« TEAM NACSの新作舞台「HONOR」プレオーダーでチケット確保 | トップページ | ONEDARI BOYSさんお年玉企画で「iTower」当選しました »

2007/01/11

竹宮恵子さんの名作「地球へ…」4月放映でTVアニメ化

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・その昔夢中になって読んだSFマンガの名作、竹宮恵子さんの「地球(テラ)へ・・・」が、TVアニメ化されるというニュースが入りました。
「地球(テラ)へ・・・」と言えばこのソルジャーブルーのイラスト。美しいですね。

地球へ…:竹宮恵子の名作SFがテレビアニメ化 4月からMBS・TBS系で(まんたんWeb:2007/01/10)

 竹宮恵子さん原作のSFマンガの名作「地球(テラ)へ…」のテレビアニメ化が決定、4月からMBS・TBS系で放送されることが分かった。プロデュースは、「鋼の錬金術師」などのアニプレックス、「蟲師」「すもももももも」に参加しているプロダクション「南町奉行所」を中心に複数のスタジオが共同制作で、放送時間帯は未定。
本当になつかしいです。何回読み返したことか。 4部構成で、第一部が主人公ジョミー・マーキス・シンのミュウ(いわゆる超能力者)としての目覚め、第二部が対抗役のキース・アニアンの登場、第三部がジョミーとキース(ミュウと人間)の邂逅、そして第四部がミュウと人間の全面戦争、といった内容でした。

何よりキャラクター造形とストーリーに深みがあり、ジョミーも単純なヒーローではなく、またキースも単純な悪役ではないんですね。彼らを取り巻く脇役たちも個性豊かだし、環境が汚染された地球を救うため人間たちがいったん地球を離れる、子どもと大人を切り離して育成する等々の設定は、今となっては絵空事とは思えないかなり秀逸な未来予測になっていると思います。

1980年に映画化されていますが、どうも原作とかなり違うらしいと聞いて、結局観に行きませんでした。
たしか薬師丸ひろ子がアフレコしていたはず、という記憶があり、どの役をやったのかなあ、と思って声優キャストをWikipediaで調べてみたら。

* ジョミー・マーキス・シン : 井上純一
* キース・アニアン : 沖雅也
* ソルジャー・ブルー : 志垣太郎
* フィシス : 秋吉久美子
* トォニイ : 古谷徹
* トォニイ(子供時代):川島千代子
* ジョナ・マツカ : 薬師丸ひろ子
* セキ・レイ・シロエ : 神谷明
* グランドマザー : 岸田今日子
* テラズ・ナンバー5:増山江威子
* マザーイライザ:池田昌子
* ハーレイ:野田圭一
* カリナ(トォニィの母):小山茉美

キース・アニアンが沖雅也!シロエが神谷明!!グランドマザーが岸田今日子!!!いやもうすごいのなんのって。
今ではいろんな意味でありえない超豪華キャスティングです。

原作ではトォニイはジョミーの子どもではないのに、映画版は確かジョミーとカリナを勝手に恋仲にしてトォニイを産ませたりして、それはちょっと、、、と観に行かなかった記憶があります。
今回はぜひ原作に忠実に、大人の楽しめるSFとして作ってほしいと切に願います。続報を待つ!

地球へ… 1 (1)
地球へ… 1 (1)
posted with amazlet on 07.04.10
竹宮 惠子
スクウェア・エニックス (2007/04/06)
売り上げランキング: 117

地球へ… 2 (2)
地球へ… 2 (2)
posted with amazlet on 07.04.10
竹宮 惠子
スクウェア・エニックス (2007/04/06)
売り上げランキング: 105

地球へ… 3 (3)
地球へ… 3 (3)
posted with amazlet on 07.04.10
竹宮 惠子
スクウェア・エニックス (2007/04/06)
売り上げランキング: 113

|

« TEAM NACSの新作舞台「HONOR」プレオーダーでチケット確保 | トップページ | ONEDARI BOYSさんお年玉企画で「iTower」当選しました »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

くりおねさん、こんにちは!

ご無沙汰しています。
あ、遅ればせながら・・・・

明けましておめでとうございます。

さてさて、地球へ・・・懐かしいですね~~!
私はどうしてこの作品がテレビアニメにならないのかと不思議に思っていました。

TBSっていうのがアレですが、楽しみにしておきます。

系統は異なりますが「Fly me to the moon」も大好きでした(^^ゞ

投稿: 小龍景光 | 2007/01/12 13:08

こんにちは。
今日は仙台に来ています。
「地球へ・・・」私も大好きでした。
原作ではセキ・レイ・シロエの、キースに対する挑戦的な態度が印象的で、憧れて、シロエみたいに生きたいなあと思った記憶があります。
映画も観ましたけど、原作とかなりかけ離れていて、がっかりした覚えがあります。漫画研究会の仲間たちの間でも酷評されていました。
TVアニメのほうは出来るだけ原作のよさを生かして、面白いものに仕上げて欲しいと思います。

投稿: Hiro | 2007/01/13 20:42

>小龍景光さん
こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
小龍さんも「地球へ・・・」お好きでしたか。たしかに今までTVでアニメ化されないのは不思議でしたよね。どんな風になるか、楽しみです。

「Fly me to the moon」、私も好きでした。

>Hiroさん
シロエは印象的なキャラクターですよね。キースが最後に彼を追撃するシーン、忘れられません。
今回こそは原作を活かして、きちんと作ってほしいと私も切に願います。
仙台はおいしいものがたくさんありますよね。個人的には榮太楼さんの『極上・なまどら焼』が一番好きです。
http://www.namadora.com/html/top.html

投稿: くりおね | 2007/01/15 00:38

くりおねさん、こんにちは!

映画も見に行きましたけれど、私もジョミーとカリナの関係はいかがなものかと思いました。
ラスト近く、ミュウと人間の戦いの場として、今は格下げとなった冥王星がでてきましたっけ。すごく懐かしいですね。

投稿: 日月 | 2007/01/19 00:14

>日月さん
おお、映画に行かれたんですね。やっぱりあのジョミーとカリナの関係は不自然ですよねぇ。

それにしても「地球へ・・・」は反応が多くて驚いています。こんなに好きな方々が多かったなんて。仲間がたくさんいてうれしいです。
これだけ数多くのファンが未だにいるんだから、アニメ化はぜひきっちりやっていただきたいなあと強く思います。頼みますよ、TBSさん。

投稿: くりおね | 2007/01/20 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/13445627

この記事へのトラックバック一覧です: 竹宮恵子さんの名作「地球へ…」4月放映でTVアニメ化:

« TEAM NACSの新作舞台「HONOR」プレオーダーでチケット確保 | トップページ | ONEDARI BOYSさんお年玉企画で「iTower」当選しました »