの母音をお腹の中で謡うように。最初は難しいと思うが、そういうつもりで。

・「ゲッキ『ウ』デン」ときちんと謡う。「げっきゅうでん」ではなく。

・中の「がぎぐげご」はきちんと鼻濁音で。

次に一番頭の「それ青陽の春になれば~」から「天に響きて 夥し」まで。

・「天に響きて~」はのばしすぎない

そのあと「庭の砂は金銀の」から「君の恵みぞありがたき」まで。

・「シャコオ↑オノ」力を入れて。

・「イケノミギワノ ツゥ↑ルカア↑メェハ」

・「君の恵みぞありがたき」鼻濁音注意。

続いてセリフの部分。「いかに奏聞申すべきことの候」から「ともかくも~計らひ候へ」まで。

・変なアクセントはつけず、だんだん上げていく。

・ヒラキの前は言葉をのばさない。

・「~ソウロ」最後の言葉を捨てない。

このあと一番の難所(?)「亀は万年の齢を経 鶴も千代をや 重ぬらん」。ひとつひとつ区切ってかなり丁寧に教えていただきました。

・カーメエエ↑エ↓ハ(引かない) マンネンノ ヨワイヲヘ~

・ツール↑ウ↓モオ↑オ↓ チヨヲヤ~

・カサヌウ↓ウ↑ウ↓ーラン~ (息継ぎ)ンー↑ー↓ー

この「重ぬらん」の節回しはこのあと何度も出てくるもののようなので、ここできちんと覚えてほしいとのこと。なかなか難しく、本当に何度も何度も繰り返しましたが果たしてちゃんとわかっているのかは甚だ不安。
二期生の謡はここまで。

ここで遅れていらした一期生の方の謡お稽古が入り、そのまま一期生の方の仕舞へ。
そのあと二期生の仕舞のお稽古に。一期生で今回から仕舞を始められる方とご一緒に。

「構エ(立つ)」と「運ビ(進む)」「サシ込ミ」「ヒラキ」そして「左右打込みヒラキ」を復習。

・宇宙の中心にいる自分を意識する
・ひじの張りを忘れない
・肩を上げない
・胸を張って、胸で前方遠くを見るように。
・歩く時は背中を意識。
・手をあげる時肩より高くしない
・腕はひじから上下する。構エがきちんとできていればそのままひじから上下すればいい
・扇の先は体の中心、口元あたり

どれも毎回指導されるところ。そう簡単には身につかないものです。

そして今回は、とうとう「鶴亀」の仕舞に入りました。

最初の構え:後座の1メートルほど前、中心が待ち位置。右足を下げ左足を立てる

扇を閉じたまま真横に持つ

扇を開く(扇の前方は下がるように、また両端は体の中心に)

構エの状態でひじは張って、左手左ひざの上、右手右ひざの上

「月宮殿の白衣の袂」(謡う)

「月宮殿の白衣の袂の」(その場で立つ)

「色々妙なる」(46足サシコミ)

「花の袖」(ヒラキ)

「秋は時雨の紅葉の葉袖」(右足から角柱方向へ斜めに進む)

「冬は冴えゆく」(右へ小さく回る)

「雪の袂を」(右足ねじって正面向き 左足引く)

ここまで。実際は動きを中心にまずは習いました。こちらのおさらいは初回に先生からいただいた仕舞の教本の写しを見ながら書いています。

次回で謡の「鶴亀」は終わると言われ、うーんこんな状態で本当に次に行けるのだろうかと不安満載です。

#謡はこれでもう一度復習します・・・

よくわかる謡い方 (1)
よくわかる謡い方 (1)
posted with amazlet on 07.05.04
藤波 重満
桧書店 (2004/06)
売り上げランキング: 239337

|

« TEAM NACS総出演のドコモ北海道CM映像 | トップページ | MOVIE 「バベル」 »

趣味」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短期能楽教室 お稽古六日目:

« TEAM NACS総出演のドコモ北海道CM映像 | トップページ | MOVIE 「バベル」 »